スポンサーリンク

T.Ishii's Software Library

HTML5 レトロ風ゲーム館

無料ブログはココログ

« ウインドウ録画の問題 | トップページ | 来週中には完成させたい »

土台作りはほぼOk

今は、AmuseGraphics Ver1.4.1の開発フェーズなのだが、macOS Catalinaの正式リリース前にTiExtenderを更新しておきたいので、それにも同梱しているmacOS版の更新を先に行っている。AG-ムービーカッターについても、変更用の土台作りはほぼOkな感じだ。

変更用の土台作り、というのはどういうモノなのか、というと、既に書いてきた様に、現行のAG-ムービーカッターでは、ベースとなる動画ファイルは時間順に並べて使う事は出来るのだが、それらを時間的に重複させる事は出来ないので、まずは、それが出来る様にしてみている、という事になる。

具体的には、今回の変更で追加したいと思っているトランジション効果というのは、例えば、Aというファイルをフェードアウトさせながら、Bというファイルをフェードインさせる事で、動画の切り替えをスムーズに行おうとするモノなので、Aというファイルの最後の部分と、Bというファイルの最初の部分は、同時に画面表示/エンコード出力できないといけない訳だ。

つまり、トランジション効果部分では、それらは時間的に重複させて扱う必要が生じるのだが、現行版では、そういう扱い方は想定していないので、内部処理的には、そんな事を言われてもムリ! 状態だった訳だ。

しかし、巷の動画編集ソフトと比べて、AG-ムービーカッターが明らかに劣っている所があるとすると、トランジション効果を指定できない、という事になるので、作者的には、今回、トランジション効果の導入は、是非とも、やっておきたい。

なので、どうしようかなあ、と、鑑みてみた所、二つの動画を重複させる事に無理があるのなら、二つの動画を重複させた動画を仮想的な一つの動画として扱えば良いじゃ無いか! という事を考えついた訳だ。

まあ、作者以外の人にとっては、どうでも良い話になるかもしれないのだが、現行版に対して、素直にトランジション効果を適用可能にしようとすると、多分、それ自体が可能だったとしても、それ以降、一切の変更は、無理がある、みたいな感じになる可能性も高い。

つまり、無理してトランジション効果を適用可能にすると、AG-ムービーカッターは、そこで終わりになる可能性も高いので、作者的には、そういう実装形態は取らずに、前述の様な、少し回りくどい方法を採る事にした訳だ。

で、今日の時点で、上記の様な事は可能になっていて、トランジション効果自体は、まだ、実装していないのだが、例えば、1分のAとBという動画があって、その間にトランジション効果として5秒間の期間を設定すると、AとBの時間は、それぞれ55秒に短縮され、その間に、5秒間の別動画が挿入される格好になっている。

そして、その別動画では、Aの最後の5秒とBの最初の5秒を単純に合成出力させる様にしていて、非再生状況でのシークによる表示、再生時の自動表示、エンコード出力について、問題なく、動作する様になっている。

AG-ムービーカッターには、映像調整機能だとかがあるのだが、これは、入力ファイルのデコード結果に対して行われる処理になるので、今回の様に、入力ファイル自体を仮想化してしまえば、これらの処理については、手を入れなくても、問題なく適用させる事ができる。

と、いう事で、作者的には、その黎明期からパソコンを弄ってきているので、YouTubeなんかでも、大昔のパソコンを扱っている動画を見たりもするのだが、最近は、そういった動画ではソフトはエミュレータで動作させたりしている。

エミュレータというのは作るのはそれなりに大変なのだが、一旦、出来上がってしまえば、その機種用のソフトは、移植しなくても、動作させる事が出来るので、結構、便利だったりもするかもしれない。

同様に、前述の仮想ファイルシステムも、実現するのはそれなりに大変ではあるのだが、出来上がってしまえば、AG-ムービーカッターの通常ルーチンは、それほど変更しなくても、普通に動作してくれるので、これからの変更は、結構、楽になるかもしれない。

ちなみに、黎明期のパソコンといえば、NECのPC-8001、シャープのMZ-80K、更には、日立のベーシックマスター、という事になるのだが、作者がこれらの中で最初に見たのは、日立のベーシックマスターになる。

もっとも、ベーシックマスターといえば、レベル3でしょ、という人が殆どかもしれないのだが、作者が最初に見たのは、レベル2になる。

どこで見たのか、というと、既に記憶は曖昧なのだが、作者が通ってた高校には、ある時から、「必修クラブ」みたいなモノが導入され、作者的には、マイコンクラブみたいなモノに入ったのだが、上記を見たのは、そこの会合、という事になる。

より具体的に書くと、そこに一緒に入っていた同級生が、家から持ってきていたものを学校の中で見た、という事になるのだが、その会合では、作者か、そこにいた他の誰かが、その同級生に向かって、そんなモノを何に使うの? と、聞いた訳だ。

で、そのベーシックマスター レベル2の所有者だった高校の同級生は何と答えたのかというと、鉄道の時刻表を記憶させて検索するのに使っている、と、答えた訳だ。

今にして思えば、その同級生は、所謂、鉄オタだったのかもしれないのだが、当時、そんな人がいる事を知らなかった作者的には、上記の回答を聞いても、フ〜ン、という感じしかしなかった。

しかし、もう一つ見せてもらったデモとしては、音楽再生機能というのがあって、作者的には、それについては、面白いなあ、と、思ったので、その後、大学に入学すると、音楽再生に強かったPC-6001を購入する事になった訳だ。

と、いう事で、高校の頃に、そんなモノを見てさえいなければ、その後の作者の人生は変わっかもしれないし、少なくとも、「マスター」リバーシなんて名前のソフトは存在しなかったかもしれない、なんて事を鑑みると、「必修クラブ」というのは、罪作りな制度だったんだなあ、と、思ったりもしてしまう今日この頃だ。

« ウインドウ録画の問題 | トップページ | 来週中には完成させたい »

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

広告

プライバシーポリシー

  • 当サイトでは、第三者配信による広告(Google Adsense)サービスを利用しています。

    Google を含む第三者配信事業者は、Cookie を使用して、ユーザーのウェブサイトでの閲覧履歴に基づく広告を配信します。 Google 広告 Cookie を使用することにより、Google や Google のパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づく広告をユーザーに表示できます。

    収集された情報がGoogleによってどの様に使用されるか、収集される情報をユーザーが管理する方法については、以下のリンクを参照下さい。

    ポリシーと規約 - Google