スポンサーリンク

T.Ishii's Software Library

HTML5 レトロ風ゲーム館

無料ブログはココログ

« 後は録画機能 | トップページ | YouTubeのコメント欄が酷い »

録画機能も一応は実装完了

今は、Ubuntu版Mirror-DTCの開発フェーズで、今日は、残っていた録画機能の実装を一応は終わらせた。Ubuntu版の出力形式はAGM形式なので、追加で、AGM-DTC / DCT+、PCM / AG-ADPCMの選択は可能にしようかと思っているのだが。

Ubuntu版についても、今日の時点で録画機能を追加出来たので、Ubuntu版クライアントから接続した場合にも、そのサーバーの操作状況は録画可能になった。
 
これで、Ubuntu版Mirror-DTC Ver1.4.0についても、基本的な変更は終わったのだが、冒頭に書いた様に、Windows / macOS版とは異なり、Ubuntu版の録画形式はAGM形式にしたので、そのモード設定は可能にしておこうかと思っている。
 
AGM形式には、昨日書いた様に、そのエンコードモードとして、RGB/YV12/DCT/DCT+が存在するのだが、更に、それらの全てには、高圧縮オプションというモノが存在している。
 
で、RGB/YV12形式というのは、その方式上、JPEG/MPEG圧縮の様なモスキートノイズが発生しないので、高画質にはなるのだが、圧縮率は低くなる。
 
なので、AmuseGraphicsファミリーソフトの中でも、カジュアルユースを想定しているAGMPlayerの変換形式としては、AGM形式は選べるものの、RGB/YV12モードは指定できない格好にしてある。
 
これは何故なのか、というと、前述の様に、圧縮率が低いので、通常の動画映像なんかをこの形式にエンコードすると、数分程度の動画でも、出力ファイルのサイズが数GBになってしまうので、カジュアルユーザーからしてみれば、AGM-DCTでも、普通の動画を視聴する分には、十分な画質が得られる事を鑑みれば、迷惑な形式になるかもしれないからだ。
 
と、言う事なので、Ubuntu版Mirror-DTCについても、AGMPlayerと同様に、使えるのはAGM-DCT/DCT+のみにしようかなあ、と、思っている。
 
二つをサポートするのは、画質的には、AGM-DCTが良いのだが、AGM-DCTの圧縮率は、余程、品質を落とさない限り、MP4ファイルと比べると悪くなるので、同等の出力サイズで何とかしたい場合には、AGM-DCT+を使う必要があるからだ。
 
AGM-DCT+の画質は、よくよく見ると、結構、酷い場合もあるのだが、適当に見ている分には、気にならない場合が多い様にエンコードしている。
 
具体的には、AGM-DTCというのは、Motion-JPEGと同様に、各フレームをJPEG相当の圧縮技術で圧縮し、フレーム間の差分を誤差なく取って、圧縮してあるので、各フレームの画質はJPEG画像相当になるのに対し、AGM-DCT+では、フレーム間の差分には誤差が含まれるので、キーフレーム以外では、ノイズが結構発生したりするのだが、その分、圧縮率は上げられる訳だ。
 
更に、上記だけでは、画面変化が大きかった場合、画質の悪さが目立つ場合も多いので、画面変化の度合いをチェックし、変化が大きかった場合には、変化後のフレームをキーフレームにする事で、画質の劣化を防ぐと同時に、下手に差分圧縮する場合よりも圧縮率を上げている。
 
と、言う事で、Mirror-DTC的には、用途によっては、一長一短なので、どちらを使うかの選択は可能にしておこうかと思っているのだが、今のところ、設定ダイアログはWindows / macOS版と同等な感じになっているので、選択ができない。
 
なので、その辺の選択も可能にしようかと思っているのだが、昨日書いた様に、リリースは来年に持ち越すので、慌てて、今日、実装する事はしなかった訳だ。

« 後は録画機能 | トップページ | YouTubeのコメント欄が酷い »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 録画機能も一応は実装完了:

« 後は録画機能 | トップページ | YouTubeのコメント欄が酷い »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

広告

プライバシーポリシー

  • 当サイトでは、第三者配信による広告(Google Adsense)サービスを利用しています。

    Google を含む第三者配信事業者は、Cookie を使用して、ユーザーのウェブサイトでの閲覧履歴に基づく広告を配信します。 Google 広告 Cookie を使用することにより、Google や Google のパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づく広告をユーザーに表示できます。

    収集された情報がGoogleによってどの様に使用されるか、収集される情報をユーザーが管理する方法については、以下のリンクを参照下さい。

    ポリシーと規約 - Google