スポンサーリンク

T.Ishii's Software Library

HTML5 レトロ風ゲーム館

無料ブログはココログ

« 「合成映像の管理」の変更点 | トップページ | ジワジワと完成に近づく »

ここにも少し機能を追加

今は、AmuseGraphics Ver1.4.1の開発フェーズで、macOS版AGMPlayerに続き、macOS版AG-ムービーカッターの変更作業中で、既存機能のGUIにも手を入れている。昨日書いた「合成映像の管理」については、フェードイン・アウト機能の追加も行なった。

フェードイン・アウト機能というのは、合成用の静止画・AGM形式動画を表示/非表示にするタイミングで、指定された期間を使って、その画像をフェードイン・アウトさせる機能になる。

で、「合成映像」機能では、半透明のpng画像だとかアルファチャンネル付きのAGM形式動画を合成できたので、フェードイン・アウト機能を実現するにあたっては、内部処理的には、大した処理の追加は不要だった。

何故なら、フェードイン・アウトというのは、アルファチャンネルの値を変更するだけで実現可能で、アルファチャンネルの管理用処理は現行版にも存在しているので、追加しなければならなかった処理は、表示しているタイミングを鑑みながら、アルファチャンネルの値を変更する処理だけだったからだ。

と、いう事で、「合成映像の管理」ダイアログには、「フェードイン・アウト」設定も追加したのだが、その気になれば、合成映像の表示倍率を指定可能にしたり、ズーム・パン機能の様に、表示期間の最初と最後で別の表示位置を指定可能にする事で、表示期間中に映像の表示位置をスムーズに移動させる事も簡単に実現できる。

何故なら、内部処理的には、フレーム毎に、合成映像を指定位置に合成しているだけなので、合成時に画像の倍率を変更したり、表示位置を変更したりする処理は簡単に実装できるからだ。

にも関わらず、少なくとも今回は、合成映像の移動機能は入れなかったのだが、これは、例えば、その気になれば、合成映像をモノクロ化して合成する様な処理も簡単に実装できるからだ。

つまり、簡単に実装できる機能は山の様にあるのだが、そういった機能を実装してみても、多分、使われる事は稀で、設定項目が増える分、「合成映像」機能自体を使う事に抵抗を感じる人が増えるかもしれないからだ。

もっとも、今回追加したフェードイン・アウト機能についても、入れる事は容易かったにも関わらず、現行版には入っていない。

にも関わらず、今回、入れる事にした訳なので、前述の様な、簡単にやれるのだけれども、操作が難しくなるので入れない、みたいな機能については、次以降のバージョンでは、やはり入れる事にした、みたいな感じになる可能性は無きにしもあらずだ。

ちなみに、AG-ムービーカッターにどんな機能を入れるのか、という事を鑑みる時に悩ましくなる理由は、例えば、テキストテロップをスクロールさせながらオーバーレイ表示可能にしたい、なんて事を考えてみると、判りやすいかもしれない。

何故なら、そんな機能を実現したい場合、普通のソフトなら、そういった機能は自前で入れていくしかないので、前述の様に、「合成映像の管理」機能に、表示開始/終了タイミングで別の位置指定を可能にする事で、合成するテキストをスクロール可能にする事になる訳だ。

しかし、AG-ムービーカッターの場合、シェアウェアである所のAmuseGraphicsの付属ソフトとして、本体と同時配布される格好になるので、そういった機能は、AG-ムービーカッター自身ではなく、AmuseGraphics本体との共同作業で実現しても良い訳だ。

具体的には、スクロールテキストなんかは、AmuseGraphics本体のスライドショー機能を使えば簡単に実現可能、かつ、そのスライドショー映像は、アルファチャンネル付きのAGM形式動画として出力できる訳だ。

つまり、オーバーレイ表示でスクロールさせるテキスト映像は、AmuseGraphics本体でAGM形式動画として作成しておけば、AG-ムービーカッターでは、そのAGM形式動画を所定の位置に合成するだけで、スクロール付きのテキストをオーバーレイ表示できる格好になる訳だ。

と、いう事で、動きのある動画素材はAmuseGraphics本体で制作し、AG-ムービーカッターでは、制作してある動画素材を合成するだけ、という方針にしておけば、AG-ムービーカッターの合成機能には複雑な機能の実装は不要にできる訳だ。

にも関わらず、今回、フェードイン・アウト機能を追加したのは、流石に、その程度のことでAmuseGraphics本体の併用を必須にするのもなあ、という気がしたからだ。

なので、将来的には、その程度のことで・・・、という項目が増えていき、AG-ムービーカッター単体で行える処理は増えていく事になるかもしれないのだが、AmuseGraphics的には、利用頻度が少なそうな特別な処理は本体で行う、みたいな方針に立てるので、今後とも、AG-ムービーカッターが不必要に複雑怪奇なソフトになっていく事はない筈だ。

« 「合成映像の管理」の変更点 | トップページ | ジワジワと完成に近づく »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

広告

プライバシーポリシー

  • 当サイトでは、第三者配信による広告(Google Adsense)サービスを利用しています。

    Google を含む第三者配信事業者は、Cookie を使用して、ユーザーのウェブサイトでの閲覧履歴に基づく広告を配信します。 Google 広告 Cookie を使用することにより、Google や Google のパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づく広告をユーザーに表示できます。

    収集された情報がGoogleによってどの様に使用されるか、収集される情報をユーザーが管理する方法については、以下のリンクを参照下さい。

    ポリシーと規約 - Google