スポンサーリンク

T.Ishii's Software Library

HTML5 レトロ風ゲーム館

無料ブログはココログ

« 何故、トランスポーターなのか | トップページ | Mirror-DTC本体等の変更を開始 »

Transporter for Windows Ver1.4.1を公開

レジストユーザー向け追加提供ソフトとして、Transporter for Windows Ver1.4.1を公開しました。このソフトを利用すると指定ウインドウをMirror-DTCクライアントに転送できるため、デュアルモニター化しなくても、PCの実質的な表示領域を増やせます。

本ソフトは、従来の簡易サーバーと同様に、「リモート接続の受付を開始」状態にすると各種OS(Windows/macOS/Ubuntu/Android)用のMirror-DTCクライアントから接続可能になります。

従来の簡易サーバーやDTCServiceが転送するのはデスクトップそのものであったに対し、本ソフトの転送対象はデスクトップ上の指定ウインドウになります。

転送対象としたウインドウ映像はMirror-DTCプロトコルに従ってネットワーク転送され、Mirror-DTCクライアントのウインドウ上に表示される様になり、デスクトップ上からは消えます。

このため、解像度が低いノートPCの利用時等、デスクトップを窮屈に感じる場合には、本ソフトを利用すれば、デスクトップ上の一部のウインドウを、実質的に、メインモニターからMirror-DTCクライアントが動作している機器のモニターに移動して表示できる様になるため、窮屈感を軽減できます。

転送されたウインドウのMirror-DTCクライアント上での表示位置は調整可能です。このため、複数ウインドウを転送対象とした場合にも、それらを適切な位置に並べて表示する事が可能です。

ただし、転送されたウインドウはMirror-DTCクライアント上では操作できません。このため、操作時には、一旦、通常のデスクトップに表示を戻す必要がありますが、転送対象としたウインドウは、アクティブ化されると自動的にデスクトップに戻り、非アクティブ化されると、また、Mirror-DTCクライアントに戻る様になっています。

上記の通り、Mirror-DTCクライアントが動作しているPCのモニターをサブモニター扱いとし、そこに一部のウインドウを表示する場合、デュアルモニター構成にする場合と比較すると、それらのウインドウをサブモニター側では操作できない、というデメリットは生じるものの、それらのウインドウをタスクバーでクリックする等の操作でアクティブ化するだけで、メインモニター上で操作可能とできるメリットもあります。

実際にMirror-DTCクライアントに転送されるのは、指定ウインドウを合成した仮想モニター画面で、その解像度は、デフォルト設定では、Transporterが動作しているPCのメイン画面と同じになっていますが、それ以外の解像度にも設定可能です。

また、仮想モニター画面の背景色は変更可能で、通常のデスクトップ背景と同様に、壁紙を張り付ける事もできます。

仮想モニター画面に転送したウインドウは、初期状態では、仮想モニター画面の左上に配置されますが、Mirror-DTCクライアントでのマウスドラッグ操作/本ソフトのメインダイアログ操作で移動可能です。

音声転送については、デフォルトでは行わない様になっていますが、設定を変更すれば、規定再生デバイスの音声を転送する事も可能です。

指定ウインドウ映像のキャプチャーは、従来のサーバーとは異なる手法で行っているため、転送可能な最高フレームレートは通常のサーバーよりも低くなります。

また、Windows7では、利用可能なAPIが異なるため、指定するウインドウによっては、ウインドウ映像のキャプチャーが正しく行えず、転送画像が乱れる場合があります。

上記の通り、従来のサーバーと比べると、若干の問題が発生するケースもありますが、検索結果が表示されたブラウザの画面を執筆中のテキストとは別画面に同時表示して見れる様にしたい、といったケース等では、手軽にMirror-DTCクライアントが動作するPC/Mac/Android端末をサブモニターとして使える格好になりますので、従来のサーバーとは異なる用途で便利に使えるケースも多々ある筈です。

なお、本ソフトはMirror-DTCのレジストユーザー向け追加提供ソフト扱いとなりますので、レジストキーを登録されていない環境では、接続時間が最大1分間に制限されます。

ただし、それ以外の制限はありませんので、レジストキーをまだ購入/登録されていない方でも、試用して機能/性能を確認する事が出来ます。

Mirror-DTC Transporter for Windowsは、以下のダウンロードページからダウンロードできます。

Mirror-DTC Transporter for Windows ダウンロードページ

- 起動直後に表示されるダイアログ -

Transporter1

- メインダイアログ -

  Transporter2

 

 

 

 

« 何故、トランスポーターなのか | トップページ | Mirror-DTC本体等の変更を開始 »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

広告

プライバシーポリシー

  • 当サイトでは、第三者配信による広告(Google Adsense)サービスを利用しています。

    Google を含む第三者配信事業者は、Cookie を使用して、ユーザーのウェブサイトでの閲覧履歴に基づく広告を配信します。 Google 広告 Cookie を使用することにより、Google や Google のパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づく広告をユーザーに表示できます。

    収集された情報がGoogleによってどの様に使用されるか、収集される情報をユーザーが管理する方法については、以下のリンクを参照下さい。

    ポリシーと規約 - Google