スポンサード リンク

T.Ishii's Software Library

HTML5 レトロ風ゲーム館

無料ブログはココログ

« AmuseGraphicsで動画編集 | トップページ | やれる事はやってみる »

改良案も考えつつ

今は、Mac版Mirror-DTCの宣伝用動画を作成中なのだが、編集作業には現行版のAmuseGraphicsを使っている。もっとも、AmuseGraphicsは、動画編集ソフトという訳でもないので、YouTube動画の様な動画制作には機能不足な所もある。

昨日書いた様に、AmuseGraphicsを使えば、ソフトの動作説明動画なんかについては、他ソフトを使わなくても、比較的、簡単に作成可能だ。
 
これは、作者的にも、そういう動画を作成する必要があったので、バージョンアップする毎に、不足していた機能を追加してきたから、という所もある訳だ。
 
その結果として、それほど凝った事を行わないのであれば、YouTubeにアップロードする様な動画も制作可能なのだが、凝った事をやろうとすると、現行版では機能不足な所もある。
 
その辺の話は、去年の暮れくらいにも書いていた様な気がするのだが、例えば、「ゆっくり」動画の様に、テキストを表示しつつ、それに同期してキャラクターが喋る様な動画を作成しようとすると、現行版のAmuseGraphicsでは、口パクしている一連のキャラクター画像を作成しておき、喋る内容に応じて、それらから1枚1枚適切な画像を選択し、それらを並べて動画化する必要がある。
 
動画というのは、静止画を順番に表示していくモノでしかないので、静止画を並べて動画化できるAmuseGraphics本体の機能を使えば、どんな動画でも作成は可能なのだが、実際問題としては、上記の様な作業が必要、という事になると、少なくとも作者的には、「ゆっくり」動画みたいな動画を制作する気にはならない訳だ。
 
もっとも、「ゆっくり」動画みたいな動画を作成するツールの開発はそんなに大変でもないので、先に、そういうツールを作ってしまえば、リソースとして口パク動画を登録しておけば、テキストを入力するだけで、それらが適切に喋る動画を自動生成するのは容易になる。
 
しかし、問題は、そういう特定用途向けのソフトをAmuseGraphicsのような一般向けに提供しているソフトの付属ソフトとしても良いか、という話になる訳だ。
 
何故なら、特定用途向けの機能というのは汎用性が無いので、それを利用しないユーザーは多いはずだし、逆に、それを利用するユーザーは、より汎用性が無い機能の追加を希望したりする筈だからだ。
 
つまり、そんな機能を追加しても、AmuseGraphicsの新規ユーザーは殆ど増えず、しかし、機能追加要求は山の様に来る可能性がある訳だ。
 
なので、作者的には、AmuseGraphicsに「ゆっくり」動画制作ソフトだとか機能を追加する訳には行かないのだが、そういう機能である事は明言せずに、やろうと思えば、比較的簡単に行える様な、より一般的な機能を追加する事は検討に値する訳だ。
 
と、いう事で、作者的にも、色々と鑑みている訳なのだが、そういう大きめの機能追加とは別に、例えば、作者的には、Apple MusicをiTunesで聴く事も多いのだが、Ver1.4.0から音楽ファイルの再生にも対応させたので、最近は、手持ち音楽の再生にはAGMPlayerを使っている。
 
これは何故なのか、というと、手持ち動画と同様に、手持ち音楽も、一つのHDDのみに入れておけば、AGMPlayerのネットワーク視聴機能を使ってどのPC/Macからでも聴けるからだ。
 
しかし、iTunesでのApple Musicの聴取に慣れてしまった作者としては、再生中の楽曲の再生を停止せずに、次の音楽ファイルを検索/選択する機能がAGMPlayerにないのが少し不満だったりもする訳だ。
 
まあ、その辺については、ライブラリビューとプレイビューを同時表示させない、というAGMPlayerの仕様の根幹に関わる話なので、どうしようかなあ、という所もあるのだが、手持ちの音楽ファイルをAGMLibraryにコピーした時に、並び順が名前順にソートされなかったのは不便だったので、次バージョンには、ライブラリビューにフォルダー内ファイルの並べ替え機能は入れる事になる筈だ。
 
AG-ムービーカッターについては、やはり、複数の動画を連結する場合に、トランジッション効果を入れられる様にしたいかなあ、と、思ったりもしている。
 
と、いう事で、作者的には、日頃から、不便だなあ、と、言うか、こういう機能が欲しいかなあ、というアイデアを貯めていて、次バージョンの作成時には、それらのアイデアの中から、実装する新機能を選んだりしている訳だ。
 
なので、現行版ソフトを使い込むというのも、ある意味、次バージョンに向けた開発行為になる訳なので、Mirror-DTC用の宣伝動画は今週一杯くらい時間をかけて、制作していく事にする。
 
- 2019/02/17 追記 -
Googleの検索結果に出てこなくなったので、次の記事へのリンクを追加しておく。
2ファクタ認証が集団訴訟に
 

« AmuseGraphicsで動画編集 | トップページ | やれる事はやってみる »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 改良案も考えつつ:

« AmuseGraphicsで動画編集 | トップページ | やれる事はやってみる »

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

広告

プライバシーポリシー

  • 当サイトでは、第三者配信による広告(Google Adsense)サービスを利用しています。

    Google を含む第三者配信事業者は、Cookie を使用して、ユーザーのウェブサイトでの閲覧履歴に基づく広告を配信します。 Google 広告 Cookie を使用することにより、Google や Google のパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づく広告をユーザーに表示できます。

    収集された情報がGoogleによってどの様に使用されるか、収集される情報をユーザーが管理する方法については、以下のリンクを参照下さい。

    ポリシーと規約 - Google