スポンサーリンク

T.Ishii's Software Library

HTML5 レトロ風ゲーム館

無料ブログはココログ

« 少し手こずったので | トップページ | Mirror-DTC for Ubuntu 1.4.1を公開 »

リリース準備も完了

今は、Mirror-DTC for Ubuntu Ver1.4.1の開発中で、一通りの開発は完了したので、配布パッケージを作成し、作者環境にインストールして動作確認していたのだが、何度か微修正し、作者的な問題は無くなったので、リリース準備完了だ。

作者的な問題、というのは微妙な書き方になるのだが、これは、Ubuntu版の場合、Windows版とは違って、他ウインドウが閉じられたりして、転送対象のウインドウにフォーカスの順番が回ってくると、デスクトップから消えていた転送対象ウインドウが自動的に表示されてしまう、という挙動があるからだ。

で、上記については、何とかならないモノか、と、色々とAPIを調査してみたのだが、何ともなりそうも無かったので、そういう仕様にしたモノなので、リリース前の検査でも、そういう現象は作者的には、問題とはしなかった訳だ。

しかし、上記の様な挙動は、転送対象にしたウインドウは、意図的に再表示しようとしない限りデスクトップからは消える、と、思っていてると、バグの様に感じるかもしれないし、実際、少し鬱陶しいかもしれない。

と、言うことで、仕様的には、少し、積み残しはあるのだが、上記については、例えば、転送対象ウインドウは作業用デスクトップ以外で起動する、みたいな運用形態にしておけば、作業用デスクトップでフォーカスを持つウインドウが無くなっても、デスクトップに自動的に表示される様な事はなくなるので、特に仮想デスクトップの利用が推奨されている感じのUbuntu18.04LTSでは、そういう運用にすれば、問題はなくなる筈だ。

同様の事は、Ubuntu16.04LTSについても言えるのだが、Ubuntu16.04LTSの場合には、デフォルトでは仮想デスクトップ機能はOffになっていて、有効にする場合には、「システム設定」-「外観」-「挙動」で、「ワークスペースを有効にする」をチェックする必要がある。

また、特別なツール等を使って設定しない場合、Ubuntu16.04LTSの仮想デスクトップは4個に固定されるし、実際の所としては、Ubuntu16.04LTSのワークスペースはUbuntu18.04LTSの仮想デスクトップとは構造自体が異なる。

具体的には、Ubuntu16.04LTSのワークスペースは、一つのデスクトップの解像度を大きくし、各ワークスペースでは、その一部のみを表示する事で、複数の作業スペースを確保している感じになる。

もっとも、ワークスペース上のウインドウが無くなった場合に、他のワークスペースにあるウインドウにフォーカスが移動する、なんて事はないので、Ubuntu版トランスポーターの上記の様な問題は、転送対象ウインドウを作業用のワークスペース以外で起動すれば回避できる、という点は同じだ。

と、言うことで、だったら、何も、転送対象ウインドウを、苦労して非表示状態にする必要も無かったかもしれないのだが、フォーカスを持たない限り非表示状態にはなる様にしておけば、作業用デスクトップで複数のウインドウを同時に扱う場合には便利だったりもする訳だ。

ちなみに、多分、もう問題は見つからない筈なので、Mirror-DTC for Ubuntu Ver1.4.1は明日、リリースする事になる筈だ。

その次は、macOS版の開発に移るのだが、macOSについては、次バージョンのベータ版が公開されているので、開発を始める前に、まず、それをインストールして動作確認してみる予定だ。

これは、もし、次バージョンで、作者製のmacOS用ソフトが動作しなくなっていた場合、何かしらの対応が必要になるので、問題は早期に見つけておきたいからだ。

なので、もし、問題が見つかった場合には、その対応を先に行う事になるかもしれない。

« 少し手こずったので | トップページ | Mirror-DTC for Ubuntu 1.4.1を公開 »

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

広告

プライバシーポリシー

  • 当サイトでは、第三者配信による広告(Google Adsense)サービスを利用しています。

    Google を含む第三者配信事業者は、Cookie を使用して、ユーザーのウェブサイトでの閲覧履歴に基づく広告を配信します。 Google 広告 Cookie を使用することにより、Google や Google のパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づく広告をユーザーに表示できます。

    収集された情報がGoogleによってどの様に使用されるか、収集される情報をユーザーが管理する方法については、以下のリンクを参照下さい。

    ポリシーと規約 - Google