スポンサーリンク

T.Ishii's Software Library

HTML5 レトロ風ゲーム館

無料ブログはココログ

« ジワジワと完成に近づく | トップページ | 初心者向け動画編集ソフト? »

動作確認と修正

今は、AmuseGraphics Ver1.4.1の開発フェーズで、macOS版AGMPlayerに続き、macOS版AG-ムービーカッターの変更作業中で、一応、予定していた機能の実装は終わったので、動作確認しつつ、問題があった場合には修正を行っている。

今回のバージョンアップでは、以下の様な機能強化を行なった。

・「トランジションを追加」の追加

・「ズーム領域の管理」の追加

・「切り出し」に「動画 [逆再生]」を追加

・「切り出し」の音声/映像/動画 [エンコード]に速度変更機能を追加

・「合成映像の管理」を強化 (フェードイン/アウトの可能化等)

・「音声ファイルのミキシング」に設定保存/読込/情報表示機能を追加

・「ファイルリストの読み込み/保存」を強化 (トランジション/ズーム領域/合成映像設定にも対応)

と、いう事で、今回は、結構な機能強化を行なっているのだが、これに付随して、内部的な処理ルーチンも、結構、改変している。

「改変」という言葉を使っているのは、内部処理的には、別段、性能向上を目指したりはしなかったのだが、今回の機能強化にあたり、様々な処理を追加する必要が生じたので、そういった事を無理なく行える様に、コードを整理したりしたからだ。

なので、今回のバージョンアップでは、既存処理も、改変された内部処理に影響される事になるので、改変したコードにバグがあると、現行版では問題なく動作していて、次バージョンでも同様の処理が行える筈なのに、マトモに動作しなくなった、みたいな事例も発生するかもしれない。

しかしまあ、そういう事例は少ないにこしたことはないので、リリース前に、既存機能も含めて、動作確認を行い、問題があったら修正する作業を始めたのだが、まあ、今週中には作業は終わる筈だ。

ちなみに、今回追加する「トランジション」機能では、前後の二つの動画を合成して、切り替え期間の映像と音声を生成するのだが、今のところ、あまり複雑にはしたくなかったので、この二つの動画の解像度と音声特性は同一である事、というのを条件にしている。

つまり、解像度が異なる二つの動画間にはトランジションは追加できなくしているのだが、やる気になれば、この辺への対応も可能だ。

なので、最終的には、上記の様な条件も無くせるかもしれないのだが、とりあえずは、上記の様な条件付きの場合に、問題なく動作する事を確認するのが先、という事になる。

« ジワジワと完成に近づく | トップページ | 初心者向け動画編集ソフト? »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

広告

プライバシーポリシー

  • 当サイトでは、第三者配信による広告(Google Adsense)サービスを利用しています。

    Google を含む第三者配信事業者は、Cookie を使用して、ユーザーのウェブサイトでの閲覧履歴に基づく広告を配信します。 Google 広告 Cookie を使用することにより、Google や Google のパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づく広告をユーザーに表示できます。

    収集された情報がGoogleによってどの様に使用されるか、収集される情報をユーザーが管理する方法については、以下のリンクを参照下さい。

    ポリシーと規約 - Google