スポンサーリンク

T.Ishii's Software Library

HTML5 レトロ風ゲーム館

無料ブログはココログ

« データフラッシュ機能も | トップページ | これでUbuntuもメイン環境? »

後は、最終調整とコード整理

今は、Ubuntu環境用の自製ソフト環境を拡充しようとしていて、その第三弾となるデスクトップ録画ツールについても、ほぼ、完成した。もっとも、ゼロから開発してきたので、現状では、ソースコードは、結構、汚い。なので、最終調整と共にコード整理も必要だ。

今回開発したデスクトップ録画ツールの名称はTiDesktopRecorder for Ubuntuという事にしている。

つまり、作者的には、ネーミングには拘りは無いので、公開ソフトのほぼ全てで、その物ズバリのネーミングをしてきた訳なので、今回も、そんな感じになっている訳だ。

まあ、名前が長すぎると書くのが面倒になるので、もう少し、気の利いた短い名前にしたいという気もしないでもないのだが、奇をてらった名前にしてしまうと、数ヶ月後には、作者自らが、その名前を聞いても、どんなソフトだったか思い出せなくなる可能性もある訳だ。

と、言う事なので、ネーミングは今回も適当なのだが、機能/性能的には、結構、優秀なモノが作れたかもしれない。

具体的には、機能としては、AG-デスクトップレコーダーやTiExtenderと同様に、デュアルディスプレイにも対応する全画面録画機能に加えて、別の仮想デスクトップに追いやっても普通に録画可能なウインドウ録画にも対応させた。

そして、性能的には、出力形式としてAGM形式しかサポートしないのだが、CPUがCore i7-2600の古いデスクトップPCでも、フルHD画面の30FPS録画ではドロップフレームは皆無だし、YouTubeの小窓程度なら、60FPS録画でもドロップは出ない。

で、基本機能以外に、出力ファイルのサイズ変更が可能なので、最近のYouTubeでは、小窓はウインドウサイズに比例してサイズが変わってしまう様になったのだが、出力ファイルサイズを指定しておけば、色々なサイズの小窓を録画しても、出力解像度は同じに統一できる。

もっとも、録画領域を予め登録しておいて、その領域のみを録画する領域録画機能も搭載していて、その領域を示す枠も画面上に表示できるので、YouTubeのウインドウサイズをその枠に合わせて変更する事も可能だし、録画する時はYouTubeを見るブラウザは最大化しておく、みたいな決まりにしておけば、毎回、同じサイズで録画する事も可能ではある。

上記以外の追加機能としては、音声/マウスカーソル録画のOn/Off機能、録画開始前に最小化する/録画中はドックのアイコンを隠す機能もある。

で、最小化してドックのアイコンも隠してしまうと、録画を終了させる手段が無くなってしまうので、ショートカットキーによる録画のOn/Off機能も追加してある。

もっとも、アイコンを隠す機能というのは、作者製ソフトを使って録画している事を目立たせたく無い場合には必須の機能になるのだが、AG-デスクトップレコーダーにも同様の機能があって、昔は、何回も不具合メールを貰ったりもした訳だ。

具体的には、「録画を開始するとAGアイコンが消えてしまって録画を終了できません!」みたいなメールを貰った訳なのだが、作者的には、それらのメールに同じ様な返信を何度も行うのに疲れてしまったりもした訳だ。

なので、作者的には、こういうクレームが来そうな機能は、極力、実装したくないのだが、例えば、作者が、某国製の録画ツールを使って作者製ソフトの宣伝用キャプチャー動画を撮影し、その動画の中に、その某国製ツールのアイコンが写り込んでしまうと、実際の所、その動画を公開すると宣伝効果よりも炎上効果の方が大きくなるかもしれない訳だ。

また、そういう話がなかったとしても、社内ツールの操作説明用の動画を撮影したりする場合には、それを見る他の従業員のPCにインストールされていない様なツールのアイコンが映り込むとマズイ、という場合もある筈なので、アイコンは消せる様にしてある訳だ。

その他の機能としては、AG-デスクトップレコーダーやTiExtenderと同様の、録画時間/サイズの制限機能と、それによって停止した場合の自動再開機能と最大ファイル数指定機能も入れてあるので、他ソフトの動作状況の監視用にデスクトップ等を長時間録画する場合にも、ファイルサイズをそれほど気にする必要はなくなるし、データフラッシュにも対応させたので、録画中に録画中ファイルの視聴も可能だ。

当然の事ながら、フレームレートの指定機能だとか、出力ファイル名に日時を追加する機能も搭載しているので、TiDesktopRecorder for Ubuntuがあれば、Ubuntu環境でも、Windows / macOS環境と同様の利便性を持った画面録画は可能になるかもしれない。

 

« データフラッシュ機能も | トップページ | これでUbuntuもメイン環境? »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

広告

プライバシーポリシー

  • 当サイトでは、第三者配信による広告(Google Adsense)サービスを利用しています。

    Google を含む第三者配信事業者は、Cookie を使用して、ユーザーのウェブサイトでの閲覧履歴に基づく広告を配信します。 Google 広告 Cookie を使用することにより、Google や Google のパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づく広告をユーザーに表示できます。

    収集された情報がGoogleによってどの様に使用されるか、収集される情報をユーザーが管理する方法については、以下のリンクを参照下さい。

    ポリシーと規約 - Google