スポンサーリンク

T.Ishii's Software Library

HTML5 レトロ風ゲーム館

無料ブログはココログ

« 逆再生/速度変更出力も | トップページ | 既存機能にも手を入れる!? »

後は、UIを完成させるのみ

今は、AmuseGraphics Ver1.4.1の開発フェーズで、macOS版AGMPlayerに続き、macOS版AG-ムービーカッターの変更作業中で、今回は、巷の動画編集ソフトにある様な色々な機能を追加している。既に内部処理の実装は終わったので、後はUIのみだ。

ここの所書いてきた様に、AG-ムービーカッター Ver1.4.1には、トランジション効果の追加機能/ズーム・パン機能/逆再生出力機能/速度変更出力機能を追加するのだが、今日の時点で、内部処理としては、これらの全てが動作する様になっている。

つまり、コード内でパラメータを指定してやれば、動作するのだが、専用のUIはまだ完成させていないので、リリースするためには、UIを完成させる必要がある。

で、昨日は、実装が大変になるので、速度変更機能用にはピッチ変更機能は入れない、みたいな事を書いていたのだが、少し調べてみた所、音声ファイルの加工用に、既に、ピッチ変更機能は実装してあったので、内部処理的には、それ関連のコードを少し持ってくるだけで、実装できる事がわかった。

なので、速度変更機能では、ピッチ変更も、選択可能にする事にしたのだが、iMovieの逆再生機能では、速度変更も可能なので、AG-ムービーカッターの逆再生機能についても、速度変更も可能にした。

で、速度変更機能用の設定については、元々は、エンコーダーの設定ダイアログに追加しようか、と、思っていたのだが、それでは、折角の新機能が目立たないし、実際の所、macOS版はまだしも、Windows版の事も考えると、エンコーダーの種類が多いので、その設定ダイアログに設定を入れる事にすると、コーディングも大変になる。

まあ、それ以前に、iMovieでも、速度変更機能は、動画演出の一つとして使う事を想定している感じなので、エンコーダー設定で速度を設定するのは場違いな感じもした訳だ。

と、いう事なので、速度変更機能は、エンコード時に毎回設定ダイアログを表示して設定する格好にする事にした。

で、macOS版では、現行版でも、エンコード出力の形式を選択するために、エンコード時には、毎回、ダイアログ表示しているので、そのダイアログに設定を追加する事にするのだが、Windows / Ubuntu版の現行版には、そういったダイアログはない。

しかし、実際の所、あった方が判りやすいし、ユーザー体験的にも、こういうダイアログがあった方が、多分、リッチ感も増す筈なので、Windows / Ubuntu版でも、Ver1.4.1以降は、macOS版の様な、ダイアログをエンコード出力時には表示する格好にする予定だ。

で、逆再生出力機能は、現行版の「動画 - [無劣化]」と同列扱いにするので、同様のメニューとして「動画 - [逆再生出力]」を追加する。

そして、トランジション効果の追加機能については、「ファイル」メニューに「ファイルを追加」と同列のメニューとして追加し、そのメニューが実行されると、現在の表示ファイルとその次のファイルの間にトランジション効果を入れる。

トランジション効果の詳細については、前述のメニュー実行時に設定用のダイアログを表示して指定させる格好にするのだが、設定は、効果の種類とトランジション時間のみなので、トランジョン効果の追加は簡単に行える。

で、問題は、ズーム・パン機能になるのだが、これについては、現行版にある「合成映像の追加」/「合成映像の管理」と同列の扱いでメニューに追加する。

つまり、こちらについては、追加した後、設定の変更も可能にするのだが、これは、トランジション効果はファイル扱いなので、その期間に移動すれば、ファイル削除と同様の操作で削除できるのだが、こちらについては、そういう芸当ができないからだ。

と、いう事で、UIについても、既に、具体的にどうするか、というのは決定したのだが、作業的には、それなりに大変な所もあるので、まあ、完成するのは、来週早々、くらいになるかもしれない。

ちなみに、このブログを真面目に見てきている人は、作者的には、自前ソフトだけで、ゆっくり動画の様な動画を作れる体制に持って行きたい、みたいな事を書いていたのを覚えているかもしれない。

で、今回の機能強化で、AG-ムービーカッターは、結構、強力になるのだが、だからといって、ゆっくり動画の様な動画が作れる体制にはならない。

これは、作者的には、AG-ムービーカッターを、汎用的に使える動画編集ソフトとして位置付けているので、例えば、口パクアニメーションなんかについては、AG-ムービーカッターで作れる様にしようとは考えていないからだ。

と、いう事なので、AG-ムービーカッター Ver1.4.1がリリースされても、ゆっくり動画の様な動画が作れる様にはならないのだが、作者的には、口パクアニメーションの様な動画素材は、AmuseGraphics本体を使えば、それなりに作れる様にしたいと考えている。

なので、AmuseGraphics本体の次バージョンには、プログラムインタフェースとまではいかなくても、素材の静止画を使って、動きのある動画を作れる様な、何らかの仕組みを追加する予定だ。

« 逆再生/速度変更出力も | トップページ | 既存機能にも手を入れる!? »

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

広告

プライバシーポリシー

  • 当サイトでは、第三者配信による広告(Google Adsense)サービスを利用しています。

    Google を含む第三者配信事業者は、Cookie を使用して、ユーザーのウェブサイトでの閲覧履歴に基づく広告を配信します。 Google 広告 Cookie を使用することにより、Google や Google のパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づく広告をユーザーに表示できます。

    収集された情報がGoogleによってどの様に使用されるか、収集される情報をユーザーが管理する方法については、以下のリンクを参照下さい。

    ポリシーと規約 - Google