スポンサーリンク

T.Ishii's Software Library

HTML5 レトロ風ゲーム館

無料ブログはココログ

« どう仕上げようかと | トップページ | 環境によっては画像が異なる »

需要は無いこともない?

ここ数日、YouTubeの動画に表示される広告を画像認識結果からスキップさせるプログラムを作ってみているのだが、こんなモノを公開してもなあ、という所もあって、ネットで調べてみた所、似たような機能のプログラムに対するクレームを見つけた。

今現在、作者の手元にあるプログラムは、YouTubeの動画に表示されるオーバーレイ広告と動画広告を自動的にクローズする様になっているのだが、これは、何度か書いたように、例えば、デュアルモニター構成にしてあるメインマシンでは、サブモニター側でYouTube動画を視聴しつつ、メインモニター側で何か作業をしている場合もあるのだが、特に、こういう状況では、YouTube動画の広告をスキップするためにマウスカーソルを移動するのが面倒だからだ。

で、これも既に紹介したのだが、YouTubeの広告が表示されない様にするのは簡単で、「Adblock Plus」なんかの、広告ブロック用のプラグインをブラウザの拡張機能に追加すれば、YouTubeの動画に広告は表示されなくなる。

と、言うことなので、現在開発中のプログラムの立場は微妙になる訳だ。

つまり、広告を見たくないなら、広告ブロック系の拡張機能を追加インストールすれば済む話なので、逆に言えば、現在開発中のプログラムというのは、広告を見たい人向けのソフトにしないと、辻褄が合わなくなる訳だ。

なので、現在開発中のソフト的には、広告が表示されたら、即刻、スキップする、みたいな機能をメインにするのも変な話になるので、作者的には、広告のスキップボタンを認識し、そのボタンを押すか押さないかは、ユーザーのキーボード操作に委ねる、みたいな方向性を基本にしようか、と、思ったりした訳だ。

もっとも、YouTubeには、色々とキーボード・ショートカットはある訳なので、ひょっとしたら、広告のスキップ用にもショートカットがあるのかなあ、と、「YouTube 広告 ショートカット」で、Google検索してみた所、「Yahoo知恵袋 」なんかの書込みがヒットし、その内容からすると、やはり、そんなショートカットは存在しない様だった。

ただし、上記の検索結果としては、より上位に、以下のブログ記事がヒットした。

YouTubeの広告をESCキーで消せるChrome拡張機能「ESC Youtube AD」を作ってみた

で、その拡張機能はchrome ウェブストア に登録されていたのだが、そのレビューを見てみると、殆ど機能しない、みたいな内容ばかりだった。

もっとも、作者的には、こういったレビューは、アンチによるネガキャンの可能性を想定するので、基本的には、信用しない。

なので、実際に作者自身で試してみたのだが、Ubuntu18.04LTSとWindows10とmacOSのChromeで試してみた所、何れの環境でも、全く、機能しなかった。

と、言うことなのだが、Chrome ウェブストアの情報によれば、この拡張機能が公開されたのは2年と少し前で、ユーザー数は317人いる事になっていて、前述のレビューは5件しかないのだが、それらは全て、2019年になってから書き込まれている訳だ。

このため、作者的には実際の所は判らないのだが、去年までは、マトモに動作していた可能性もあって、少なくとも、「このデベロッパーの他のアイテム」を見てみると、ユーザー数が44,639人いる他の拡張機能については、同様に、最近になって全く使えなくなりました、みたいなレビューがあるものの、少なくとも、昔は使えていた様なレビューになっていた。

まあ、何れにしても、上記の作者の他の拡張機能には、44,639人のユーザーがいるのに対して、「ESC Youtube AD」には、317人のユーザーしかいない、という事は、こういった機能には、大した需要がない、とも言えるかもしれないのだが、とりあえず、動作しないプログラムに対してクレームが上がってくる、という事は、こういう機能が欲しい人もいない事はない、とは言えるかもしれない訳だ。

と、言うことなので、作者的にも、キーボード・ショートカットでYouTubeの広告をスキップできるプログラム、みたいな格好で、プログラムを公開しようかなあ、と、思ったりもしているのだが、YouTubeというのは、登録商標の筈な訳だ。

なので、当然の事ながら、YouTubeブランドの使用について 、みたいな話になっているのだが、作者的には、Googleの許可をとってまで、プログラム名にYouTubeという名称は使いたくない訳だ。

このため、プログラムの名称にYouTubeは入れられないので、プログラムの名称は、例えば、TiMovieAdSkipperみたいな一般名にする事になる筈なのだが、そうすると、ニコニコ動画なんかの他の動画に表示される広告がスキップできないのはどういう事だ、みたいな話にも成りかねない。

なので、ニコニコ動画も、最近は、ユーザー登録しなくても視聴可能になったので、作者的にも視聴できるので、こちらに表示される広告についても、スキップできるようにしようかなあ、と、思ったりもしている今日この頃だ。

ちなみに、上記のレビューを見ていると、他人事ながら、気分が悪くなってきた。

まあ、実際に、マトモに機能しないのだから、機能しない、と、レビューされても仕方ない所はあるのだが、もう少し、言いようがある様な気もする訳だ。

つまり、最新のレビューは以下の様になっている。

Esc押しても消すこともスキップすることも出来ません、何の機能も追加されてないので信用できないです

上記のレビューは、普通に文章を解釈できる人なら、この拡張機能はウイルスかもしれないぞ!、と、警告している様に読める筈なのだが、作者的には、そういう過激な書き方をする事で、この拡張機能の作者を焦らせて対応せざるを得なくしてやる、みたいな作為を感じてしまう訳だ。

つまり、作者的には、そういう姑息さが見えてしまう分、こういうレビューを見ていると気分が悪くなるので、今現在開発しているソフトについても、少なくともフリーソフト扱いでの一般公開は、やめようかなあ、と、思ってしまった今日この頃だ。

« どう仕上げようかと | トップページ | 環境によっては画像が異なる »

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

広告

プライバシーポリシー

  • 当サイトでは、第三者配信による広告(Google Adsense)サービスを利用しています。

    Google を含む第三者配信事業者は、Cookie を使用して、ユーザーのウェブサイトでの閲覧履歴に基づく広告を配信します。 Google 広告 Cookie を使用することにより、Google や Google のパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づく広告をユーザーに表示できます。

    収集された情報がGoogleによってどの様に使用されるか、収集される情報をユーザーが管理する方法については、以下のリンクを参照下さい。

    ポリシーと規約 - Google