スポンサーリンク

T.Ishii's Software Library

HTML5 レトロ風ゲーム館

無料ブログはココログ

« 単体操作は出来た | トップページ | 何とかなりそうだ »

ログインはOkだが・・・

今は、Ubuntu版Mirror-DTCの開発フェーズで、今回の開発ではUbuntu版についてもWindows版のVer1.4.0相当にする事になる。ただ、18.04LTSでは16.04LTSと同じ方式ではログイン操作を可能とは出来ないので、何とかしようとしているのだが・・・

今日の時点で、Mirror-DTCクライアントから起動直後のUbuntu18.04LTSのMirror-DTCサーバーに接続すると、ログイン画面が操作可能になっていて、クライアントからログイン操作を行うと、そのまま、ログインは成功してデスクトップ操作が可能になっている。
 
と、言うことで、今日の時点で、Mirror-DTC的には、ネットを検索すると出てくるVNCサーバーをUbuntu 18.04LTSで利用する場合の様な、ログイン操作後にクライアント側で接続を一旦切って別のVNCサーバーのポートに接続し直す様な操作は不要になっている。
 
なので、VNCサーバーよりは便利に使える様になっているのだが、ログアウト時には、稼働中のMirror-DTC的には、突然、プロセスを終了させられるので、クライアントに対して再接続要求を出すトリガーが無い状況だ。
 
その結果として、サーバーに接続していたクライアントは、ログアウト操作後、接続がタイムアウトして自動的に接続を終了する格好になるのだが、サーバー側では、ログイン画面用のサーバーが新たに立ち上がっているので、クライアント的には、再度、サーバーに接続すれば、問題なく、また、ログイン操作が可能だ。
 
と、言うことで、まだ微妙なので、もう少し調査を継続するのだが、問題となっているのは、gnome-session-quitなんかでログアウトする時、ログアウト処理が終わった後に、GDMのログアウト用のスクリプトが呼ばれる感じになっている事だ。
 
つまり、GDMのログアウト用のスクリプトを使えば、ログアウト後の処理は記述出来るので、ログイン中は停止させていたログイン画面用のサーバーを起動させる事は出来ているのだが、その時点では、ログイン中に使用していたサーバーは、既に、強制終了させられているのが問題な訳だ。
 
その結果として、サーバーはクライアントに対して正常な切断処理が行えないので、クライアント的には、タイムアウトで接続を終了する格好になっている。
 
まあ、クライアント側を変更すれば、そういう場合にも、再接続を可能には出来るのだが、クライアントを変更するとなると、Ubuntu版だけの話ではなくなって、Windows/macOS/Android版についても、同様の変更を入れなければならなくなる訳だ。
 
更に言えば、Ubuntu版のサーバーでは、Windows/macOS版に存在しているサスペンドイベント処理も実現出来ていないので、サスペンド時には、クライアントはタイムアウトが発生するまで、終了されない訳だ。
 
まあ、サスペンド処理の場合、タイムアウト時間は、高々、数秒程度だし、操作は自分で行うので、そのついでにクライアントも自分で終了させてしまえば良いと言えば良いのだが、Windows/macOS版サーバーの場合、サスペンド処理を実行した直後に、サーバーはそのイベント処理としてクライアントとの接続を遅滞なく切断するので、クライアント的には、気分良く、接続を終了できる訳だ。
 
と、言うことで、既に、実用上は大して問題ない所まできているのだが、上記のような話があるので、何とかならないものか、もう一日、調査してみる。

« 単体操作は出来た | トップページ | 何とかなりそうだ »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ログインはOkだが・・・:

« 単体操作は出来た | トップページ | 何とかなりそうだ »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

広告

プライバシーポリシー

  • 当サイトでは、第三者配信による広告(Google Adsense)サービスを利用しています。

    Google を含む第三者配信事業者は、Cookie を使用して、ユーザーのウェブサイトでの閲覧履歴に基づく広告を配信します。 Google 広告 Cookie を使用することにより、Google や Google のパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づく広告をユーザーに表示できます。

    収集された情報がGoogleによってどの様に使用されるか、収集される情報をユーザーが管理する方法については、以下のリンクを参照下さい。

    ポリシーと規約 - Google