スポンサーリンク

T.Ishii's Software Library

HTML5 レトロ風ゲーム館

無料ブログはココログ

« PayPayで不正利用多発? | トップページ | 単体操作は出来た »

ログイン画面をどうするか

今は、Ubuntu版Mirror-DTCの開発フェーズで、今回、どの様な変更をしようか、と、吟味中なのだが、当然、Windows版Ver1.4.0相当にする事は目指している。ただし、18.04LTSでは従来は可能だったログイン画面転送が出来ないので・・・

一昨日書いた様に、Ubuntu 18.04LTSでは、VNCサーバーでも、ディスプレイマネージャーをLightDMに戻したりしないと、Ubuntu 16.04LTSと同等の処理は出来なくなっているのだが、ログイン画面だけなら、Waylandの利用を禁止すれば、操作できるらしい。
 
なので、Mirror-DTCサーバーでも同様な事は行えるのか、と、試してみているのだが、とりあえず、何も考えずに、systemdのserviceとしてMirror-DTCサーバーを起動すると、クラッシュしてしまう。
 
で、デバックしてみると、クラッシュしている原因が見えてきているのだが、とりあえず、systemdのserviceとして起動すると、そのプロセス空間で環境変数の設定が行われていないので、XOpenDisplay関数でDisplayを開くのに失敗しているのが判った訳だ。
 
なので、serviceを構築するために作成しているファイルで環境変数を設定してみたのだが、DISPLAY以外にXAUTHORITYの設定も必要だった。
 
更に、カレントディレクトリの設定も行われていないので、CWDについても設定すると、デスクトップ上で起動する分には、ウインドウを表示させても普通に起動して、Mirror-DTCサーバーとしても機能した。
 
しかし、再起動してログイン画面で動作するかどうかを試してみると、動作しない状況だ。
 
もっとも、そうなっている理由は、多分、その状況でのXAUTHORITYが正しく設定されていないからで、この辺を何とかできれば、動作しない事もない様な雰囲気になってきている。
 
ただし、VNCサーバーでも、ログイン画面用のプロセスで起動されたサーバーはログイン後には真っ黒な画面しか転送できない様なので、Mirror-DTC的にも、もしログイン画面の転送が行える様になっても、それだけでは、Ubuntu16.04LTSで行えているログイン画面から通常画面に至る処理と同等の処理が行えた事にはならない。
 
しかし、Mirror-DTCの場合、Windows版でも、ログイン画面を操作しているプロセスとログイン後の画面を操作しているプロセスは異なる。
 
つまり、サービスでは、より上位層のプログラムを動作させる様にしていて、ログイン時とログイン後でサーバープロセスを切り替えられる様にしているのだが、Ubuntu版でも、同様にすれば、クライアント側から見れば、普通に、ログイン画面からデスクトップに移れる様にもできる筈な訳だ。
 
と、言う事で、Mirror-DTCの場合、問題になるのは、ある意味、ログイン画面の操作を可能にできるかどうかだけなので、色々と試してみているのだが、まだ、何とも言えない状況なので、もう一日だけ、調査を継続する事にする。

« PayPayで不正利用多発? | トップページ | 単体操作は出来た »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ログイン画面をどうするか:

« PayPayで不正利用多発? | トップページ | 単体操作は出来た »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

広告

プライバシーポリシー

  • 当サイトでは、第三者配信による広告(Google Adsense)サービスを利用しています。

    Google を含む第三者配信事業者は、Cookie を使用して、ユーザーのウェブサイトでの閲覧履歴に基づく広告を配信します。 Google 広告 Cookie を使用することにより、Google や Google のパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づく広告をユーザーに表示できます。

    収集された情報がGoogleによってどの様に使用されるか、収集される情報をユーザーが管理する方法については、以下のリンクを参照下さい。

    ポリシーと規約 - Google