スポンサーリンク

T.Ishii's Software Library

HTML5 レトロ風ゲーム館

無料ブログはココログ

« Mac版ムービーカッター Ver1.4.0を公開 | トップページ | Webカメラアクセスは成功? »

次はTiExtender

今日は、予定通り、Mac版AG-ムービーカッター Ver1.4.0をリリースした。なので、次に移るのだが、既に書いている様に、ターゲットは同じMac用のTiExtenderになる。現在のバージョンは1.2.2なので、次バージョンは1.2.3になる筈だ。

TiExtenderというのは、そもそもは、macOSのデフォルト環境だと至って自由度が少ない画面解像度の変更を、可能な限り、自由にできる様にする為に開発したソフト、という事になる。
 
具体的には、Mac mini Late2014のユーザーで、それに普通のフルHDモニターを接続していた作者は、当時、HiDPI表示を行わせる事が出来なかったのだが、TiExtenderを開発した事により、モニターの解像度以上の解像度を選択する事も可能となり、かつ、その環境で、HiDPI表示を行わせる事も可能になった。
 
もっとも、実際の所、Macの解像度変更を行えるソフトは他にも存在しているので、TiExtenderとしては、それらとの差別化を行う為に、初版から、拡大鏡とエフェクトなんかの機能も同時に提供していた。
 
つまり、画面解像度を高くすると、画面に多くのウインドウを並べられるので便利になる反面、各ウインドウの表示は小さくなるので、モノによっては見づらくなるので、拡大鏡は必要だろう、という事になったし、マウスカーソルも、小さくなるので、その存在を把握できる様に、エフェクト表示も必要、という事で、これらについては、初版から実装していた訳だ。
 
もっとも、ソフトの名前をTiExtenderという、一見、画面解像度の設定ツールとは判らない名称にしたのは、初版当時から、TiExtenderには、画面解像度設定以外の機能も追加していくつもりだったからだ。
 
と、いう事で、その後、初版から1年後くらいにリリースしたVer1.1.0では、スクリーンキーボードとキーボードマクロ機能を追加し、それから更に1年後くらいのVer1.2.0では、画面収録とサウンド入力モニター機能を追加した訳だ。
 
で、その後、比較的短期間でリリースした、Ver1.2.1,Ver1.2.2については、画面収録機能関連の改良とAGMPlayer/AG-ムービーカッター等の追加を行った改良版、という事になる。
 
そして、今回の開発では、現行版は、macOS Mojaveで追加されたダークモードに対応していないので、それに対応する様にし、ついでに、Webカメラ映像の録画も行える様にしておこうか、とも思っている訳だ。
 
macOSの場合、Webカメラ映像の録画はOSに最初からインストールされているQuickTime Playerで行えるので、ワザワザ、TiExtenderにWebカメラの録画機能を実装する必要があるかどうかは微妙な所ではある。
 
しかし、前述の様に、TiExtenderには、やはり、QuickTime Playerにある画面収録機能を実装してあるのだが、これは、QuickTime Playerによる画面収録は必ず最高画質/最高フレームレートで行われるので、録画負荷は高くなるし、実質的に、より解像度/フレームレートが低い形式への再エンコードも必須になるからだ。
 
つまり、QuickTime Playerでの画面収録は不便なので、作者的には、TiExtenderに、より自由度が高い画面収録機能を実装した訳なのだが、Webカメラの録画機能についても、同程度の利便性の追加を行おうとすると、開発はそれなりに大変になるかもしれない。
 
と、いう事で、今回の開発では、あまり時間をかけるつもりはないので、今日の時点では、まだ、どこまでやるかは決めていないのだが、とりあえず、次の開発アイテムはTiExtenderという事になる。 

« Mac版ムービーカッター Ver1.4.0を公開 | トップページ | Webカメラアクセスは成功? »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 次はTiExtender:

« Mac版ムービーカッター Ver1.4.0を公開 | トップページ | Webカメラアクセスは成功? »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

広告

プライバシーポリシー

  • 当サイトでは、第三者配信による広告(Google Adsense)サービスを利用しています。

    Google を含む第三者配信事業者は、Cookie を使用して、ユーザーのウェブサイトでの閲覧履歴に基づく広告を配信します。 Google 広告 Cookie を使用することにより、Google や Google のパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づく広告をユーザーに表示できます。

    収集された情報がGoogleによってどの様に使用されるか、収集される情報をユーザーが管理する方法については、以下のリンクを参照下さい。

    ポリシーと規約 - Google