スポンサード リンク

T.Ishii's Software Library

HTML5 レトロ風ゲーム館

無料ブログはココログ

« まずは、残作業を片付ける | トップページ | 14.04LTSと32Bitには非対応 »

リリース準備はほぼ完了

次は、Ubuntu版Mirror-DTC Ver1.4.0をリリースする事になっていて、既に配布パッケージは完成している。なので、作者環境にインストールしつつ、最終確認しているのだが、特に問題はなさそうなので、明日にはリリースする事になるかもしれない。

Mirror-DTC Ver1.4.0は、その前のバージョンであるVer1.3.1に対して、サーバーからの接続機能が追加されているのが最も大きな特徴になる。
 
それ以外にも、Windows版では、キーバインドの変更機能が追加され、その結果として、キー入力のグローバルHookを行わなくても、実用的なキー入力転送が可能になったので、特に、Windows10の仮想デスクトップでクライアントを動作させる場合の利便性は大きく向上した。
 
もっとも、macOS/Ubuntu版については、従来バージョンからキーバインドの変更機能は搭載されていたので、Ver1.4.0にバージョンアップしたとしても、上記の様なメリットは無いのだが、クライアントには「録画」機能と「音声出力の設定」機能が追加されているので、それらが使える様になった、という点はメリットになる筈だ。
 
ただ、「録画」機能というのは、巷のドライブレコーダーの様に使われる事を想定しているので、サーバー操作の結果、何らかの問題が起きても諦めるだけ、みたいな人の場合、不要な機能になるかもしれないし、「音声出力の設定」機能に至っては、どうしてリモートデスクトップソフトにこんな機能が必要なんだ? なんて事を思う人も多いかもしれない。
 
と、言う事で、パッと見、macOS / Ubuntu版をVer1.3.1からVer1.4.0に上げても、メリットは無さそうだなあ、と、思う人も多いかもしれないのだが、macOS版については、小容量ファイルを多数転送する場合の性能が向上しているし、Ubuntu版については、クライアントの描画性能が向上している。
 
また、macOS版については、Mojaveのダークモードに対応しているし、Ubuntu版については、18.04LTS用に色々な対応を行なっている。
 
と、言う事で、macOS / Ubuntu版のVer1.4.0については、機能的には、大したメリットが無くても、最新OSへの対応が強化されている、という点で、最新OSを使う人にはメリットがあるバージョンになっている筈だ。
 
で、Ubuntu版については、現行版では、Ubuntu18.04LTSのログイン画面操作方法についての情報は無いのだが、Ver1.4.0の配布パッケージには、その方法について具体的な対応方法を記載したREADME.txtと、実際の処理を記載したスクリプトファイルを同梱している。
 
なので、Ver1.4.0を真面目にインストールすれば、Ubuntu16.04LTS環境で実現できていたのと同様に、ログイン画面⇄デスクトップ画面の操作が可能になるのだが、実際の所としては、サスペンド/リジューム対応が入っている分、より快適なリモート操作環境になる筈だ。
 
ちなみに、Ubuntu18.04LTSのログイン画面対応のために、実行バイナリに新しい機能等は追加しなかった。
 
つまり、ログイン画面対応は、Systemd/GDMの機能を使いつつ、それ用に作成したスクリプトを動作させる事で実現しているのだが、これはつまり、現行版である所のVer1.3.1のサーバーでも、18.04LTSのログイン対応は可能、という事になる。
 
更に言えば、上記のスクリプトは大した行数はないので、作者側から情報提供が無くても、現行版を使って18.04LTSのログイン画面の操作を行えている人もいるかもしれない。
 
しかしまあ、そんな事を言い出せば、作者が個人で開発しているMirror-DTC相当のリモートデスクトップソフトについても、自分で開発できる人もいるかもしれないのだが、結局のところ、特に拘りがないのなら、既存ソフトを使った方が、時間と労力を節約できる訳だ。
 
なので、逆に言うと、Ver1.4.0に付属するUbuntu18.04LTS用のログイン画面対応用リソースは、Ubuntuに詳しい人にとっては大したモノでもないのだが、普通は、そんなモノを同梱しても意味はない、という事にはならない筈だ。

« まずは、残作業を片付ける | トップページ | 14.04LTSと32Bitには非対応 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534482/67549540

この記事へのトラックバック一覧です: リリース準備はほぼ完了:

« まずは、残作業を片付ける | トップページ | 14.04LTSと32Bitには非対応 »

2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

広告

プライバシーポリシー

  • 当サイトでは、第三者配信による広告(Google Adsense)サービスを利用しています。

    Google を含む第三者配信事業者は、Cookie を使用して、ユーザーのウェブサイトでの閲覧履歴に基づく広告を配信します。 Google 広告 Cookie を使用することにより、Google や Google のパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づく広告をユーザーに表示できます。

    収集された情報がGoogleによってどの様に使用されるか、収集される情報をユーザーが管理する方法については、以下のリンクを参照下さい。

    ポリシーと規約 - Google