スポンサーリンク

T.Ishii's Software Library

HTML5 レトロ風ゲーム館

無料ブログはココログ

« 既存機能にも手を入れる!? | トップページ | ここにも少し機能を追加 »

「合成映像の管理」の変更点

今は、AmuseGraphics Ver1.4.1の開発フェーズで、macOS版AGMPlayerに続き、macOS版AG-ムービーカッターの変更作業中で、仕上げとして、今回追加した機能用のGUIを作ろうとしているのだが、その前に、既存機能のGUIに手を入れている。

昨日書いた様に、今回追加するズーム・パン機能用のGUIは、現行版に既にある「合成映像の管理」に近いGUIにする予定だ。

これは何故なのかというと、ズーム・パン機能というのは、適用期間を指定し、その期間中に、ベース動画映像のある領域をズームする格好になるからだ。

つまり、設定項目は、適用期間と領域になるのだが、「合成映像」でも、似た様な設定を行っているので、似た様な設定ダイアログにしようか、と、考えている訳だ。

と、いう事もあり、「合成映像の管理」ダイアログについて見直してみた所、昨日書いた様に、現行版の設定ダイアログにはシックリと来ない点もあったので、ズーム・パン機能用のGUIを作る前に、まずは、「合成映像の管理」ダイアログの変更を行ってみている。

具体的には、昨日書いた様に、「合成映像の追加」メニューとダイアログは必要ないかなあ、という事で、これらは削除して、合成映像の追加機能は「合成映像の管理」ダイアログに移動した。

で、昨日書いた様に、現行版だと、ダイアログにあるリストには、追加したファイルのフルパスが表示されるのだが、パスが長い時には、途中から表示されなくなってしまうので、リストに表示するのはファイル名のみに変更し、その代わりとして、「ファイル情報」ボタンを追加した。

合成映像の画像については、表示しないと不親切かなあ、とも思ったのだが、実際問題としては、動画については、AGMPlayerで管理していれば、サムネイル表示出来ている筈だし、静止画についても、ファインダーで画像表示できる訳だ。

つまり、合成画像を入れているフォルダーが判りさえすれば、他のツールを併用してそれらの画像は表示できるので、「合成映像の管理」ダイアログには、開始/終了秒にシーク移動して、そのタイミングの合成映像を確認できる機能のみ追加しておいた。

で、削除する「合成映像の追加」機能には、合成画像の領域を半透明の黄色四角形で表示する機能があったのだが、この機能については、前述の様に、合成後の映像を確認できる様にしたので、必要性がない場合が殆どだとは思われるのだが、こちらについても、確認ボタンを押せば、表示のOn/Offができる様にした。

と、いう事で、Ver1.4.1では、「合成映像の追加」機能は削除し、代わりに「合成映像の管理」機能を少し変えているのだが、上記の通りなので、現行版とやれる事に大差はなく、かつ、多くの場合、使い勝手はより良くなる筈だ。

ちなみに、「合成映像の管理」ダイアログには、現行版にない「上に移動」/「下に移動」ボタンも追加している。

これは何故なのかというと、「合成映像」は、合成期間と合成座標を重ねる事が可能なので、同じ時間・座標に存在する映像がある場合、どちらを手前に表示するか、という問題が出てくるのだが、「合成映像の管理」機能では、単純に、リストの下にある画像の方を、より手前に表示する様にしてあるからだ。

つまり、より手前に表示させたければ「下に移動」、後ろに隠したければ「上に移動」すれば良い訳なのだが、現行版にこの機能を入れていなかったのは、こういう機能を必要とするケースは稀だろう、と、考えていたからだ。

しかしまあ、稀だとしても、ない事も無いかもしれないし、リストが常に追加順にしか表示できないと、管理し辛いケースも出てくるかもしれないので、リスト内での表示位置を調整可能とする意味からも、今回、上記のボタンを追加する事にした訳だ。

まあ、自分はそんなに映像を合成したりしないよ、という声も聞こえてきそうなのだが、macOS版Mirror-DTCの宣伝動画を作成した時には、動作状況をキャプチャーした映像の上に、説明用のテキストを合成したのだが、このテキストというのは、数分程度の動画でも、10を超えてくるのも不思議では無い訳だ。

そして、後から、テキストを追加したりすると、リスト上の表示位置が時間順ではなくなったりしてしまった、という様な事もあったので、今回、前述のボタンを追加したのだが、このダイアログの変更点はもう一つあって、設定ファイルはテキストファイル化する。

この件については、自分的にはどうでもよい、みたいな人が殆どだとは思うのだが、これについても、前述のmacOS版Mirror-DTCの宣伝動画の作成時に苦労した事に対する対策になる。

具体的には、前述の様に、macOS版Mirror-DTCの宣伝動画では、キャプチャー映像と説明テキストを合成したのだが、説明テキストはAmuseGraphics本体を使って作成したので、Windows環境で作成した。

なので、最初は、合成も、キャプチャー動画をWindows環境にコピーして、Windows環境で行なっていたのだが、作者の手持ち環境では、映像の合成処理は、性能的に、Windows環境よりも、macOS環境で行なった方が有利だった訳だ。

このため、途中から、合成はmacOS環境で行う様にしたのだが、その時に、Windows環境で保存しておいた設定ファイルはmacOS環境では利用できなかったので、新たに設定をやり直す必要が生じた訳だ。

その理由は、設定ファイルには、合成ファイルのフルパスが記載されているので、Windows環境と同じパス構成にはできないmacOS環境では、このパスが利用できなかったからなのだが、設定ファイルをテキストファイルにしておけば、この様な場合にも、設定ファイルのフォルダーパスに相当する部分を新しい環境のソレに置換してやれば、設定ファイルを流用できる様になる。

と、いう事で、「合成映像の管理」機能を、新規に実装した時には、合成する映像なんて、高々、2,3個程度だろう、という想定だったのだが、テキスト動画なんかを作るケースを想定すると、そんな数じゃなくなるので、今回、そういう場合にも、不便がない様に、少し手直しする事にした訳だ。

« 既存機能にも手を入れる!? | トップページ | ここにも少し機能を追加 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

広告

プライバシーポリシー

  • 当サイトでは、第三者配信による広告(Google Adsense)サービスを利用しています。

    Google を含む第三者配信事業者は、Cookie を使用して、ユーザーのウェブサイトでの閲覧履歴に基づく広告を配信します。 Google 広告 Cookie を使用することにより、Google や Google のパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づく広告をユーザーに表示できます。

    収集された情報がGoogleによってどの様に使用されるか、収集される情報をユーザーが管理する方法については、以下のリンクを参照下さい。

    ポリシーと規約 - Google