スポンサーリンク

T.Ishii's Software Library

HTML5 レトロ風ゲーム館

無料ブログはココログ

« ここにも少し機能を追加 | トップページ | 動作確認と修正 »

ジワジワと完成に近づく

今は、AmuseGraphics Ver1.4.1の開発フェーズで、macOS版AGMPlayerに続き、macOS版AG-ムービーカッターの変更作業中で、最後の大物である所のズーム・パン機能用の設定ダイアログについても、何とか、実装できたので、後は仕上げだ。

数日前の記事を見てみれば判る筈なのだが、ズーム・パン機能については、内部的処理は単純だ。

なので、今回の追加機能の一つにしよう、と、決めた次の日には、処理自体は行える様になっていたのだが、その設定を行うダイアログについては、まだ、作成していなかった。

これは、ズーム・パン機能では、映像のどの部分をズーム対象とするのか、という設定を、どういう形態で行う格好にしようか、と、いうのが悩ましかったからなのだが、結局、AmuseGraphics本体のスライドショー機能と似た様な数値入力の形態にする事にした。

つまり、拡大率と中心座標を数値で指定する格好にしたのだが、その領域を表示できる様にはしたので、何度かその表示で確認しつつ、数値を変更して行けば、実際に動画を再生してみなくても、ズーム領域の設定は行える筈だ。

ただし、AmuseGraphics本体にあるスライドショー機能では、ズームとパンを別モノ扱いしているのに対し、AG-ムービーカッターのズーム・パン機能は、あくまでもズーム領域を時間と共に移動していく格好になるので、名称的には、ズーム・パンではなく、「ズーム領域の管理」と、呼ぶ事にした。

なので、設定についても、AmuseGraphics本体のスライドショー機能の設定よりは、判りやすいかもしれないのだが、こちらには、合成映像の場合と同様に、「移行期間」という項目を設けたので、その分の設定は余計に必要になる。

もっとも、この移行期間というのは、ズームイン・ズームアウト時間の事なので、設定に悩む様な事にはならない筈だ。

ちなみに、数日前に書いている様に、「音声ファイルのミキシング」機能については、メインウインドウに読み込んでいる動画とは無関係なファイルを扱う事になる、という点に、少し違和感があるのだが、今回は、ここでの編集結果をメインウインドウの音声トラックとして反映させる様な変更は行わない事にする。

ただし、この機能は、元々は、オリジナル動画の音声とBGMをミキシングする程度の簡単な利用形態を想定していたので、今年作ったMirror-DTCの宣伝動画の様に、10を超えるテキスト読み上げ音声なんかをミキシングしようとすると苦労させられた。

具体的には、一度、出力した後、特定ファイルの再生位置を変更したくなったりした場合に、また、全ての音声ファイルを読み込んで設定をやり直す必要が生じたので、作業が気楽に行えなかった。

つまり、このままでは、ミキシングするファイル数が多くなった場合に不便なので、このダイアログにも、設定の保存と読み込み機能を追加した。

で、この保存も、テキスト形式で行うので、その気になれば、保存した内容をテキストエディタで編集できるし、一旦、そういう事をやってフォーマットを保存しておけば、次からは、最初からテキストエディタで設定を作成する事も可能だ。

と、いう事で、今回のAG-ムービーカッターのバージョンアップ開発は、AGMPlayerのソレとは異なり、やたらと時間がかかっているのだが、これは、少なくとも作者的には、既に、AGMPlayerの機能については、ほぼ満足な状況であるのに対し、AG-ムービーカッターの機能については、まだまだ、拡張したい所が色々とあったりするからだ。

しかしまあ、数日前に書いた様に、やりたい事を全てやってからリリースする、なんて事をしていたら、MasterReversiの初版の様に、リリースまでに何年もかかる事になるので、AG-ムービーカッターの次バージョンについては、今現在、最低でも欲しい、と、思っていた機能だけを追加しているのだが、それでも、開発には、結構な時間がかかってしまった、という事になる。

« ここにも少し機能を追加 | トップページ | 動作確認と修正 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

広告

プライバシーポリシー

  • 当サイトでは、第三者配信による広告(Google Adsense)サービスを利用しています。

    Google を含む第三者配信事業者は、Cookie を使用して、ユーザーのウェブサイトでの閲覧履歴に基づく広告を配信します。 Google 広告 Cookie を使用することにより、Google や Google のパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づく広告をユーザーに表示できます。

    収集された情報がGoogleによってどの様に使用されるか、収集される情報をユーザーが管理する方法については、以下のリンクを参照下さい。

    ポリシーと規約 - Google