スポンサーリンク

T.Ishii's Software Library

HTML5 レトロ風ゲーム館

無料ブログはココログ

« 環境によっては画像が異なる | トップページ | その他の開発も鑑みつつ »

もう少し膨らませようかと

ここ数日、YouTubeの動画に表示される広告を画像認識結果からスキップさせるプログラムを作っていて、実用化は可能な感じなのだが、流石に、これだけの単機能プログラムを一般公開するのは憚られる。なので、もう少しアイデアを膨らませようかと思ったりもしている。

今現在、開発しているプログラムは、TiDesktopRecorderを変更して動作確認しているのだが、最終的には、録画機能は入れない予定だ。

これは何故なのか、というと、YouTubeの動画を録画したい場合には、広告をスキップしたりするのではなく、ブラウザにAdblock系の拡張機能を追加インストールした状態で動画を再生ざせた方が、一切、広告は表示されないので、望ましい筈だからだ。

つまり、敢えて、広告を表示させつつ、それをプログラムで自動的にスキップさせつつ録画を行う、なんてのは、まあ、Adblock系ソフトが違法ソフトと認定されたり、YouTubeの利用規約で使用禁止されない限り、あまりお勧めできる方法でもないので、作者的には、そういった用途は想定しない事にした訳だ。

それでは、どういう使われ方を想定しているのか、というと、既に書いたように、どんな広告が表示されるのか、みたいな事も情報の内、という事で、広告表示はブロックせずにYouTubeの動画を見る人が、表示された広告を数秒見てから、続きを見る必要がない、と、思った時に、広告をスキップするマウス操作の代用として使われる様な、使われ方を想定している。

と、言うことで、かなり前に書いたように、作者はイヤホンが嫌いなのだが、その理由は、外界の状況が把握できなくなるので、不安になるからだ。同様に、広告表示をブロックしてしまうと、本来表示されている広告が表示されなくなる訳なので、普通に、不安になる人もいるかもしれないので、広告をブロックせずに、操作性を向上させるプログラムというのもあって良い筈なのだが、操作性を向上させるプログラム、というのであれば、もう少し、機能を増やしても良いかもしれない訳だ。

例えば、YouTubeの動画プレイヤーは、ショートカットキーで、前後数秒の位置に素早く移動出来るのだが、これをやるためには、YouTubeで動画を再生しているブラウザをマウスで選択して、キーボード操作しなければならない。

まあ、YouTubeを全画面表示で見ているだけ、という場合には、大した作業でも無いのだが、作者の様に、デュアルディスプレイ環境で、サブモニター側でYouTubeを再生しておき、メインモニター側で何かの作業をしている様な場合には、これはこれで、面倒な操作になる訳だ。

なので、例えば、YouTubeの動画を再生しているブラウザにフォーカスを移動しなくても利用可能なショートカットを追加したりすると、より便利になる筈だし、キーボードを使いたくない状況も多々ある筈なので、そういう場合には、YouTubeの動画プレイヤーの画面上に新たにオーバーレイ表示でスキップボタンを追加したり、メインモニター側に、マウス操作可能なコントローラーダイアログを表示し、それで操作可能にするのも便利かもしれない。

更に言えば、PCの大画面でYouTubeを再生しつつ、机から離れた寝床なんかで見ている様な場合には、ワイヤレスキーボードだとかマウスを寝床に持っていくのも大変なので、スマホやタブレットから、YouTube動画の再生をコントロールしたくなるかもしれない。

なので、YouTubeプレイヤーの操作をコントロール可能にするダイアログというのは、リモート操作可能にすると、より便利な筈なのだが、こういったプログラムは、作者的には、作る気になれば作れるのだが、作ってもお金にならないのなら、作る気にはならない訳だ。

つまり、よく書いている様に、作者的には、労多くして益少しな事はしたくない訳なのだが、リモート操作可能にする、という部分については、かねてから、Mirror-DTCサーバーの拡張機能として、そういった、リモートアプリをサポートしたいかなあ、というのはあった。

そして、Mirror-DTCは、既に、シェアウェア化した訳なので、プレミアム機能として、こういった機能を追加するのも良いかもしれない訳だ。

具体的には、YouTubeに限らず、巷には、作者も契約していたりするNetflixだとかの動画サービスがあり、こういった動画は、スマホなんかで見るよりは、より大画面のPCで見たい筈なのだが、PCで動画を見る場合には、前述の様に、机から離れた場合の操作性が問題になるので、そういった問題を軽減するためのソフトというのもあって良いかもしれない、と、考えたりもする訳だ。

まあ、作者的には、現状では、そのために、動画を再生しているPCは、寝床に置いてあるNexus9かMacBook Late2009から、Mirror-DTC経由で操作しているのだが、専用機器である所の、所謂、リモコンと比べると、操作が面倒になる場合はある。

と、言うことで、動画プレイヤーのリモコンアプリを作成し、それをMirror-DTCプロトコルで利用可能にすると、Mirror-DTCクライアントの需要も増えるかもしれない事を鑑みると、作者的には、どうせやるなら、そこまでやろうかなあ、と、思い始めている今日この頃だ。

ちなみに、少し前に、広告スキップ機能は、ニコニコ動画のプレイヤーにも対応させようか、と、書いていたのだが、ニコニコ動画にアップされていた幾つかの動画を見てみた所、YouTubeの動画とは違って、殆ど、広告は表示されなかったし、表示された広告も、動画コンテンツの再生前に表示されるモノのみだった。

つまり、ニコニコ動画に広告をスキップさせる機能を対応させても、殆ど、役には立たなそうだし、このブログをずっと前から見ている人なら判っている筈なのだが、作者は、元々、ニコニコ動画に会員登録はしていないので、ニコニコ動画が全盛期だった頃には、一切、見ていなかった訳だ。

で、そうこうする内に、YouTubeでは動画投稿者が広告収入を得られる様になったので、元々、ニコニコ動画に動画を投稿していた人達の中にも、YouTubeに鞍替えする人が増えた。その影響もあり、ネットの書込みを見ていても、今では、ニコニコ動画はオワコン扱いになっている。

まあ、昨今のYouTubeの収益剥奪化の状況を見ていると、ニコニコ動画も、再度、広範なクリエーターと、その動画を見たい視聴者が集まる人気サイトに返り咲く可能性もあるかもしれないのだが、前述の様に、オワコンであるかないかは別にして、現状では、広告スキップ機能を対応させても、殆どメリットはないので、ニコニコ動画に対応させるのはヤメにした訳だ。

で、その他の動画サービスである所のGYAO!だとかAmebaTVなんかも見てみたのだが、これらでは、そもそも広告がスキップできない様になっているので、プログラム的にどうこうできる話でもなかった。

更に言えば、作者的には、そういった動画サービスは使っていないので、やはり、広告のスキップ機能については、相手にするのはYouTubeだけにして、それ以外の動画サービスで操作性を向上させるのなら、Netflixだけかなあ、という感じだ。

« 環境によっては画像が異なる | トップページ | その他の開発も鑑みつつ »

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

広告

プライバシーポリシー

  • 当サイトでは、第三者配信による広告(Google Adsense)サービスを利用しています。

    Google を含む第三者配信事業者は、Cookie を使用して、ユーザーのウェブサイトでの閲覧履歴に基づく広告を配信します。 Google 広告 Cookie を使用することにより、Google や Google のパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づく広告をユーザーに表示できます。

    収集された情報がGoogleによってどの様に使用されるか、収集される情報をユーザーが管理する方法については、以下のリンクを参照下さい。

    ポリシーと規約 - Google