スポンサーリンク

T.Ishii's Software Library

HTML5 レトロ風ゲーム館

無料ブログはココログ

« 無能な働き者は・・・ | トップページ | 中々の出来栄えになりそうだが »

ウインドウ録画機能も実装

今は、Ubuntu環境用の自製ソフト環境を拡充しようとしていて、その第三弾となるデスクトップ録画ツールについても、とりあえずは完成の域に達したのだが、元々は入れる気がなかったウインドウ録画機能についても何とかなりそうなので入れておく事にした。

今日も、記事を書くのが遅れていて、今は26日の午前11時くらいなのだが、毎日の様に、ココログの詳細仕様が変わっているのか、同じ事をやっている筈なのに、ココログ側の挙動が異なる。
 
なので、折角、記事を書いても、マトモに公開できなかったりしているのだが、Twitter検索で「ココログ」を検索すると、以前にも増して、色々な書き込みがある状況だ。
 
そんな書き込みの中には、記事を書くのがストレスなので、ココログがマトモに使える様になるまで記事の更新はヤメます、だとか、別のプログサービスに移りました、なんてのもあったりするのだが、作者の場合、過去の記事を見れば判る筈なのだが、基本的には、特に修飾していない普通のテキストを書いているだけで、画像を入れる事も滅多にないので、そういう人達に比べれば、被害は少ないかもしれない。
 
しかしまあ、折角、ブログ記事を書いて公開しようとすると、ページが見つかりません、みたいな表示が出てしまうと、やる気をなくす訳なのだが、こんな場合にも、作者の記事は単なるテキストなので、内容をクリップボードに取り込んで外部のエディタで保存しておけば、それほど、大きな問題にはならない訳だ。
 
作者的に最も大きな問題となるのは、記事を保存していない状況でブラウザがフリーズする事で、Windows環境でIEを使って記事を書いていた頃には、こういう最悪な状況がタマに発生したので、そういう日は、IEがフリーズしたので!!!、みたいな、普段よりも異常に短い記事を書く事で、IEを晒し者にしたりしていた事もあった。

そういう状況に比べると、今回のココログのリニューアルは、作者的には、問題が少ない訳なのだが、それでも、昨日、ココログの運営的には、改行が正しく反映されない不具合を修正しました、というコメントを出していて、その後、Twitterを見ていると、改行が2回入るようになった!、みたいな書き込みがあったりしている。
 
作者的には、ココログが問題を解決したというコメントを出してから、これが初めての書き込みになるので、実際の所は、この記事を公開できた時に判る事になる。

ちなみに、冒頭に書いた様に、Ubuntu版のデスクトップ録画ツールにも、ウインドウ録画機能を入れる事にした。

で、ウインドウ録画については、作者的には、あまり宣伝していないのだが、この機能は、ウインドウが隠れてしまっても録画出来るという、ある意味、とんでもない機能になる訳だ。
 
つまり、Windows10にしろmacOSにしろ、仮想デスクトップ機能が使える訳なので、あるデスクトップでWebブラウザを起動してそこで動画を再生している状況を、ウインドウ録画機能を使って録画する場合、録画を開始してしまえば、別のデスクトップに移動して別作業を行なっていても、録画は普通に行われる。

この機能が無い場合、録画中は、デスクトップの解像度がやたら高く、そのほんの一部のみの領域録画でもない限り、実質的に他の作業は行えない訳なので、このウインドウ録画機能というのは、非常に素晴らしい機能になる訳だ。
 
にも関わらず、あまり宣伝していないのは、作者的には、使えるPCが何台もあって、常に、それらの全てを使っている訳ではないので、動画の再生状況等を録画したければ、空いているマシンを占有させる格好で録画させれば良いからだ。
 
そうした方が処理負荷的にも安心なので、永久保存版の録画も可能になる訳なのだが、考えてみると、10年近く前にくらべて、Mirror-DTCのダウンロード数が減った原因としては、一般ユーザーのPC離れがあって、少なくとも、大昔の様に、PCユーザーは最新機以外に古いPCも所有しているので2,3台持っているのが普通、という時代じゃなくなっている訳だ。

なので、1台のPCで録画を行いながら、別作業も行えるウインドウ録画というのは、便利な機能になるかもしれないので、Ubuntu版にも実装しておく事にしたのだが、とりあえず、フィージビリティー確認は終わっていて、特に問題なく、というか、多分、微妙な問題が出るWindows / macOS環境よりも完全な形で、やれそうだ。

もっとも、一般向けに提供するのであれば、それなりのUIも必要になる訳なので、リリースは、いつもの事なのだが、当初の予定より少し遅れて、今週末くらいになるかもしれない。

- 2019/03/26追記 -
一度、普通に公開してみた所、やはり、改行が馬鹿みたいに入ったので、書き方を変えながら、公開してみている。

今回は、通常エディタで、「改行HTMLタグ変換」を「変換しない」に設定すれば、普通に公開できるみたいだ。

そして、リニューアル前の標準エディタ相当である所の「リッチテキスト」モードでも、テキストしか使わない作者の記事的には、とりあえず、「改行HTMLタグ変換」を「変換しない」に設定しておけば、問題は無さそうだ。

まあ、記事を修正して「保存する」ボタンを押しても、修正版が公開されない、みたいな事が度々あるのだが。

« 無能な働き者は・・・ | トップページ | 中々の出来栄えになりそうだが »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

広告

プライバシーポリシー

  • 当サイトでは、第三者配信による広告(Google Adsense)サービスを利用しています。

    Google を含む第三者配信事業者は、Cookie を使用して、ユーザーのウェブサイトでの閲覧履歴に基づく広告を配信します。 Google 広告 Cookie を使用することにより、Google や Google のパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づく広告をユーザーに表示できます。

    収集された情報がGoogleによってどの様に使用されるか、収集される情報をユーザーが管理する方法については、以下のリンクを参照下さい。

    ポリシーと規約 - Google