スポンサード リンク

T.Ishii's Software Library

HTML5 レトロ風ゲーム館

無料ブログはココログ

« 動画は撮りなおし | トップページ | 改良案も考えつつ »

AmuseGraphicsで動画編集

今は、Mac版Mirror-DTCの宣伝用動画を作成中なのだが、ダウンロードからインストールまでの状況のキャプチャーはできている。そして、普通に聴いていて心地よい音楽をフリー素材として提供してくれているサイトも見つけたので・・・
 
AmuseGraphicsの付属ソフトには、AG-ムービーカッターがあるのだが、このソフトのAmuseGraphicsの中での位置付けは、動画編集ソフト、という事になる。
 
ただし、一般的な動画編集ソフトには、タイムラインに映像だとか音声を追加していく格好になっているものが多いのだが、AG-ムービーカッターは動画再生ソフトの様な外見になっていて、タイムラインという概念は無い。
 
つまり、それほど複雑な動画編集用に使われる事は想定していないのだが、逆に、単純な動画編集用には、簡単に使える様になっている訳だ。
 
と、いう事で、AG-デスクトップレコーダーでキャプチャーした動画に、後から、BGMを付加したい場合には、AG-ムービーカッターの「音声トラックの別指定」機能を利用しつつ、再エンコード出力すれば事足りる。
 
もっとも、キャプチャー動画とBGMの長さは普通は同じにはならないので、単純にBGMを音声トラックにしてしまうと、動画の最後で音声が突然途切れる格好になるので、見っともない動画になってしまう。
 
なので、BGMはフェードアウトさせたい所なのだが、「切り出し」-「動画」機能だとか、「音声トラックの別指定」機能には、音声トラックのフェードアウト機能なんかは無い。
 
このため、フェードアウトさせたければ、「音声トラックの別指定」用の音声データ自体がフェードアウトしている必要があるのだが、「音声ファイルの操作」-「音声ファイルの加工」機能を利用すれば、既存の音声ファイルにフェードアウト加工を入れた音声ファイルを出力する事が可能だ。
 
と、いう事で、AG-ムービーカッターを使えば、AG-デスクトップレコーダーでキャプチャーした動画の音声トラックに、フリー素材として提供されているBGMをフェードアウト付きで使う事ができる。
 
もっとも、今の所、どうしようかなあ、と、思っているのだが、音声トラック的には、BGMだけの方が格好は良いのだが、動作説明動画とするのなら、合成音声による説明も追加したい所な訳だ。
 
で、合成音声に喋らせる機能は、AmuseGraphics本体にあって、その結果はwavファイルとして出力できる。
 
そして、AG-ムービーカッターの「音声ファイルの加工」-「音声ファイルのミキシング」機能を使えば、BGMの音量を絞りつつ、新たに、任意の場所に、前述のwavファイルをミキシングする事も可能だ。
 
と、いう事で、巷の動画編集ソフトなら、タイムラインを三つ作成し、その一つにはAG-デスクトップレコーダーのキャプチャー映像のみ、二つ目にはBGM音声、三つ目には説明音声を付けてエンコードする様な作業を、AmuseGraphicsでは、タイムラインを使わずに、個々のデータを仕上げた後、最後に合成する様な格好で、行う格好になっている。
 
なので、一見、面倒くさそうなのだが、一つ一つの作業は単純作業として完結するので、動画編集ソフトとしては、機能的にはシンプルで使いやすく、編集中にもPCの性能は大して必要とされない、というメリットもある訳だ。
 
上記の様にして、BGM/説明音声付きのキャプチャー動画は作成可能なのだが、やはり、動画の冒頭に入れるタイトルだとかは欲しくなる訳だ。
 
で、AmuseGraphics本体では、静止画の加工なんかが行えるのだが、静止画から動画を作成する機能だとか、スライドショー動画作成機能があるので、これらの機能を利用すれば、静止画からタイトル用に必要な時間分の動画を出力するのも簡単だ。
 
そして、複数の動画を連結したい場合には、単純に、AG-ムービーカッターにそれらの動画を順番に読み込んでおいて、再エンコード出力するだけで事足りる。
 
更に、AmuseGraphics本体では、半透明のpng画像を作成する事も出来るので、この機能を使って、背景を黒い半透明の四角形にしつつ、そこに説明用テキストを貼り付けた静止画を出力しておけば、AG-ムービーカッターの「合成映像の追加」機能を使って、キャプチャー動画の任意の時間/位置に、その静止画を必要秒数分、合成する事が出来る。
 
と、いう事で、AmuseGraphicsを使えば、タイトル/BGM/説明テキスト・音声付きのキャプチャー動画を作成するのも簡単なのだが、折角なので、作者的には、少し手の込んだ細工もやってみようかなあ、と、思ったりもしている。
 
ちなみに、最近のYouTubeの動画にはサムネイルにテキストが付けられているモノも多いのだが、そのテキストのフォントには縁取りがあったりする。
 
なので、作者的にも、そんな縁取りがあるフォントを使いたいかなあ、と、思ってネットで調べてみた所、普通、そういう文字はソフトの加工機能を使って出力していた様だった訳だ。
 
このため、作者的にも、AmuseGraphics本体の画像加工機能を使って作ってみたのだが、何となく良い感じになったかもしれない。
 
AmuseGraphics本体についても、巷の画像編集ソフトには良くあるレイヤーという概念がないので、大した事はやれない、と、思っている人も多いかもしれないのだが、AmuseGraphicsには透明画像を扱える機能があって、画像を貼り付ける機能もあるので、ある意味、同じ大きさの透明画像を複数作成しておき、最後にそれらを順番に貼り付けていけば、レイヤー合成機能と同じ事は出来る訳だ。
 
と、いう事で、AmuseGraphics本体も、見かけ上は、単純な処理しか行えないのだが、それらを組み合わせて使うと、上記の様な、縁取り文字で書かれたテキストの作成なんかも出来る。
 
つまり、現行版のAmuseGraphicsでは、色々と創意工夫は必要になるのだが、プリミティブな加工機能は用意されているので、少し頭の体操をする気になれば、ある程度は凝った動画編集も可能ではある訳だ。
 
- 2019/02/17 追記 -
Googleの検索結果に出てこなくなったので、次の記事へのリンクを追加しておく。
2ファクタ認証が集団訴訟に

« 動画は撮りなおし | トップページ | 改良案も考えつつ »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: AmuseGraphicsで動画編集:

« 動画は撮りなおし | トップページ | 改良案も考えつつ »

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

広告

プライバシーポリシー

  • 当サイトでは、第三者配信による広告(Google Adsense)サービスを利用しています。

    Google を含む第三者配信事業者は、Cookie を使用して、ユーザーのウェブサイトでの閲覧履歴に基づく広告を配信します。 Google 広告 Cookie を使用することにより、Google や Google のパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づく広告をユーザーに表示できます。

    収集された情報がGoogleによってどの様に使用されるか、収集される情報をユーザーが管理する方法については、以下のリンクを参照下さい。

    ポリシーと規約 - Google