スポンサーリンク

T.Ishii's Software Library

HTML5 レトロ風ゲーム館

無料ブログはココログ

« ココログのリニューアル | トップページ | 配布パッケージは完成 »

リリース準備を開始

今は、Ubuntu環境用の自製ソフト環境を拡充しようとしていて、その第一弾となるマウスクリックエフェクターは、一応、完成したのだが、今回は新規リリースになるので、配布パッケージについても新規作成が必要なのだが、それ以前に・・・

現在の開発環境はUbuntu18.04LTSにしているので、ビルドして出来上がるバイナリは18.04LTS環境でしか動作しない。
 
なので、Ubuntu16.04LTS用バイナリに関しては、Ubuntu18.04LTS環境にインストールしてあるVirtualBox上の16.04LTS環境でビルドしている。
 
で、一応、マウスクリックエフェクターについては、Ubuntu18.04LTS環境では普通に動作する様になったので、今日、初めて、16.04LTS環境でビルドして動作させてみたのだが、少し変な挙動がある。
 
具体的には、エフェクト動作がイネーブル状態の時に、マウスをクリックすると、エフェクト表示が行われるのは良いのだが、タスクバーのアイコンが左右に少し回転する。 
 
多分、これは、エフェクト動作の為に、新規ウインドウが表示されるので、その旨の注意表示になると思われるのだが、ちょっと鬱陶しい訳だ。
 
また、起動直後に表示される設定用のダイアログを最小化すると、タスクバーのアイコンをクリックするだけでは、通常サイズに戻す事も出来なくなっている。
 
この問題については、Ubuntu16.04LTSのバグの様な感じなのだが、アイコンをクリックするとエフェクト用の新規ウインドウが表示されるので、多分、タスクバー的には、その新規ウインドウの方を表示してしまう感じになる訳だ。
 
なので、ショートカットキーを使ってエフェクト表示を禁止してしまえば、タスクバーのクリックで、設定ダイアログの最小表示を通常表示に戻す事も可能になるのだが、これはこれで変な挙動になる訳だ。
 
もっとも、Ubuntu18.04LTSでは、上記の様な可笑しな挙動はないし、これからのUbuntuは18.04LTSが基準になっていく訳なので、Ubuntu16.04LTSでの可笑しな挙動に関しては、Readme.txtに注意文言を書いておけば良いかなあ、と、思ったりもしている。
 
しかし、作者的にも、宣伝動画をUbuntu16.04LTS上で作成する時に、マウスクリックの度に、タスクバーのアイコンが激しく揺れる、なんてのは問題アリな訳だ。
 
なので、Ubuntu版については、タスクバーアイコンを表示させないオプションを追加する事にした。
 
と、言う事なので、バイナリにも少し変更が入るので、月曜日にリリースできるかどうかは微妙なのだが、一応、タスクバーにアイコンを表示させずにエフェクト表示を行わせる事は出来そうなので、何事もなければ、リリースは月曜中か、火曜には行える筈だ。
 

« ココログのリニューアル | トップページ | 配布パッケージは完成 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: リリース準備を開始:

« ココログのリニューアル | トップページ | 配布パッケージは完成 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

広告

プライバシーポリシー

  • 当サイトでは、第三者配信による広告(Google Adsense)サービスを利用しています。

    Google を含む第三者配信事業者は、Cookie を使用して、ユーザーのウェブサイトでの閲覧履歴に基づく広告を配信します。 Google 広告 Cookie を使用することにより、Google や Google のパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づく広告をユーザーに表示できます。

    収集された情報がGoogleによってどの様に使用されるか、収集される情報をユーザーが管理する方法については、以下のリンクを参照下さい。

    ポリシーと規約 - Google