スポンサーリンク

T.Ishii's Software Library

HTML5 レトロ風ゲーム館

無料ブログはココログ

« サーバーのDLL化は問題無し | トップページ | DLLで単純サーバーは動作 »

最近のYouTubeは広告が出ない

今は、Mirror-DTCの次バージョンに搭載しようとしているリモートアプリ機能用に色々と作業をしているのだが、ここの所、作業中にYouTubeを見ていても、殆ど、広告は表示されなくなった。その分、作業は捗るのだが・・・

少し前に書いた様に、少なくとも、PCでYouTubeを見る場合には、「Adblock Plus」の様な、広告をブロックするブラウザのプラグインをインストールすれば、何の問題も無く、広告を非表示に出来る。

なので、既に、そうしている人も多いかもしれないのだが、作者的には、広告も情報の内、という事で、広告をブロックしたりはしていないのだが、ここの所、YouTubeを見ていても、広告が表示されないなあ、という動画が多くを占める様になった訳だ。

その原因としては、例えば、このブログでも何回か取り上げた、作者が良く見ているチャンネルである所の「世界ゆっくり紀行」だとか「歴史ゆっくり紀行」だとか「マルコカパック」は収益化剥奪されたので、広告が表示されなくなったからだ。

つまり、ここの所、YouTubeを見ていても広告が表示されなくなったのは、作者が見るチャンネルの多くで収益化の権利が剥奪された結果になるのだが、今日、こんな記事を書いているのは、ここの所、「マルコカパック」さんの動画内容が、結構、弾けていたのだが、今日は、以下の様な動画がアップされていたからだ。

ゆっくり漫談

で、上記の動画で語られているチャンネルというのは、多分、前述の「世界ゆっくり紀行」と「歴史ゆっくり紀行」の話になるか、と、作者的には思われるのだが、上記を受け、今現在、どんな感じになっているのか、というのをYouTubeで検索してみると両チャンネル共に無くなっていた。

もっとも、「世界じっくり紀行」と「歴史じっくり紀行」という名称のチャンネルはあった。そして、「歴史じっくり紀行」の最新動画としては以下がアップされていた訳だ。

皆さまへのお知らせ

上記によると、チャンネルの名称を変更したのは、既に「ゆっくり」動画ではないにも関わらず、「ゆっくり紀行」という名前のままにしている事が、視聴者に誤解を与える、という事で、YouTubeの規約違反になるかも?、と、判断した結果の様なのだが、常識的に、そんな事はあり得ない訳だ。

何故なら、「ゆっくり」というのは、世間一般では、「ゆっくり動画」のゆっくりを指す言葉ではないからで、もし、そんな事を理由にして規約違反だ、なんて事を言っているのだとすれば、日本のYouTube運営者は非常識な人達、という事にはなるだろう。

しかしまあ、そんな事まで疑わざるを得ない状況になるくらい、ここの所のYouTubeの収益剥奪は酷い状況になっている訳だ。

で、世間一般で言われている見方としては、YouTube的には、最初から、まずは、収益化を餌にして動画を作成/アップロードさせ、十分なくらい動画がアップされたら、収益化は剥奪してしまおう、という事にしていたのかもしれない訳だ。

つまり、動画を作成/アップロードする手間は大きいのだが、一旦、アップロードしてしまえば、後は、手間はかからないので、アップロード後に収益を剥奪してしまっても、アップロードされた動画はそのまま残される筈なので、YouTube的には、そうやった方が、無料でコンテンツを掲載できる様になるので、お得、という訳だ。

もっとも、YouTube自体の収益も、広告収入になる訳なので、そんな収益を剥奪された動画ばかり見られると、YouTubeの運営も、成り立たなくなるので、YouTube的には、広告が付かない上記の様なコンテンツで集客しつつ、偶には、広告が付く、普通のYouTuberなんかの動画も見てもらわないと困る状況ではあるかもしれない。

しかし、少なくとも作者的には、最近は、既に飽きてしまったので、普通のYouTuberの動画は以前にもまして見なくなってきているし、NetflixやApple Musicと契約してあるので、過去のTV番組を録画した様な著作権侵害動画や音楽なんかについても、罪悪感を感じつつ見たり聞いたりする必要も無くなっている訳だ。

もっとも、今時のTV番組とは違って、大昔のTV番組のスペシャル企画なんかの中には、勉強になったりするモノも多々あるので、そういった番組については、Google Playなんかで有料の公式版を提供してもらいたい今日この頃ではある。

ちなみに、上記の通りなので、そろそろ、YouTubeの運営も厳しくなってきている感じなのだが、収益化を剥奪された動画チャネルとしては、Googleを抜きにして、独自に広告枠を持つ事も可能ではないだろうか?

具体的には、例えば、作者的には、AmuseGraphicsのレジストキー売り上げは、まあまあ、の状況なのだが、Mirror-DTC / MasterReversi / TiExtenderについては、何とかしたい所な訳だ。

しかし、こういったソフトについては、一般に向けて普通に宣伝してみても効率は悪いかもしれない訳だ。

何故なら、結構、マニアックなソフトになるからなのだが、例えば、マルコカパックさんなんかの動画の中で、「作者も売り上げが少なくて困っているらしいのでXXXのレジストキーは、是非、買ってやってくれ」、みたいな一言二言と共に、概要欄にそれらのホームページへのリンクを埋め込んでくれれば、1万円くらいなら、出せない事もない訳だ。

と、いう事で、収益を剥奪された動画については、上記の様な案件を独自に募集してみて、案件が集まらなかったり、割に合わない、という事になれば、いっその事、YouTubeからは動画を削除してしまうのが、YouTubeの運営に対して行える最大の報復になるかもしれない。

« サーバーのDLL化は問題無し | トップページ | DLLで単純サーバーは動作 »

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

広告

プライバシーポリシー

  • 当サイトでは、第三者配信による広告(Google Adsense)サービスを利用しています。

    Google を含む第三者配信事業者は、Cookie を使用して、ユーザーのウェブサイトでの閲覧履歴に基づく広告を配信します。 Google 広告 Cookie を使用することにより、Google や Google のパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づく広告をユーザーに表示できます。

    収集された情報がGoogleによってどの様に使用されるか、収集される情報をユーザーが管理する方法については、以下のリンクを参照下さい。

    ポリシーと規約 - Google