スポンサーリンク

T.Ishii's Software Library

HTML5 レトロ風ゲーム館

無料ブログはココログ

« 配布パッケージを作成 | トップページ | Ubuntu版AGMPlayer Ver1.4.0を公開 »

作者環境にインストール

今は、Ubuntu版AGMPlayer / AG-ムービーカッターの開発フェーズで、先に開発しているAGMPlayerについては、完成したので、今日は作者環境にインストールして使ってみていた。特に問題は無さそうなので、明日にはリリースする事になる筈だ。

最近のUbuntuには動画プレイヤーも音楽プレイヤーもデフォルトでインストールされているのだが、作者的には、普通は、それらを使う事はない。
 
これは、OSにデフォルトでインストールされている動画プレイヤーではAGM形式動画の再生ができないし、ネットワーク経由での再生にも対応していないからだ。
 
もっとも、音楽プレイヤーについては使うこともあったのだが、これは、Ubuntu環境用には、iTunesが提供されていないからだ。
 
つまり、Apple Musicに加入している作者的には、最近は、音楽を聴く時には、iTunesを使ってApple Musicの曲を聴いているのだが、Ubuntu環境用にはiTunesが提供されていないので、Ubuntuを使っている時には、ローカル音楽プレイヤーを使うこともあった訳だ。
 
もっとも、作者環境では、作者が寝ている時を除き、メール対応の迅速化のために、メインメーラーを動作させているMacBook Pro 15インチ 2016モデルは常時稼働させている。
 
なので、Ubuntuを使っている時にも、音楽はMacBook Pro 15インチ 2016モデルで聴いていることが多いので、Ubuntu環境にローカル音楽プレイヤーがなくても、殆ど、問題はない状況だ。
 
ただし、今時の若者とは違って、中学生の頃なんかには、FMラジオが流している音楽をカセットテープに録音して音楽ライブラリを作ったりしていた世代の作者的には、Apple Musicには存在しない様な古い音源も持っていたりする訳だ。
 
そして、MacBook Pro 15インチ 2016モデルのSSD容量は不足気味なので、そこには音楽データは入れていない訳だ。
 
なので、手持ちの音源にある音楽を聴きたくなった場合には、MacBook Pro 15インチ 2016モデルは使えないので、Ubuntuのローカル音楽プレイヤーを使ったりすることもあった訳だ。
 
しかし、CDからリッピングした音楽ファイルには、自動的にタグが付けられているので、Ubuntuの音楽プレイヤーで再生する時にも便利なのだが、作者的には、YouTubeなんかにあった音楽ビデオの音声を録音したファイルなんかも持っていたりする訳だ。
 
で、当然の事ながら、そういうファイルにはタグは埋め込まれていないので、マトモな音楽プレイヤーで再生しようとすると、リスト表示に「不明」の文字が並んだりして、気分が悪かった訳だ。
 
と、いう事で、今回、Ubuntu版AGMPlayerでも音楽ファイルの再生が可能になったので、作者的には、これからは、音楽ファイルについても、これで再生しようと考えている今日この頃だ。
 
ちなみに、AGMPlayerの録音形式は、Windows / macOSではm4a/wav、Ubuntuではogg/wavになっているのだが、wavファイルには普通はタグ情報を埋め込んでもマトモに使ってくれる再生ソフトは皆無かもしれない。

しかし、m4a/oggでは、普通に、タグ情報は埋め込めて、それを表示するソフトも多いので、Mp3tagというフリーソフトをダウンロードして、AGMPlayerで録音したタグ情報がないm4a/oggファイルにタグを付加してみたのだが、普通に付加でき、Ubuntuの音楽プレイヤーでもそのタグを表示できた。

まあ、ネットを検索していると最近はWAV形式でも、マトモにタグ付けができる様になった、みたいな話を書いている人もいたのだが、理論上はできる、という話と、マトモに使える、という話は別になる訳だ。
 
実際、上記のMp3Tagでタグ付けしたファイルをUbuntuの音楽プレイヤーで表示してみると、タグに入れた日本語はマトモに表示されなかったにも関わらず、タイトル用に使われてしまったので、ファイル名がタイトルとして表示されるタグが無いファイルの方がよっぽどマトモに使えた。
 
と、いう事なので、AGMPlayerで録音したファイルにはタグ情報は存在しないのだが、m4a/ogg形式なら、巷のタグ編集ツールで後からタグ付けすれば、普通の音楽プレイヤーでも参照できる様になる。
 
なので、YouTubeなんかにある音楽動画の再生音を録音して音楽ライブラリを作りたい様な場合には、ogg/m4a形式で録音しておき、後からタグ付けすれば、それなりの見栄えの音楽ライブラリの構築も可能かもしれない。
 
もっとも、作者的には、面倒なのでタグ付けなんかはやらないので、音楽プレイヤーとしても、AGMPlayerで十分だったりするのだが。

« 配布パッケージを作成 | トップページ | Ubuntu版AGMPlayer Ver1.4.0を公開 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 作者環境にインストール:

« 配布パッケージを作成 | トップページ | Ubuntu版AGMPlayer Ver1.4.0を公開 »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

広告

プライバシーポリシー

  • 当サイトでは、第三者配信による広告(Google Adsense)サービスを利用しています。

    Google を含む第三者配信事業者は、Cookie を使用して、ユーザーのウェブサイトでの閲覧履歴に基づく広告を配信します。 Google 広告 Cookie を使用することにより、Google や Google のパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づく広告をユーザーに表示できます。

    収集された情報がGoogleによってどの様に使用されるか、収集される情報をユーザーが管理する方法については、以下のリンクを参照下さい。

    ポリシーと規約 - Google