スポンサーリンク

T.Ishii's Software Library

HTML5 レトロ風ゲーム館

無料ブログはココログ

« 拡大鏡も動作した | トップページ | 高速スタートアップの問題だった »

「基本無料」扱いは終了

今は、Mirror-DTC Ver1.4.1の開発中で、今日はバイナリを完成させた上で、それらを纏めた配布パッケージを作成した。表題にした様に、「基本無料」扱いは終了させたので、Ver1.4.1からは、接続を1分以上持続させたい場合には、レジストキー登録が必須になる。

Ver1.4.1では、MCTransporterを新規ソフトとして追加し、既存ソフトの中では、クライアントに「静止画出力」/「拡大鏡」機能を追加した。

もっとも、サーバー側についても、Windows10で発生する不具合に対応するために、DTCServiceの変更が必要になったし、Webブラウザ等のテキストデータをクリップ転送出来る様にするために、MCSrvとMCSrvHelperにも変更が入っている。

更に、前述の不具合対応を行った事により、新たにWindows10で発生する可能性が出てきた別の不具合に対応する必要もあり、DTCService利用時のファイル転送時に表示しているダイアログについては、MCSrvHelper経由で表示する様に変更したので、実際の所、サーバー系についても、結構な変更作業を行った。

また、Windows10絡みの不具合以外にも、幾つかの不具合修正は行っていて、Ver1.4.1では、品質もそれなりに向上した。

と、いう事もあり、Ver1.4.1では、「基本無料」扱いは終了し、レジストキーが未登録時には、一律、接続時間は1分に制限する事にした。

その結果としては、全くダウンロードされなくなるかもしれないのだが、実際の所、1分もあれば、ちょっとした作業は行える筈だし、1分経ったからと言って、サーバーがクラッシュしたりする訳でもない。

つまり、1分経つと、接続は切断されるのだが、再度接続すれば、接続は可能なので、まあ、大規模なファイルの転送なんかは無理なのだが、それ以外の操作なら、1分毎に接続しなおす必要が出て来るので、不便ではあるものの、レジストキーを登録していなくても、出来ない事もない。

と、いう事で、「基本無料」扱いでは、殆ど、レジストキーは売れなかったので、Ver1.4.1からは、「基本無料」扱いはヤメる事にしたのだが、試用期間の制限は入れていないので、上記の様にすれば、レジストキーを登録しなくても、大体の事は出来る筈だ。

まあ、Mirror-DTC接続を使って、サーバーPCで再生している動画をクライアントPCで視聴する、みたいな使い方だと、1分毎に接続が切れるのでは、使いものにはならないかもしれないのだが、作者的には、そういう人には、素直にレジストキーを購入してもらいたい今日この頃だ。

ちなみに、今日、配布パッケージは作成したのだが、これから、この配布パッケージは作者環境にインストールして使いこむ事になる。

なので、明日のリリースはないのだが、README.txtの日付は、2019/07/01にしてあるので、何事も無ければ、来週の月曜か火曜には、作者のダウンロードサイトのWindows版Mirror-DTCはVer1.4.0からVer1.4.1に変更される事になる筈だ。

で、少し前の記事に、Ver1.4.0は「基本無料」版として、作者サイトでは残そうか、と、書いていたのだが、それもヤメる事にした。

つまり、Ver1.4.1がリリースされたら、フリー版当時のバイナリは当然として、「基本無料」扱いの現行のMirror-DTCも、新たにダウンロードする事は出来なくなる。

なので、どうしてもレジストキーは購入したくない、という人は、Ver1.4.1がリリースされるまでに、現行版をダウンロードしておくのが良いかもしれない。

現行版には、上記の様な不具合があるのだが、致命的という訳ではないので、使い続ける事は出来ない事もない筈だ。

もっとも、作者製ソフトは二次配布を禁止しているので、自分用をダウンロードして使い続ける分には勝手なのだが、そのバイナリを第三者に再配布するとライセンス違反になるので注意して欲しい。

« 拡大鏡も動作した | トップページ | 高速スタートアップの問題だった »

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

広告

プライバシーポリシー

  • 当サイトでは、第三者配信による広告(Google Adsense)サービスを利用しています。

    Google を含む第三者配信事業者は、Cookie を使用して、ユーザーのウェブサイトでの閲覧履歴に基づく広告を配信します。 Google 広告 Cookie を使用することにより、Google や Google のパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づく広告をユーザーに表示できます。

    収集された情報がGoogleによってどの様に使用されるか、収集される情報をユーザーが管理する方法については、以下のリンクを参照下さい。

    ポリシーと規約 - Google