スポンサーリンク

T.Ishii's Software Library

HTML5 レトロ風ゲーム館

無料ブログはココログ

« それなりには整理できた | トップページ | 逆再生/速度変更出力も »

ズーム・パンはどうするか

今は、AmuseGraphics Ver1.4.1の開発フェーズで、macOS版AGMPlayerに続き、macOS版AG-ムービーカッターの変更作業中で、今回の目玉である所のトランジション効果の追加機能とコード整理が終わったので、次アイテムの実装を始めた。

AmuseGraphics本体には、スライドショーの作成機能があって、そのパラメータの中には、ズーム・パンを指定するモノもある。

もっとも、上記の指定は数値指定になっていて、対象とする静止画のどの部分をズームする、だとか、どのオブジェクトをパンして見せたいのか、みたいな事は、基本的には、考慮していない。

これは、スライドショーでのズームだとかパンは、静止画をズーム・パンする事で動きを付け、動画みなしで見せられる様にしよう! みたいな感じで使われる事が多い筈なので、そういった用途での利用を想定しているからだ。

その結果として、AmuseGraphics本体のスライドショー機能では、センター位置のX/Y座標を画像の大きさに対するパーセントで指定する格好になっているので、静止画の中心あたりをズームさせたい、だとか、左上から右下にパンして見せたい、みたいな、アバウトな指定は容易なのだが、例えば、静止画の中にある人物の顔をズームしたい、みたいな場合には、その顔の位置を前述の様な形で数値指定できる様に、別途、調べておかないと指定はできない格好になっている。

これに対して、AG-ムービーカッターのズーム・パン機能というのは、例えば、AG-デスクトップレコーダーやTiExtenderで、あるソフトの操作状況を、とりあえず、全画面録画しておき、後から、その動画の中で注目したい部分をズームしたりパンしたりしながら、操作説明動画を作ったりする時に便利に使える様にする事を想定している。

なので、ズーム・パン指定は、動画映像を実際に見ながら指定できる様にしようとしているのだが、現行版にも、トリミング機能は実装している。

このため、とりあえず全画面録画しておき、後から、注目したい部分を抽出するだけなら、現行版でも行えるので、今回追加するズーム・パン機能には、現行版にあるトリミング機能とは異なる特徴も入れる予定だ。

具体的には、ズームについては、ズームイン・ズームアウト期間の設定を可能にして、その期間については、ズームしていない画面とズーム画面との間で自動的にズーム率が変化する格好にする。

また、パンについても、開始タイミングと終了タイミングを指定すれば、その間の移動については、自動的に行われる様にしようと考えているのだが、パンについては、ズーム状態でしか利用できないので、パン指定については、ズーム指定の一環として行う格好にしようか、と、考えたりしている。

と、いう事で、まだ、具体的な実装方法については検討中なので、どうなるかは判らないのだが、少し前に書いた様に、内部処理的には、トランジション機能なんかよりは、よっぽど容易に実装可能なので、ユーザー指定の方法を何とかすれば、後は何とでもなる筈ではある。

 

« それなりには整理できた | トップページ | 逆再生/速度変更出力も »

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

広告

プライバシーポリシー

  • 当サイトでは、第三者配信による広告(Google Adsense)サービスを利用しています。

    Google を含む第三者配信事業者は、Cookie を使用して、ユーザーのウェブサイトでの閲覧履歴に基づく広告を配信します。 Google 広告 Cookie を使用することにより、Google や Google のパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づく広告をユーザーに表示できます。

    収集された情報がGoogleによってどの様に使用されるか、収集される情報をユーザーが管理する方法については、以下のリンクを参照下さい。

    ポリシーと規約 - Google