スポンサーリンク

T.Ishii's Software Library

HTML5 レトロ風ゲーム館

無料ブログはココログ

« 宣伝動画のアップ完了 | トップページ | Ubuntu版もかなり良くなる »

Mac用の改良版を公開

今月は、Mirror-DTC for Macの宣伝動画を作ってきたのだが、制作中には、Mac版Mirror-DTCの使い込みも行っていたので、性能強化だとか不具合修正も行えた。なので、今日は、その改良版の公開を行ったのだが、次はUbuntu版の改良になる。

特にMirror-DTCの場合、Windows版の更新は、大幅な機能アップ時くらいにしかしていないのに対し、Mac / Ubuntu版については、頻繁に更新を行っている。
 
これは何故なのか、というと、WindowsはHiDPI表示絡みの変更を除き、8の頃から、OSの内部処理はあまり変わっていないのに対し、MacやUbuntuでは、OSの内部処理が劇的に変化しているからだ。
 
つまり、OSが変わってしまうので、アプリケーションソフトがそのままだとマトモに動作しなくなるので、Windows版と比べて、頻繁な更新が必要になる訳だ。
 
もっとも、Windows版がVer1.4.0のままであるのに対して、Mac版がVer1.4.0.4にまでなってしまっているのは、OSが変わったから、というだけではなくて、変わったOSに上手く対応できていなかった事が後から判って、更なる変更が必要になったりしたからだ。
 
で、Ubuntu版についても、これから更新しようとしているのだが、その原因は、Ubuntu18.04LTSでは従来のUnityの代わりに、デスクトップ環境がGnomeに変更されているのだが、クライアントについては、それに上手く対応できていないみたいだからだ。
 
具体的には、マウスカーソルを移動しても、引っかかる感じがする事が多々あり、かつ、画面描画の遅延も他OS版よりも少し大きい感じになっている。
 
と、言う事で、Mirror-DTC for Macの宣伝動画を見た人は判っている筈なのだが、作者は、ここ数年、Mirror-DTCクライアントはMacで動作させているので、Ubuntu版については、サーバーは使う事はよくあるのだが、クライアントを使う事は滅多に無い訳だ。
 
なので、Ubuntu版クライアントについては、現行版は少し問題があるのだが、あまり気になる事も無かった訳だ。
 
しかし、別の言い方をすれば、Ubuntu版クライアントは、Ubuntu18.04LTS対応をまだ真面目に行っていないので、ちょっとした改良で劇的に良くなる可能性があるかもしれない。
 
と、言う事で、今日からは少し真面目にUbuntu版クライアントを改良していこうと思っているのだが、今のところ、認識している問題点はUbuntu18.04LTS上で動作させた場合のパフォーマンスが宜しく無い、という所なので、改良のメインはこのパフォーマンスの向上という事になる筈だ。
 
ちなみに、今日みてみただけで、マウスカーソルがスムーズに動かせない原因は判った様な気がしているる
 
で、対処もできているので、今現在、手元にあるバイナリでなら、普通にマウス操作も可能だ。
 
もっとも、マウス操作が困難になる理由は、画面描画とマウスカーソル移動が同時に発生した時に、画面描画が優先されているから、という感じなので、サーバー側で動画再生なんかをしていなければ、現行版でも特に問題なく操作は可能だ。
 
と、言う事なので、この問題については、最近まで気がつかなかったのだが、一番の問題は、Ubuntu18.04LTSでは、OpenGL描画はメインスレッドで行わなければならず、かつ、その処理が遅い、という事になるかもしれない。
 
なので、OSの描画APIが高速なWindows/Mac版と比較するとUbuntu版は不利になりそうな予感はあるのだが、それでも、現行版は少し遅すぎる様な気もするので、今週いっぱいくらいで、何とか出来るものならしたい所ではある。

« 宣伝動画のアップ完了 | トップページ | Ubuntu版もかなり良くなる »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Mac用の改良版を公開:

« 宣伝動画のアップ完了 | トップページ | Ubuntu版もかなり良くなる »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

広告

プライバシーポリシー

  • 当サイトでは、第三者配信による広告(Google Adsense)サービスを利用しています。

    Google を含む第三者配信事業者は、Cookie を使用して、ユーザーのウェブサイトでの閲覧履歴に基づく広告を配信します。 Google 広告 Cookie を使用することにより、Google や Google のパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づく広告をユーザーに表示できます。

    収集された情報がGoogleによってどの様に使用されるか、収集される情報をユーザーが管理する方法については、以下のリンクを参照下さい。

    ポリシーと規約 - Google