スポンサーリンク

T.Ishii's Software Library

HTML5 レトロ風ゲーム館

無料ブログはココログ

« 使えそうではある | トップページ | 内蔵する効果を追加中 »

基本的な効果は実装完了

今は、AmuseGraphics Ver1.4.1の開発フェーズで、macOS版AGMPlayerに続き、macOS版AG-ムービーカッターの変更作業中なのだが、今回の変更の目玉である所のトランジション効果の追加機能についても、一応、基本的な効果は使える様になった。

一昨日書いた様に、今回追加するトランジション効果というのは、基本的には、iMovieにあるトランジション効果の中から、一般的と思われるモノを選択して利用可能にしようとしている。

なので、今のところ、iMovieの選択肢の最初にあたりにある「クロスディゾルブ」「黒にフェード」「白にフェード」、真ん中あたりにある4つの「スワイプ」と2つの「スライド」に相当する効果は実装できていて、使える事も確認済みだ。

もっとも、iMovieには、上記以外にも、まだ、「クロスプラー」「スピンイン」「スピンアウト」「円(開く)」「円(閉じる)」「入り口」「スワップ」「キューブ」「モザイク」「パズル」「ページめくり」「クロスズーム」「波紋」効果もある。

なので、AG-ムービーカッター的にも、もう少し効果は追加しようか、と、考えているのだが、まあ、上記の中で同様のモノを追加するとすると、「クロスプラー」「円(開く)」「円(閉じる)」くらいになるかもしれない。

ただし、AG-ムービーカッターのトランジション効果では、AmuseGraphics本体のスライドショー機能に実装してある様な、アニメーションgifファイルを使ったマスク処理を可能にしようと考えているので、例えば、次の動画が時間とともに大きくなるハートマークの中から現れる、みたいな効果も、ハートマークに相当するアニメーションgifファイルを作成できれば、実現可能になる筈だ。

ただ、Windows環境では、AmuseGraphics本体を使えば、上記の様なアニメーションgifファイルは作成できるのだが、macOS環境では、AmuseGraphics本体は動作しないので、macOS用については、あまりアニメーションgifファイルによるマスク機能に頼る訳にも行かないので、予め用意するトランジション効果は少し多めにしようかなあ、と、している訳だ。

ちなみに、「合成映像の追加」機能を実装した時には、「合成映像の管理」というモノもセットで追加したのだが、今回は、追加するのはトランジション効果の追加機能だけにする事にした。

なので、一旦、設定したトランジション効果は変更できなくなるのだが、削除する事は可能なので、処理内容を変更したい場合には、シークバーでトランジション効果部分にシーク後、そこを削除し、新たに効果を追加する事で、実質的には、処理内容の変更は可能だ。

まあ、管理機能ではなく、プロパティの変更機能のような機能は追加する事にするかもしれないのだが、現時点で設定可能なプロバティは効果の種類と遷移時間だけなので、一旦削除して設定しなおしても、かかる手間は同じ程度でしかない訳だ。

« 使えそうではある | トップページ | 内蔵する効果を追加中 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

広告

プライバシーポリシー

  • 当サイトでは、第三者配信による広告(Google Adsense)サービスを利用しています。

    Google を含む第三者配信事業者は、Cookie を使用して、ユーザーのウェブサイトでの閲覧履歴に基づく広告を配信します。 Google 広告 Cookie を使用することにより、Google や Google のパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づく広告をユーザーに表示できます。

    収集された情報がGoogleによってどの様に使用されるか、収集される情報をユーザーが管理する方法については、以下のリンクを参照下さい。

    ポリシーと規約 - Google