スポンサーリンク

T.Ishii's Software Library

HTML5 レトロ風ゲーム館

無料ブログはココログ

« 他の方法も探しつつ | トップページ | 本題に戻った »

あと少しなんだが

今は、Mirror-DTC for Ubuntu Ver1.4.1の開発中で、今回の開発では、Windows版に続いてトランスポーターを追加する予定なので、ここ数日は、その関連開発を行っている。今日も、転送対象ウインドウを隠すもっと良い方法を試していたのだが。

ここの所、色々な確認を行ってきたので、Ubuntu環境でのウインドウに対する特殊操作にも慣れてきたのだが、特殊な事をやりたい場合には、大体は、ウインドウのプロパティを操作する事になる様だ。

で、ここの所の確認の結果、Ubuntu環境でも、他ソフトのウインドウを、透明化する事、タイトルバーを削除する事、マウス入力を受け付けなくする事、については、可能である事が確認できた。

つまり、トランスポーターで転送対象ウインドウを隠す場合には、そのウインドウのタイトルバーを削除しつつマウス入力を受けつけなくして、ウインドウ表示を透明化してしまえば、ユーザー的には、そのウインドウの存在を視認できなくなるし、同じデスクトップ上でマウス操作していても、そのウインドウに邪魔される事もなくなる。

と、言うことなので、問題はキーボードフォーカスだけになる。

Ubuntu環境でも、キーボードフォーカスは、アクティブウインドウが存在しなくなると、デスクトップ上に存在しているその次のウインドウに自動的に引き継がれてしまう格好になっている。

なので、トランスポーターが隠しているウインドウも、他ウインドウの状況によって、キーボードフォーカスを得てしまう場合があり、その場合には、マウス入力も復活したりしてしまうので、同じデスクトップ上での操作に支障をきたす事も出てくる訳だ。

Windows版でも、当初、似たような状況が発生したのだが、上記の自動的にキーボードフォーカスが渡されてしまう問題については、ウインドウの属性を変更する事で回避できた。

もっとも、Windows版でも、タスクバーのアイコンをクリックされたりすると、隠しているウインドウがアクティブ化され、キーボードフォーカスも得てしまったのだか、この場合には、積極的に隠していたウインドウを表示する様にする事で、逆に、転送対象ウインドウの操作を行いたくなった場合の利便性を向上させる事が出来た。

と、言うことで、Windows版に対して、Ubuntu版は、結構、近い事まで出来るようになっているのだが、前述の様に、Windows版とは違って、他ウインドウをクローズした様な場合に、自動的に付与されてしまうキーボードフォーカスを付与されなくする方法が見つからない状況だ。

なので、もう1日だけ、調査してみるつもりだ。

ちなみに、大してダウンロードされないUbuntu版ソフトに対して、ここまで開発に時間をかけるのは時間の無駄、みたいな所もあるかもしれないのだが、ここの所、調査しているような事項というのは、他ソフトを開発する時にも有用な事項になる筈な訳だ。

例えば、全てのウインドウを半透明化する事で、デスクトップ上に存在する全てのウインドウ位置を確認可能にしたり、一時的に、アクティブウインドウのマウス入力を禁止して、隠れているウインドウを操作したり、なんて事を可能にするソフトは簡単に開発可能になる訳だ。

まあ、そういうソフトを作ってみても、Ubuntu自体が普及しないのであれば、殆ど、意味はないかもしれないのだが、Windows7 / Windows8.1 / Windows10 / macOS / Ubuntuを使っている作者的には、ブログだとかホームページを扱うのであれば、FTP環境等が整っているUbuntuが一番使い勝手が良い。

もっとも、作者は大昔からMS Officeは嫌いなので使っていないし、PCゲームなんかもやらないので、そんな事が言えるのかもしれないのだが、大昔とは違って、Netflixなんかで有料動画も普通に見れるし、会計ソフトなんかもクラウドで動作する時代なのでOSは選ばない。

と、言うことを鑑みれば、まあ、iTunesの動作用にWindowsPCも必要かもしれないのだが、メインPCは、既に、Ubuntuで問題はない、という人も、巷には多い筈ではある。

つまり、Windows版に加え、Ubuntu版も普通に使えるMirror-DTCの潜在ユーザーも、増えてきている筈ではあるのだが。

« 他の方法も探しつつ | トップページ | 本題に戻った »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

広告

プライバシーポリシー

  • 当サイトでは、第三者配信による広告(Google Adsense)サービスを利用しています。

    Google を含む第三者配信事業者は、Cookie を使用して、ユーザーのウェブサイトでの閲覧履歴に基づく広告を配信します。 Google 広告 Cookie を使用することにより、Google や Google のパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づく広告をユーザーに表示できます。

    収集された情報がGoogleによってどの様に使用されるか、収集される情報をユーザーが管理する方法については、以下のリンクを参照下さい。

    ポリシーと規約 - Google