スポンサーリンク

T.Ishii's Software Library

HTML5 レトロ風ゲーム館

無料ブログはココログ

« 多分、MJPEGにも対応 | トップページ | 後は作るだけだが »

「羽生バイト」とか

今日は時事ネタにするのだが、巷では、「羽生バイト」というのが流行っている様だ。詳細については、Yahooニュースでも見てもらいたいのだが、ネットでは、普通にトレンドの捏造が行われている、という事だ。TVでも、NHKが、こんな事をやっていた様なのだが。

Google検索で、「羽生 キモい」を検索すると、山のような記事がヒットするのだが、「羽生バイト」というのは、そういったキーワードを含めて記事を書けばお金が貰える、というモノの様なので、作者的にも、オリンピックで金メダルをとった現役日本人スポーツマン、というか、ある意味、日本の英雄である所の羽生氏に対するバッシングが、何故ここまで多いのか、というのが、判った様な気がした訳だ。

で、このブログを昔から見ている人なら判っていると思うのだが、作者がAndroidだとかiOS用にアプリを開発したがらないのは、Google PlayストアにアップロードしたAndroid用MasterReversiに対して、同業他社によると思われる酷いコメントがついたりしたからなのだが、実際の所、そういったコメントが同業他社からのネガキャン用コメントだ、なんて事は、事情に通じた一部の人にしか判らない訳だ。

逆に、ポジティブなコメントについても、「羽生バイト」の様に、アルバイトを募集して書かれたりする事が多く、そういった高評価コメントによってその商品を宣伝する事は「ブースト」と、呼ばれたりしている訳だ。

で、最近は、そういった行為は、どこでも、普通になってしまったので、作者的にも、以前はフリー版ソフトを多数登録していたVectorでも、コメント欄でネガキャンされる時代になってしまったので、作者的には、Vectorについては、ユーザーからのコメントを禁止しつつ、シェアレジは使いたいのでシェアウェアだけは残して、フリー版ソフトは撤収してしまった訳だ。

と、言うことで、作者的には、個人で活動しているので、上記のような組織的なネガキャンにあってしまうと、太刀打ちできないのが口惜しい訳なのだが、羽生氏クラスになると、流石に、そういった不正行為が行われている、という事がYahooニュースに取り上げられるので、ネガキャンをしている組織的には、逆効果になったりもしているかもしれない。

何故なら、巷には、実際に、羽生氏をキモいと思ってTwitter等に書込みをしていた人達もいたかもしれないのだが、上記の様な記事が掲載されてしまうと、そういった本心を書き込んでいた人の意見まで、捏造で、その人は嘘の書込みをした誹謗中傷者、という事になってしまうからだ。

そういう見方をすれば、今回の事件は、実際には、羽生氏を応援したい側の人達が、巷に溢れている羽生氏に対するネガティブコメントを無効化するために、でっちあげた事件、という可能性も考えられるのだが、そうである証拠はないので、そうかもしれない、とは思っても、ネットに山のようにある羽生氏に対するネガティブコメントの効力は、低下する事にはなる筈だ。

と、言うことで、巷には、清く正しく、ない行為が氾濫しているのだが、美しい国のまっとうな国民がそんな事をする訳はないので、こういった汚い行為をやっているのは、某国人か、その在日人に決まっている、なんて話が出てくるのも致し方ないのかもしれない。

で、冒頭にリンクを貼ったのだが、巷では、NHKが、また、捏造報道をやった、という事で盛り上がっているのだが、作者的には、それが捏造なのか否かについては判らない。しかし、この時期に、こんな内容の放送をするのは、明らかに、問題あり、だとは思った訳だ。

もっとも、NHK的にも、こんな放送をしたら、ネットで炎上する事は百も承知だった筈だ。にも関わらず、こんな放送をやった、というのは、それだけ、某国も、色々な意味で、追い込まれてきている、という事なのかもしれない。

« 多分、MJPEGにも対応 | トップページ | 後は作るだけだが »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

広告

プライバシーポリシー

  • 当サイトでは、第三者配信による広告(Google Adsense)サービスを利用しています。

    Google を含む第三者配信事業者は、Cookie を使用して、ユーザーのウェブサイトでの閲覧履歴に基づく広告を配信します。 Google 広告 Cookie を使用することにより、Google や Google のパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づく広告をユーザーに表示できます。

    収集された情報がGoogleによってどの様に使用されるか、収集される情報をユーザーが管理する方法については、以下のリンクを参照下さい。

    ポリシーと規約 - Google