スポンサーリンク

T.Ishii's Software Library

HTML5 レトロ風ゲーム館

無料ブログはココログ

« 今度は「歴史ゆっくり紀行」 | トップページ | Ubuntu版ムービーカッター Ver1.4.0を公開 »

リリース準備はほぼ完了

今は、Ubuntu版AG-ムービーカッターの開発フェーズで、実装は完了していたのだが、今日はドキュメントの作成と動作チェックをやっていた。その結果、若干の修正は入ったのだが、配布パッケージは完成させたので、明日にはリリースする筈だ。

ネットを見ていると、大昔から、Mac vs Windowsみたいな話はあったのだが、大昔のMacのCPUはモトローラの68系で、Windowsはインテルの86系だった。
 
で、大昔には、CPUのイメージとして、86系は制御用、68系はワークステーション用みたいなモノがあったので、86系のCPUを使っているWindowsマシンというのは、所詮はオモチャで、68系のCPUを使っている Macこそがパーソナルコンピュータだ、みたいに言われる事も多かった。
 
もっとも、その内、CPUの性能的には、86系が相対的に高速になり、68系のMacは不利になったのだが、そうすると、MacはCPUをPowerPCに載せ替えた訳だ。
 
で、このPowerPCというCPUは、所謂、RISC-CPUで、CISC-CPUだった86系のCPUと比べてクロック数を上げやすかった分、処理速度が圧倒的に速くなった。なので、PowerPCを搭載し始めた頃のMacはWindowsPCと比べて何倍も高速、というのが売りになった訳だ。
 
しかし、その後、PowerPCもそれなりに高速化されていったのだが、86系CPUも、内部構造をRISC化し、Pentium4ではクロック周波数をどんどん上げたので、性能的には、PowerPCに引けを取らなくなった。
 
もっとも、両者とも、結局は、発熱量の問題で、それ以上クロック周波数を上げられなくなったので、処理性能は頭打ちになってしまったのだが、86系のCPUは、単体で処理性能を上げられないのなら、という事で、マルチコアCPU路線に舵を切った訳だ。
 
で、Macはどうしたのか、というと、PowerPCに見切りをつけて、86系CPUに乗り換えてしまった。
 
と、いう事で、CPUが86系になった時点で、大昔から独自路線を進んでいたMacのハードウェアは、WindowsPCと大差ないモノになってしまった訳だ。
 
その結果として、Mac vs Windowsでは、ハードウェアではなくて、OSの違いが議論される様になったのだが、Mac的には、OS Xが素晴らしいので、Windowsよりも優れている、という事になっている。
 
つまり、OS Xは正真正銘のUNIXで、かつ、独自の美しいGUIを備えているので、所詮はUNIXモドキでしかないWindowsなんかとは格が違う、みたいに言われる事になった訳だ。
 
もっとも、実際の所としては、今時、理系の学生でも、大昔にあった様なUNIXマシンに触れる機会なんてのは殆ど無い筈なので、巷では、UNIX=Macという時代になっているかもしれない。
 
そうなってくると、UNIXである事がMacの優位性にはならなくなるのだが、それでも、Macが優れている、と、言われるのは、MacのフォントレンダリングがWindowsと比べて綺麗だからだ。
 
まあ、仕事でExcelを使うだけ、みたいな人にとっては、そんな事はどうでも良い話になるかもしれないのだが、作者の様に、MacとWindowsの両方を使う人にしてみれば、特に、日本語の文章なんかは、Windowsではなく、Macで読み書きしたくなる。
 
と、いう事で、今となっては、ハードウェア的には、WindowsPCに対するMacの優位性は無くなっていて、かつ、Macの方が価格的には割高な分、コストパフォーマンスでは、WindowsPCに軍配が上がるのだが、Macの方がフォントレンダリングが綺麗なので、コストをさほど気にしなければ、こちらを使いたくなったりもする訳だ。
 
もっとも、フォントレンダリングが綺麗、という事なら、Ubuntuも同様だったりする訳だ。そして、UbuntuはWindowsPCにインストールできる訳なので、綺麗なフォントでPCを使いたければ、Ubuntuをインストールして使えば良いかもしれない。
 
と、いう事で、今日は変な話になったのだが、これは、今日は、Ubuntu版AG-ムービーカッターの使い込みをしていたのだが、機能的にはWindows版と同等で、見た目的には、Windows版よりも綺麗なのに、ダウンロードするユーザー数は少ないんだろうなあ、と、思うと、勿体ない気がしたからだ。

« 今度は「歴史ゆっくり紀行」 | トップページ | Ubuntu版ムービーカッター Ver1.4.0を公開 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: リリース準備はほぼ完了:

« 今度は「歴史ゆっくり紀行」 | トップページ | Ubuntu版ムービーカッター Ver1.4.0を公開 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

広告

プライバシーポリシー

  • 当サイトでは、第三者配信による広告(Google Adsense)サービスを利用しています。

    Google を含む第三者配信事業者は、Cookie を使用して、ユーザーのウェブサイトでの閲覧履歴に基づく広告を配信します。 Google 広告 Cookie を使用することにより、Google や Google のパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づく広告をユーザーに表示できます。

    収集された情報がGoogleによってどの様に使用されるか、収集される情報をユーザーが管理する方法については、以下のリンクを参照下さい。

    ポリシーと規約 - Google