スポンサーリンク

T.Ishii's Software Library

HTML5 レトロ風ゲーム館

無料ブログはココログ

« 自民は減で立憲は増 | トップページ | 少し手こずったので »

仕上げ作業に入った

今は、Mirror-DTC for Ubuntu Ver1.4.1の開発中で、今回の開発では、Windows版に続いてトランスポーターを追加する予定なので、ここ数日は、その関連開発を行っていたのだが、とりあえず、完成したので、仕上げ作業に入った。

Ubuntu版トランスポーターはWindows版トランスポーターからの移植ソフトになる。

なので、機能的にはほぼ同等なのだが、転送対象ウインドウとして選択したウインドウが意図せぬフォーカスを得てしまう場合については、Windows環境に存在する様なAPIが無い感じなので、仕様が異なる事になる。

具体的には、Windows版では、他ウインドウがクローズされた様な場合には、転送対象ウインドウが自動的にフォーカスを得てしまう事が無い様に、ウインドウの属性で制限を入れているのだが、Ubuntu版では、そういった属性は指定できない感じなので、そのままの扱いになっている。

つまり、デスクトップ上に複数のウインドウが存在し、転送対象ウインドウ以外がフォーカスを持っている状況で、そのウインドウが閉じられると、転送対象ウインドウがフォーカスを得てしまう。

で、そうなると、キー入力については、転送対象ウインドウに入力されてしまう格好になるので、その転送対象ウインドウを非表示状態のままにしておくと、意図しないキー入力を行ってしまう可能性が高くなるので、転送対象ウインドウがフォーカスを得てしまった場合には、そのウインドウを表示する格好になっている。

このため、Ubuntu版では、転送対象としたウインドウが、意図しないタイミングでデスクトップに表示されてしまう場合も出てくるので、元々は、トランスポーターダイアログに存在するボタンからフォーカスを与える場合を除き、転送対象ウインドウがフォーカスを得てしまった場合には、トランスポーターがデスクトップ自体にフォーカスを移動させる事で、この様な問題は発生しないようにしていた。

しかし、とりあえず、機能的には完成したので、使い込みを始めてみた所、上記の機能が入っていると、タスクバーにアイコンが表示されているにも関わらず、それをクリックしても転送対象ウインドウは表示されない格好になるので、違和感があった訳だ。

更に言えば、転送対象ウインドウを別デスクトップに置いた場合、タスクバーアイコンをクリックすると、まずは、そのウインドウが存在するデスクトップに移動するのだが、そこで、元々、認識していたデスクトップにフォーカスを移動する事になるので、また、デスクトップの移動が発生する格好になって、流石に、これは尋常ではない挙動、と、感じる事になった。

と、言うことなので、Ubuntu版でも、タスクバーアイコンをクリックすると、転送対象ウインドウが表示される様になる、という仕様の方を重要視する事にしたので、他ウインドウが閉じられたりした場合には、意図しないタイミングで、転送対象ウインドウが表示されてしまうケースも出てくる事になる。

もっとも、転送対象ウインドウを別デスクトップに置いておけば、デスクトップを移動しない限り、フォーカスの移動はないので、問題は発生しない。

なので、仮想デスクトップがデフォルトで採用されているUbuntu18.04LTSでは、転送対象ウインドウは別デスクトップで起動しておけば、上記の様な仕様は、殆ど、気にならないかもしれない。

Ubuntu16.04LTS環境での動作については、これから確認するので、まだ、どんな感じになるかは判っていないのだが、そもそも、トランスポーターは、狭いデスクトップで色々なソフトを同時動作させた上で、それらを同時表示させたい、というのが存在理由になるので、他にウインドウが存在しないのなら、転送対象ウインドウを表示させても、気分的に宜しくないかもしれない、という点を除けば、大した問題にはならない筈だ。

ちなみに、トランスポーターを動作させるためには、libmcsrv.soという共有ライブラリが必要になる。

で、今日の時点では、このファイルは、通常、共有ライブラリが置かれる事になっている/usr/libディレクトリに入れている。

なので、使用するにあたって、特別な設定は必要ない状況なのだが、リリース時には、実行ファイルと同じディレクトリに入れて使える様にする予定だ。

このため、実行ファイルと共有ライブラリファイル以外にも、何かしらのスクリプトファイル等も必要になりそうなのだが、今日の時点では、まだ、そういうファイルの準備は行えていない。

このため、リリースは水曜日以降になる筈なので、Ubuntu版の開発は、移植とはいえ、3週間はかかった事になる。

« 自民は減で立憲は増 | トップページ | 少し手こずったので »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

広告

プライバシーポリシー

  • 当サイトでは、第三者配信による広告(Google Adsense)サービスを利用しています。

    Google を含む第三者配信事業者は、Cookie を使用して、ユーザーのウェブサイトでの閲覧履歴に基づく広告を配信します。 Google 広告 Cookie を使用することにより、Google や Google のパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づく広告をユーザーに表示できます。

    収集された情報がGoogleによってどの様に使用されるか、収集される情報をユーザーが管理する方法については、以下のリンクを参照下さい。

    ポリシーと規約 - Google