スポンサーリンク

T.Ishii's Software Library

HTML5 レトロ風ゲーム館

無料ブログはココログ

« 少しのんびりする | トップページ | Mac/Ubuntuのリモート操作 »

iOSを無視できない理由

ここの所、これからの開発に向けて色々と調査もやっているのだが、ネットの情報によると、昨年の時点で、日本でも、iPhoneのシェアは低下し、Androidに負けた様だ。最近のiPhoneは高すぎるので、もっと安いスマホが選ばれているのだろう。
 
昨日書いた様に、少なくとも作者的には、AndroidアプリよりもiOSアプリの方が開発しづらい。にも関わらず、シェアまで低下してきている、という事になると、iOSは無視したいかなあ、と、思ったりもする訳だ。
 
しかし、作者のスマホは、一応は、Androidスマホなのだが、機種的には、2011年製のISW11Mな訳だ。つまり、今時のAndroidアプリは殆ど動作しない。
 
にも関わらず、このスマホを使い続けているのは、作者的にも、公衆電話ボックスが殆ど撤去されてしまった今の時代、外出先で電話できる機能は必要だし、特に最近は、二段階認証だとか言って、勝手に携帯電話にSMSメールを送ってくるサービスが増えたので、携帯電話が手元にないとお手上げになったりする時代になったからだ。
 
つまり、実際の所、作者的には、携帯電話は必要なのだが、必ずしもスマホは必要でもないので、モバイルアプリ? みたいな所もある訳なのだが、にも関わらず、何故、スマホを購入したのか、というと、それまで使っていたガラ携用の電波が停波する、という事で、auに機種変更しろ、と、催促されたからだ。
 
つまり、作者的には、別段、スマホが必要だった訳ではなかったのだが、機種変更は行う必要があったので、ついでに、その頃はやり始めていたスマホに機種変更してみたのだが、結局、スマホ用アプリを常用する様にはならなかった訳だ。
 
もっとも、作者的には、Androidタプレットである所のNexus9は愛用していて、Google Playストアで購入した漫画なんかは、これを使って読んでいる。
 
また、iOSタブレットである所のiPad Airも使っていて、NetflixだとかYouTubeの動画を寝床で見るときには、ここ数年、これを使っている。
 
と、いう事で、作者的には、スマホは殆ど携帯電話としてしか使っていないのだが、Android / iOSタブレットについては、アプリも使っている訳だ。
 
なので、作者的には、タブレットのシェアも気になる所なのだが、真面目な話、Nexus9くらいまでは、GoogleもAndroidタブレットに力を入れていたのだが、その後、Google的には、Androidタブレットに力を入れなくなった感じがする訳だ。
 
つまり、Google的には、ChromeOSもあるので、比較的画面サイズが大きなタブレット用OSとしては、ChromeOSを推す事にしたのかもしれない。
 
その結果として、作者的には、最早、最新Androidに対応しないNexus9の後継タブレットが欲しい所なのだが、購入候補が存在しない状況になっている訳だ。
 
まあ、最新に近いAndoridを搭載したタブレットは存在しない事もないのだが、価格.comを見ていると、人気機種の殆どは、日米政府が利用を禁止する事になったHUAWEI製品な訳だ。
 
作者的には、政府機関と直接仕事をする事は無いと思われるので、今のところ、HUAWEI製品を購入しても問題ない筈ではあるのだが、このまま米中貿易戦争が続く様なら、日本政府としてもHUAWEI製品の輸入を禁止する措置をとる可能性もある。
 
と、いう事を鑑みると、Androidについては、タブレットの将来性が、かなり、危ぶまれるのに対し、iPadについては、今後とも、Apple的には力を入れてくる筈な訳だ。
 
なので、タブレットを鑑みた場合、AndroidよりもiOSの方が優勢かなあ、という気もしているので、作者的には、iOSを無視できない訳だ。
 
と、いう事で、将来的には、スマホのOSはAndroid、タブレットのOSはiOS、という時代が来る事になるかもしれないのだが、作者的には、アプリはスマホではなくタブレットで利用しているので、iOS用にアプリを作っておく必要がある様な気がしている訳だ。
 
もっとも、PCを色々と持っている作者的には、大画面のAndroidスマホに乗り換えれば、iPadは不要になるのかもしれないのだが。

« 少しのんびりする | トップページ | Mac/Ubuntuのリモート操作 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: iOSを無視できない理由:

« 少しのんびりする | トップページ | Mac/Ubuntuのリモート操作 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

広告

プライバシーポリシー

  • 当サイトでは、第三者配信による広告(Google Adsense)サービスを利用しています。

    Google を含む第三者配信事業者は、Cookie を使用して、ユーザーのウェブサイトでの閲覧履歴に基づく広告を配信します。 Google 広告 Cookie を使用することにより、Google や Google のパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づく広告をユーザーに表示できます。

    収集された情報がGoogleによってどの様に使用されるか、収集される情報をユーザーが管理する方法については、以下のリンクを参照下さい。

    ポリシーと規約 - Google