スポンサーリンク

T.Ishii's Software Library

HTML5 レトロ風ゲーム館

無料ブログはココログ

« Ver1.4.1プレビューパックを公開 | トップページ | 公共事業で「SNS拡散禁止」 »

macOS 10.15 Catalinaとか

今はAmuseGraphics Ver1.4.1の開発フェーズで、今日は、まず、AGMPlayer Ver1.4.1をプレビュー版として公開し、その後、AG-ムービーカッターの開発に入ったのだが、macOS 10.15 Catalinaが正式リリースされたので動作確認したりもしていた。

macOS10.15 Catalinaについては、数日前のこのブログの記事に書いてある様に、ベータ版のリリース周期と完成度を鑑みて、作者的には、正式リリースは10月の後半になる、と、思っていた。

ところが、AGMPlayer Ver1.4.1のプレビュー版を何とか公開でき、少し余裕が出来たので、ネットを見てみた所、何と、macOS 10.15 Catalinaは、今日、正式リリースされた事が判った。

なので、今日は、macOS 10.15 Catalinaの正式リリース版をMacBook Pro 15インチ 2016モデルの外付けHDDにインストールし、作者製macOSソフトの全てについて、動作確認してみたのだが、特に問題は発生しなかった。

と、いう事で、今日は、作者製macOS用ソフトのホームページ等で、対応OSにmacOS 10.15を追加していたのだが、巷のmacOS向けソフトの中には、Catalinaで動作しなくなっているソフトは多いかもしれない。

これは何故なのか、というと、Catalinaでは32bit版アプリが動作しなくなっているので、大昔に開発されてバージョンアップされていない様な古い32bitアプリは動作しない、という事もあるのだが、他の理由も幾つかある。

で、実際の所としては、Intel Macで、32Bit CPUが使われたのは、2006年の1月に発表された最初の製品だけだったし、2012年のOS X 10.8からは、OS自体は既に64ビットカーネルのみになっていたので、余程古いソフトでもない限り、32bitアプリにはなっていなかった筈だ。

まあ、2010年くらいに開発され、その後、更新されていない様なソフトだと、32bitアプリになっている可能性はあって、そういうソフトは有無を言わせず、macOS 10.15 Catalinaでは動作しなくなっている筈なのだが、そういうソフトは少ないかもしれない。

しかし、作者も、それなりの労力をかける事になったのだが、Catalinaからは、Appleの公証がないソフトは、普通の立ち上げ方では立ち上がらなくなっているのだが、前述の32bitソフトとは違って、多分、Appleの公証を得ていないソフトは五万とある筈だ。

なので、そういうソフトでも、右クリックから「開く」を指定すれば、普通は動作する、という事を知らない人は、Catalinaでは多くのソフトが使えなくなるのだが、そういう事を知っていても、まだまだ、Catalinaでは動作しなくなるソフトは、結構、出て来る筈だ。

何故なら、Catalinaでは、「画面収録」用のAPIについても、何の設定も行わないと動作しなくなっているので、画面キャプチャー系のソフトをCatalinaで使おうとすると、キャプチャー画面が真っ黒になっていたり、それ以前に、キャプチャーのタイミングでクラッシュする様になっていても不思議ではない訳だ。

また、これはMojaveでも同じなのだが、「マイク」や「カメラ」関連のAPIについても、何の設定も行わないと動作しないので、やはり、クラッシュするアプリは出て来る筈だし、スクリーンキーボードだとかの様な仮想キー入力を行うアプリも全滅の筈だ。

で、上記については、「システム環境設定」-「セキュリティとプライバシー」で設定してやれば、制限を解除できるので、設定前にクラッシュしていたソフトも動作する様に出来るかもしれないのだが、Catalinaでは、ストレージのシステムボリュームには書き込みができなくもされている訳だ。

なので、Mojaveまでは、SIP (System Integrity Protection)を禁止していれば、普通に使えたサードバーティー製のシステム関連ツールなんかも、Catalinaでは動作しなくなっている可能性は高い。

上記には、TiExtenderの解像度追加機能も含まれるのだが、上記の問題については、TiExtenderに同梱してあるreadme.txtにある様に、「sudo mount -uw /」を実行しておけば、次回起動時までは、システムボリュームにも、従来通り書き込みが可能になるので、同時に、SIPも禁止しておけば、サードパーティー製のシステム関連ツールも、動作させる事はできる筈だ。

と、いう事なので、Catalinaでも、上記の様な様々な障壁が存在していて、その障壁を乗り越える方法を知ってさえいれば、Soundflowerなんかも、普通に使えるのだが、上記の様な事を何も知らないと、動作しなくなるソフトは山の様に出て来る事になる筈だ。

« Ver1.4.1プレビューパックを公開 | トップページ | 公共事業で「SNS拡散禁止」 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

広告

プライバシーポリシー

  • 当サイトでは、第三者配信による広告(Google Adsense)サービスを利用しています。

    Google を含む第三者配信事業者は、Cookie を使用して、ユーザーのウェブサイトでの閲覧履歴に基づく広告を配信します。 Google 広告 Cookie を使用することにより、Google や Google のパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づく広告をユーザーに表示できます。

    収集された情報がGoogleによってどの様に使用されるか、収集される情報をユーザーが管理する方法については、以下のリンクを参照下さい。

    ポリシーと規約 - Google