スポンサーリンク

T.Ishii's Software Library

HTML5 レトロ風ゲーム館

無料ブログはココログ

« 2ファクタ認証が集団訴訟に | トップページ | 動画の差し替えとか »

キー入力編をアップロード

今は、Mac版Mirror-DTCの宣伝用動画を作成中なのだが、今日、やっと4個目の動画をアップロードできた。3個目から時間が空いたのは、風邪ぎみでマトモに作業できないからなのだが、Mac版の改良を行う必要が生じたりもしているからだ。
 
今日、YouTubeにアップした動画へのリンクは以下になる。
 
 
で、キー入力編は、今までアップしてきた3動画と比べると内容が濃いので、何をやっているのか判らなくなるかもしれないのだが、今回も「甘茶の音楽工房」から、曲をダウンロードしてBGMとして使わせてもらっているので、見ているのが辛い、なんて事にはならない筈だ。
 
と、いう事で、やっとキー入力編をアップロードできたのだが、冒頭に書いた様に、動画の制作と並行して、Mac版の改良も行なっている。
 
Mac版サーバーは、仮想キー操作については、初版の頃から、ずっと手抜きをしてきていたので、他OS版並みに改良したのだが、具体的には、Shift / Command / Control / Optionについて、左右の入力を行える様にした。
 
例えば、現行版までは、Windows PCからMacを操作する時に、左右のどちらのAltキーを押しても、Macでは左側のOptionが押されたとして扱ってきたのだが、次バージョンでは、Mac側でも、左右のOptionが押された扱いにした。
 
また、WindowsからMacにアクセスし、そのMac上でUbuntuを操作するクライアントを動作させる様な場合、現行版では、Mac上のクライアントはWindows側から入力されたCommand / Alt / Controlなんかの修飾キーは受け取らなかったのだが、次バージョンからは受け取る様にした。
 
なので、リモート操作しているMac上から、更に、他のサーバーにMirror-DTC接続して操作する事も可能になった。
 
他にも、「ショートカットの無効化」を指定していても、キー入力編の動画で示した様な自前のサービス用にショートカットキーを追加すると、そのショートカットはローカル上のMacとサーバー側のMacの両方で実行されてしまったので、「ショートカットの無効化」を指定した場合には、ローカル環境では、そのショートカットも動作しない様に改良した。
 
と、いう事で、次バージョンはVer1.4.0.4、バージョン番号は0.0.0.1しか上がらないのだが、Ver1.4.3.0と同様に、このバージョンも、結構な改良が行われるバージョン、という事になる筈だ。
 
- 2019/02/17 追記 -
Googleの検索結果に出てこなくなったので、次の記事へのリンクを追加しておく。
2ファクタ認証が集団訴訟に

« 2ファクタ認証が集団訴訟に | トップページ | 動画の差し替えとか »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: キー入力編をアップロード:

« 2ファクタ認証が集団訴訟に | トップページ | 動画の差し替えとか »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

広告

プライバシーポリシー

  • 当サイトでは、第三者配信による広告(Google Adsense)サービスを利用しています。

    Google を含む第三者配信事業者は、Cookie を使用して、ユーザーのウェブサイトでの閲覧履歴に基づく広告を配信します。 Google 広告 Cookie を使用することにより、Google や Google のパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づく広告をユーザーに表示できます。

    収集された情報がGoogleによってどの様に使用されるか、収集される情報をユーザーが管理する方法については、以下のリンクを参照下さい。

    ポリシーと規約 - Google