スポンサーリンク

T.Ishii's Software Library

HTML5 レトロ風ゲーム館

無料ブログはココログ

« 直前に変更を入れたので | トップページ | 次はMirror-DTC for Ubuntu »

Mirror-DTC Ver1.4.1を公開

Ver1.4.1では、トランスポーターを追加し、クライアントをサーバーのサブモニター代わりに使える様にすると共に、クライアントに「拡大鏡」機能を追加する事で低解像度画面のクライアントの利便性を向上しています。なお、本バージョンで「基本無料」扱いは終了させています。

トランスポーターは、簡易サーバーと同様に、プログラムを起動して各種設定後に、「リモート接続の受付を開始」させると、Mirror-DTC Cilentから接続可能な状態になります。

簡易サーバーの場合、Mirror-DTC Clientから接続されると、転送する画面はサーバーのモニター画面になりますが、トランスポーターの場合には、起動直後のダイアログで設定した解像度の仮想画面になります。

トランスポーターの仮想画面には、デスクトップ上のウインドウを指定し、それらを表示する事が出来ますので、結果的に、トランスポーターに接続するMirror-DTC Clientには、デスクトップ上の指定ウインドウが表示される格好になります。

トランスポーターの仮想画面に表示されるウインドウはデスクトップには表示されなくなります。このため、それらのウインドウはMirror-DTC Clientで表示させつつ、デスクトップは別用途で利用可能になります。

上記の通りですので、トランスポーターを利用すると、Mirror-DTC Clientを動作させるクライアントPCを、手軽に、サーバーPCのサブモニター代わりに使える様になります。

トランスポーターについては、新規性が高いソフトであったため、Ver1.4.1のリリース前に、先行リリースしていましたので、そのリリース記事である「Transporter for Windows Ver1.4.1を公開 」も参照して下さい。

Ver1.4.1では、上記の様なトランスポーターを新規開発し、同梱化しました。また、Ver1.4.0リリース後に開発し、Mirror-DTCのホームページで追加提供ソフトとして公開していた、TiClickEffector/TiKeyboardViewerについても、「ユーティリティ」として同梱化しました。

従来ソフトについては、クライアントに「静止画出力」/「拡大鏡」機能を追加しています。

「静止画出力」機能は、Ver1.4.0で追加した「録画」機能と同様に、クライアント画面の縮小状況に関わらず、転送されてきたサーバー画面データをそのサイズで出力するため、Mirror-DTC Clientを縮小表示で利用している様な場合にも、サーバー画面の確認用に使えます。

「拡大鏡」機能についても、クライアント画面の縮小状況に関わらず、マウスカーソル付近のサーバー映像を独自の倍率で別ウインドウ表示できますので、クライアント画面の解像度が低い場合等に利用すると利便性が向上する筈です。

サーバー側については、DTCService利用時、従来版では、サーバーのクリップボードからクライアントに転送可能なテキスト形式はメモ帳等で用いられる単純なテキスト形式に限られていましたが、Ver1.4.1では、Webブラウザに表示されるテキスト等、その他のテキスト形式についても転送可能にしています。

また、「サーバーからコピー」時に表示されるファイル転送関連のダイアログ表示についても見直ししており、DTCService利用時には、DTCService Helperをより積極的に利用する形態に変更した事から、ダイアログ表示時にタスクバーに表示されるアイコンも、従来のシステム権限ソフト用のアイコンから、DTCService Helperのアイコンに変更されます。

なお、従来版では、Windows10の最新版での利用時、起動直後のサインイン時には、DTCService Helperが起動しない為にサーバーからのファイル転送等が正常に行えない、という不具合が発生する様になっていましたが、Ver1.4.1では、この不具合は修正しています。

また、従来版では、クライアントの録画機能で、マウスカーソルの合成が正しく行われない場合がある不具合がありましたが、Ver1.4.1では、この不具合も修正しています。

Ver1.4.1では、その他の幾つかの改良/不具合修正も行っていますので、従来版ユーザーには、基本的には、バージョンアップをお勧めしますが、Ver1.4.1では、「基本無料」扱いを終了させましたので、従来版ではレジストキーを登録しなくても問題なく利用できた、基本機能だけを使ったサーバー操作時にも、レジストキーの登録がない場合には、約1分で接続が切断される様になっています。

上記の通り、本バージョンでは、長時間接続を維持したい場合には、レジストキーの登録が必須になっていますので、ご注意下さい。

Mirror-DTC Ver1.4.1は以下のMirror-DTCのホームページからダウンロードできます。

Mirror-DTCのホームページ

 

« 直前に変更を入れたので | トップページ | 次はMirror-DTC for Ubuntu »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

広告

プライバシーポリシー

  • 当サイトでは、第三者配信による広告(Google Adsense)サービスを利用しています。

    Google を含む第三者配信事業者は、Cookie を使用して、ユーザーのウェブサイトでの閲覧履歴に基づく広告を配信します。 Google 広告 Cookie を使用することにより、Google や Google のパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づく広告をユーザーに表示できます。

    収集された情報がGoogleによってどの様に使用されるか、収集される情報をユーザーが管理する方法については、以下のリンクを参照下さい。

    ポリシーと規約 - Google