スポンサーリンク

T.Ishii's Software Library

HTML5 レトロ風ゲーム館

無料ブログはココログ

« 着々と完成に近づく | トップページ | イベント処理が少し面倒 »

次ダイアログの作成を開始

今は、Ubuntu版AG-ムービーカッターの開発フェーズで、今日から「音声ファイルのミキシング」ダイアログの作成を始めた。こちらについては、「音声ファイルの加工」ダイアログで作成した処理コードが使えるので、それほど大変でもない筈だ。

「音声ファイルのミキシング」ダイアログについては、今日の時点で、表示させる事は可能になった。
 
つまり、部品の配置は完了したので、明日からは機能的な部分の実装を行なっていけるのだが、機能的な部分については、macOS版からコピーしてくれば、大体はそのまま利用できるので、明日にも、完成しているかもしれない。
 
と、いう事なので、AG-ムービーカッター for Ubuntu Ver1.4.0は週明け早々にはリリースする事になる筈なのだが、その次には、Android / iOS版のMirror-DTCクライアントだとかAGMPlayerを開発しようかと思っている。
 
ただし、開発ばかりやっていると、折角、苦労して開発したソフトを公開しておいても、ダウンロードしてもらえない可能性があるので、来週から、少し時間をかけて、公開済みソフトの宣伝行為をやっておこうかと思っている。
 
具体的には、宣伝用動画なんかを作成しようかなあ、と、思っているのだが、作者的には、よくこんな事を書いてきた様な気がしているのだが、現状を見てみると、あまりマトモな宣伝用動画は作成してきていない様な気もする。
 
なので、実際にはどうなるかは判らないのだが、とりあえず、今月中くらいは、次の開発には移らずに、公開済みソフトの宣伝活動に専念できる様にはしてみるつもりだ。
 
ちなみに、宣伝用動画というのは、主に、Windows版以外のソフトの動作状況をキャプチャーして見れる様にしようか、と、思っている。
 
これは、Windows PCしか持っていない人にしてみれば、macOS / Ubuntu版ソフトが追加提供ソフトとして提供されていても、どんなモノなのか判らない筈だからだ。
 
もっとも、将来的にも、Windowsしか使わない、という人にしてみれば、macOS / Ubuntu版ソフトの紹介なんかされても意味はないかもしれない。
 
なので、Windows版についても宣伝する必要はあるかもしれないのだが、Windows版については、実際にインストールして使ってみれば、どんなモノなのかは一目瞭然の筈なので、ワザワザ、そんなソフトの宣伝用動画は、作る必要があるのかなあ、と、思ったり思わなかったりしている今日この頃だ。

« 着々と完成に近づく | トップページ | イベント処理が少し面倒 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 次ダイアログの作成を開始:

« 着々と完成に近づく | トップページ | イベント処理が少し面倒 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

広告

プライバシーポリシー

  • 当サイトでは、第三者配信による広告(Google Adsense)サービスを利用しています。

    Google を含む第三者配信事業者は、Cookie を使用して、ユーザーのウェブサイトでの閲覧履歴に基づく広告を配信します。 Google 広告 Cookie を使用することにより、Google や Google のパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づく広告をユーザーに表示できます。

    収集された情報がGoogleによってどの様に使用されるか、収集される情報をユーザーが管理する方法については、以下のリンクを参照下さい。

    ポリシーと規約 - Google