スポンサーリンク

T.Ishii's Software Library

HTML5 レトロ風ゲーム館

無料ブログはココログ

« リリース準備はほぼ完了 | トップページ | 少しのんびりする »

Ubuntu版ムービーカッター Ver1.4.0を公開

Ver1.4.0では、Windows版Ver1.4.0と同様の「音声ファイルの加工」/「音声ファイルのミキシング」機能を追加しました。同時に、18.04LTSでUIフォントが変更された事から、ダイアログをフォントに応じて作成する処理の追加も行いました。

Ver1.4.0では、「ファイル」メニューに「音声ファイルの操作」メニューが追加されており、そのサブメニューには「音声ファイルの加工」/「音声ファイルのミキシング」があります。

「音声ファイルの加工」メニューを実行すると、まず、ファイル指定ダイアログが表示されます。そこで加工元とする音声ファイルを指定すると「音声ファイルの加工」ダイアログが表示されます。

このダイアログには、「音量変更」/「デジタルフィルタ」/「速度変更」/「ピッチ変更」/「エフェクタ」用の設定項目があり、ダイアログの最下部には「再生」/「出力」ボタンがあります。

音声ファイルの加工を行う場合には、上記の各種設定を行い、「再生」ボタンで結果を確認し、問題があれば設定を修正し、なければ、「出力」ボタンで加工データを収めた新規音声ファイルとして保存します。

「音声ファイルのミキシング」メニューを実行すると「音声ファイルのミキシング」ダイアログが表示されます。

音声ファイルのミキシングを行いたい場合には、そこにある「追加」ボタンでミキシングしたい音声ファイルを全て追加します。この時、追加したファイル毎に「ミキシング開始位置」と「音量」は設定できますので同時に適切な設定を行います。

ミキシング結果は「再生」ボタンで再生して確認できますので、確認して問題があれば「ミキシング位置」や「音量」を修正し、問題が無ければ「出力」ボタンからミキシング結果を新規音声ファイルに出力します。

上記の様な機能追加とは別に、Ver1.4.0では、18.04LTSで変更されたUIフォントへの対応も行っています。

具体的には、従来バージョンでは、16.04LTS / 18.04LTS用バイナリは、それぞれ16.04LTS / 18.04LTS用のデフォルトフォントが利用されている場合に適切な表示が行われる様にダイアログ部品の配置を決めていましたが、Ver1.4.0では、どちらのフォントが利用されても問題がない配置となる様にしています。

このため、従来バージョンでは、18.04LTS環境で従来フォントが利用された場合には、ダイアログ部品の表示位置が適正ではなくなる場合がありましたが、Ver1.4.0では、この様な場合にも問題はなくなっています。
 
なお、本ソフトはAmuseGraphicsユーザーに向けた追加提供ソフト扱いとしているため、レジストキーが登録されていない環境では動画の切り出しが最高5分に制限される等の制限があります。このため、制限を解除したい場合には、レジストキーを購入して登録する必要があります。
 
レジストキーの購入/登録方法についてはAmuseGraphicsのホームページ を参照して下さい。従来版用にレジストキーを購入済みのAmuseGraphicsユーザーは、Ver1.4.0でも、そのレジストキーを利用できますので、レジストキーの追加購入は不要です。

AG-ムービーカッター for Ubuntu Ver1.4.0は以下のページからダウンロードできます。

AG-ムービーカッター for Ubuntu ダウンロードページ

http://t-ishii.la.coocan.jp/download/AGMCutU.html

« リリース準備はほぼ完了 | トップページ | 少しのんびりする »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Ubuntu版ムービーカッター Ver1.4.0を公開:

« リリース準備はほぼ完了 | トップページ | 少しのんびりする »

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

広告

プライバシーポリシー

  • 当サイトでは、第三者配信による広告(Google Adsense)サービスを利用しています。

    Google を含む第三者配信事業者は、Cookie を使用して、ユーザーのウェブサイトでの閲覧履歴に基づく広告を配信します。 Google 広告 Cookie を使用することにより、Google や Google のパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づく広告をユーザーに表示できます。

    収集された情報がGoogleによってどの様に使用されるか、収集される情報をユーザーが管理する方法については、以下のリンクを参照下さい。

    ポリシーと規約 - Google