スポンサード リンク

T.Ishii's Software Library

HTML5 レトロ風ゲーム館

無料ブログはココログ

« QuickTime Playerもフリーズ | トップページ | 18.04LTSをメインに »

Ubuntu環境を整備

今日は、ここの所開発してきたTiExtender Ver1.3.0をリリースした。なので、次は、順番に従って、Ubuntu版Mirror-DTC/AGMPlayer/AG-ムービーカッターの更新開発を行う事になるので、まず、今日は、手持ちのUbuntu環境を整備した。

手持ちのUbuntu環境としては、Core i7-2600のデスクトップPCにインストールしてあったUbuntu 14.04LTSがメイン環境になっていたのだが、もう一つ、MacBook Pro 15インチ 2016モデルにParallelsでインストールしてあったUbuntu 16.04LTSもあった。
 
で、開発環境としては、前述のCore i7-2600 PCを使っていたのだが、日常的に使っていたのは、MacBook ProのParallels環境にインストールしていたUbuntu 16.04LTSの方だった。
 
これは何故なのか、というと、MacBook Pro 15インチ 2016モデルでは、作者のメインメーラーである所のThunderbirdを動作させていて、AmuseGraphicsのホームページ等にも書いてある様に、Paypalや銀行振込での支払い時にも、数分〜半日以内にはレジストキー送付ができる様にしているからだ。
 
つまり、メインメーラーである所のThundirbirdは作者が起きている間は、普通は、常時、稼働させているので、MacBook Pro 15インチ 2016モデルも、普通は、ほぼ、常時稼働している事になるので、別途起動しなければならないUbuntu14.04LTS環境よりも、この上で動作するUbuntu16.04LTS環境の方が使いやすかった訳だ。
 
もっとも、作者のMacBook Pro 15インチ 2016モデルのSSD容量は256GBしかなく、かつ、その半分はBootCamp用に使っているので、macOS環境用に利用できる容量は130GBしかない。
 
なので、前述のUbuntu16.04LTS環境については、あまり追加ソフトのインストールも出来ないのだが、FTP用のソフトがプレインストールされていないMacでは、Ubuntu環境ではデフォルトで利用可能なFTP機能だけでも、ホームページ等にデータをアップしたりする作者的には便利な訳だ。
 
で、今日は、そんな、Ubutu環境の整備をしていたのだが、手持ちのUbuntu環境としては、上記以外に、MacBook Pro 15インチ 2016モデルに、やはり、ParallelsでインストールしたUbuntu18.04LTS環境もある。
 
ただ、作者のParallelsはバージョン12のままなので、Ubuntu18.04LTSには正式対応していないので、少し使いづらい所もあった。
 
なので、この環境については、自製ソフトの動作確認用以外には使用していなかったのだが、そういった環境なら、他に、前述のUbuntu14.04LTS環境にあるVirtual Box上に32Bit版のUbuntu14.04LTS環境だとかUbuntu16.04LTS環境なんかもあった。
 
と、言う事で、手持ちのUbuntu環境は色々とあったのだが、Ubuntu14.04LTSは、もうそろそろサポート切れになるので、冒頭に書いた自製ソフトの次バージョンのサポート対象からは外す事にしている。
 
なので、今日は、前述のCore i7-2600 PCのUbuntu14.04LTS環境についても、もう使う必要がない、という事で、Ubuntu16.04LTSにアップグレードしたのだが、同時に、この環境にVirtualBoxでUbuntu18.04LTS環境も構築してみた。
 
これは、前述の様に、作者のMacBook Pro 15インチ 2016モデルのSSD容量は少なく、かつ、Parallels12はUbuntu18.04LTSに正式対応していなかったからだ。
 
つまり、MacBook Pro 15インチ 2016モデルからはUbuntu18.04LTS環境を削除しようと考えているのだが、作者のメイン環境はMac mini Late2014で、現在利用しているmacOS Mojave環境は、外付けの500GBSSDにインストールしてある。
 
そして、Parallelsには無料のLite版もあって、この最新版ではUbuntu18.04LTSも対応している様だったので、Mac mini  Late2014環境にも、Parallels Liteを使ってUbuntu18.04LTS環境を構築してみた。
 
と、言う事で、今日は色々とUbuntu環境を整備してみたのだが、まだ、落ち着いた感じはしないので、明日も、環境整備は続く筈だ。

« QuickTime Playerもフリーズ | トップページ | 18.04LTSをメインに »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Ubuntu環境を整備:

« QuickTime Playerもフリーズ | トップページ | 18.04LTSをメインに »

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

広告

プライバシーポリシー

  • 当サイトでは、第三者配信による広告(Google Adsense)サービスを利用しています。

    Google を含む第三者配信事業者は、Cookie を使用して、ユーザーのウェブサイトでの閲覧履歴に基づく広告を配信します。 Google 広告 Cookie を使用することにより、Google や Google のパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づく広告をユーザーに表示できます。

    収集された情報がGoogleによってどの様に使用されるか、収集される情報をユーザーが管理する方法については、以下のリンクを参照下さい。

    ポリシーと規約 - Google