スポンサーリンク

T.Ishii's Software Library

HTML5 レトロ風ゲーム館

無料ブログはココログ

« 分割並列エンコードの再調整 | トップページ | macOSでも意外と使える? »

他に何かあったかなあ?

今は、AmuseGraphics Ver1.4.1の開発フェーズで、macOS版AGMPlayerに続き、macOS版AG-ムービーカッターの更新版のリリース準備中なのだが、昨日の問題も解決できたので、README.txtを書いていたのだが、更新履歴は盛り沢山だ。

作者製ソフトの配布パッケージには、基本的には、README.txtが同梱されているのだが、その最後には、「更新履歴」という項目がある。

何故、この項目があるのか、というと、作者が最初の公開ソフトである所のMasterReversiをリリースした2007年当時、巷のフリーソフトなんかの添付ドキュメントを見てみると、大体は、こういう項目があったからだ。

つまり、こういった項目は作者製添付ドキュメントのオリジナルという訳ではないのだが、それでは、巷のソフトも含めて、どうして、こんな項目があるのか、と、鑑みてみると、このソフトは、「これだけの労力と時間をかけて開発してきているんだよ〜」、みたいな宣伝になるからかもしれない。

まあ、こんな事を書いていると、品質管理の一環として「変更履歴」の明確化は必須!、みたいに、ISOみたいな事を言う人もいるかもしれない。

しかし、実際の所、作者製ソフトのユーザーには、README.txtなんて読んでない、みたいな人も多い感じだし、例え読んでいたとしても、「変更履歴」を有効活用している人はいないかもしれない。

何故なら、「変更履歴」というのは、最新版ソフトで何かしらの不具合が発生した場合に、その不具合がどのバージョンから発生する様になったのか、というのを鑑みてみるのに役立ったりする場合はある筈なのだが、不具合報告する時に、そこまでチャンと調べて作者に報告してくる様なユーザーは、作者的には、MasterReversi以来、10年以上も、色々なソフトを公開してきたのだが、一人もいなかったからだ。

と、言う事なので、「変更履歴」というのは、一般ユーザーには殆ど意味のない項目になるかもしれないのだが、作者的には、意味がある。

その理由は、上記の通りで、作者的にも、「変更履歴」を参照しないと、どのバージョンで、どの機能を追加したのか、というのが判らないからだ。

当然の事ながら、作者製ソフトには、他の資料もあるし、歴代バージョンのソースコードも残してあるので、それらを参照して調べ上げれば、判らない事はないのだが、作業量的には大変になる。

なので、作者的には、どのバージョンでどの機能を追加したのか、というのを調べたい時には、そのソフトに添付してあるREADME.txtの「変更履歴」を参照しているので、どうせユーザーは見ないのだから、と、適当な事を書いていると、何年かしてから、苦労させられる事になるかもしれない。

と、言う事で、今日は「変更履歴」を書いていたのだが、結構、盛り沢山になったので、他に何かあったかなあ、というのが、若干、心配な今日この頃だ。

ちなみに、macOS Ver10.15 Catalinaの正式リリースはまだなので、「対応OSバージョン」はOS X 10.9 〜 10.14のままにしてある。

もっとも、Catalinaのβ版を使った動作確認は行なっているので、多分、macOS版AG-ムービーカッター Ver1.4.1は、macOS Ver10.15 Catalinaの正式リリース版でも動作する筈だ。

ただし、最新のβ版だと、作者のMacBook Pro 15インチ 2016モデルでは、キー入力が出来なくなっていて、USキーボード扱いにしてログインしても、デスクトップでは、やはりキー入力できず、トラックパッドでのドラッグ&ドロップもできなかったので、最新β版では確認できていない。

まあ、こんな状況なので、少なくとも日本では、Catalinaの正式版が10月早々にリリースされる事はない筈だし、もし、強引にリリースされたとしても、数日は、ネットで、人柱をしてくれている人の使用報告を監視しておくのが無難かもしれない。

 - 参考リンク -

Weird issues after updating to macOS 10.15 Catalina beta 8 (19A558d)

 

 

« 分割並列エンコードの再調整 | トップページ | macOSでも意外と使える? »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

広告

プライバシーポリシー

  • 当サイトでは、第三者配信による広告(Google Adsense)サービスを利用しています。

    Google を含む第三者配信事業者は、Cookie を使用して、ユーザーのウェブサイトでの閲覧履歴に基づく広告を配信します。 Google 広告 Cookie を使用することにより、Google や Google のパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づく広告をユーザーに表示できます。

    収集された情報がGoogleによってどの様に使用されるか、収集される情報をユーザーが管理する方法については、以下のリンクを参照下さい。

    ポリシーと規約 - Google