スポンサーリンク

T.Ishii's Software Library

HTML5 レトロ風ゲーム館

無料ブログはココログ

« 64Bit版でもメモリ量は問題? | トップページ | メインは音ズレ補正機能? »

プレビュー版として公開

今はAmuseGraphics Ver1.4.1の開発フェーズで、今日は、Ver1.4.1プレビューパックを更新し、AG-ムービーカッターも、プレビューパックに同梱した。正式版では、若干の変更を行う可能性が高いのだが、機能的には、ほぼ同等になる筈だ。

このブログを毎日読んでいる人は判る筈なのだが、AG-ムービーカッター Ver1.4.1では、結構な機能追加を行っている。

加えて、エンコード系のコード整理も大胆に行っているので、開発者的には、結構、苦労させられたバージョン、という事になるのだが、ユーザー的には、Ver1.4.0と比べて、見た目上の違いは殆どないので、普通のマイナーチェンジ版の様に見えるかもしれない。

と、いうか、Ver1.4.1で初めてAG-ムービーカッターに触れる人なら、特に不思議に感じる所はない筈なので、より古いバージョンとは何が違うんだろう? みたいに思うかもしれない。

つまり、Ver1.4.1にも、特に奇をてらった機能というモノは無くて、巷の動画編集ソフトには既にあった様な機能が追加されているだけなので、巷の動画編集ツールを使ってきた人からしてみれば、何も不思議な所はない、という事になる訳だ。

逆に言えば、AG-ムービーカッターも、Ver1.4.1になって、やっと、動画編集ソフトっぽくなった、と、言えるかもしれないのだが、初版以来、巷の動画編集ソフトとは違って、タイムライン方式は採用していない点に変わりはないので、Ver1.4.1になっても、少し機能が増えただけで、AG-ムービーカッターは、今まで通り、AG-ムービーカッターであり続けている。

と、いう事で、上記を見ていると、Ver1.4.1については、機能を追加した事を宣伝したいのか、したくないのか、が、ハッキリしないかもしれないのだが、作者的には、この程度の機能は、あって当然かな、という感じな訳だ。

つまり、AG-ムービーカッターというのは、実際の所、他のAmuseGraphicsファミリーソフト、つまり、AG-Webカメラレコーダー/AG-デスクトップレコーダー/AGMPlayer/本体と比べて、少し影が薄い存在だったのだが、Ver1.4.1で、やっと、それらと肩を並べられるくらいの存在にはなったかなあ、という感じがしている。

ちなみに、Windows版に先駆けて、macOS版は既に公開済みだったのだが、今回、Windows版の評価では、macOS版との動作比較も行っていたので、Windows版のバグを見つけたと同時に、macOS版のバグも見つけた。

なので、次はAG-デスクトップレコーダーのプレビュー版開発に入るのだが、その前に、macOS版AG-ムービーカッター Ver1.4.1の不具合修正版をリリースする予定だ。

macOS版のバグとしては、大きなモノはないのだが、微妙なモノが結構な数あったので、不具合修正版の公開は週末くらい、AG-デスクトップレコーダー Ver1.4.1の開発は来週から、みたいな感じになりそうだ。

« 64Bit版でもメモリ量は問題? | トップページ | メインは音ズレ補正機能? »

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

広告

プライバシーポリシー

  • 当サイトでは、第三者配信による広告(Google Adsense)サービスを利用しています。

    Google を含む第三者配信事業者は、Cookie を使用して、ユーザーのウェブサイトでの閲覧履歴に基づく広告を配信します。 Google 広告 Cookie を使用することにより、Google や Google のパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づく広告をユーザーに表示できます。

    収集された情報がGoogleによってどの様に使用されるか、収集される情報をユーザーが管理する方法については、以下のリンクを参照下さい。

    ポリシーと規約 - Google