スポンサーリンク

T.Ishii's Software Library

HTML5 レトロ風ゲーム館

無料ブログはココログ

« 有効期間の指定は可能に | トップページ | ウインドウ録画の問題 »

環境は整いつつある

今は、AmuseGraphics Ver1.4.1の開発フェーズで、macOS版AGMPlayerに引き続き、macOS版AG-ムービーカッターの変更作業中なのだが、今回の目玉である所のトランジション効果の追加機能の実装は大変なのだが、環境は整いつつある。

既に書いてきた様に、AG-ムービーカッター的には、二つの動画映像が重なり合う期間がある事を前提にするトランジション効果を実現するのは大変になるのだが、とりあえず、大変にならない様に、環境を整えてきている。

具体的には、まず、昨日の時点では、読み込んだ動画ファイルの全領域を使うのではなく、その動画の指定領域のみを一つの動画ファイル扱いにできる様にし、今日は、仮想的な動画ファイルを読み込んでいる動画ファイルの間に配置できるようにした。

トランジション効果は、この仮想的な動画ファイルの映像として出力する格好にする予定なのだが、その処理方式としては、この仮想的な動画ファイルを、AGM/AVFoundation動画と同等レベルで扱える様にした。

つまり、AG-ムービーカッター的には、自前処理関数で操作するAGM形式動画と、AVFoundationを使って操作する動画の両方で、同様の処理が行える様に、動画操作用には、よりマクロな処理関数を作成して使用しているので、前述の仮想的な動画ファイルについても、それ専用の処理関数を作成した。

なので、後は、この処理関数をチャンと作り込んで行けば良いだけなので、実装の難易度的には、かなり楽になったかもしれない。

と、言う事で、一見、大変そうな実装も、やり方によっては、それほどでも無くす事は可能なので、ソフトウェアでも、所謂、方式設計というのは、重要かもしれない。

ちなみに、作者的に、AG-ムービーカッターに欲しいかなあ、と、思っている機能はもう一つあって、それは、AG-Webカメラレコーダーにある様な、ズーム/パン機能だ。

現行のAG-ムービーカッターにも、トリミング機能はあるので、例えば、AG-デスクトップレコーダーで録画した動画ファイルの中で、特定のタイミングで、特定の画面領域を拡大したければ、その時間部分を分割し、その部分だけ、画面領域をトリミングし、その他の時間の動画部分と連結すれば、似た様な事は行えるのだが、拡大動作にはアニメーションが入らないのが宜しくない訳だ。

まあ、どうしても、そういう事をやりたい場合には、何度も書いてきている様に、AmuseGraphics本体に、その拡大したい時間とその前後分の動画を読み込み、順番に領域を変化させつつ、トリミング/サイズ変更を行い、その結果から動画ファイルを作成すれば良いのだが、そういう事を毎度毎度したいのか、というと、作者的にも、そんな面倒な事は出来ればやりたくはない訳だ。

そして、こういった効果の実現は、AG-ムービーカッター的には、既にトリミング機能がある事から、実は、内部処理的には、トランジション効果の実現ほど難しいという事はない。

もっとも、ユーザーにどうやって、そのズーム/パン指定を行わせるか、という部分は大変になるので、今回は、見送るかもしれないのだが、今週中に、トランジション効果が実現できる様なら、このズーム/パン機能についても、何とかしてみようか、と、鑑みている今日この頃だ。

« 有効期間の指定は可能に | トップページ | ウインドウ録画の問題 »

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

広告

プライバシーポリシー

  • 当サイトでは、第三者配信による広告(Google Adsense)サービスを利用しています。

    Google を含む第三者配信事業者は、Cookie を使用して、ユーザーのウェブサイトでの閲覧履歴に基づく広告を配信します。 Google 広告 Cookie を使用することにより、Google や Google のパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づく広告をユーザーに表示できます。

    収集された情報がGoogleによってどの様に使用されるか、収集される情報をユーザーが管理する方法については、以下のリンクを参照下さい。

    ポリシーと規約 - Google