スポンサーリンク

T.Ishii's Software Library

HTML5 レトロ風ゲーム館

無料ブログはココログ

« 例によって進捗は遅い | トップページ | 今の所、終わる気はしない »

「通常の日本国民」が話題

今はAmuseGraphics Ver1.4.1の開発フェーズで、AGMPlayerに引き続き、AG-ムービーカッターの開発に入っているのだが、巷では、「通常の日本国民」が話題の様だ。何のことだか判らない人は、数日以内ならTwitter検索をしてみれば判る筈だ。

ここ数年、一般人が色々と情報発信出来る様になってきたので、大昔と比べると、様々な意見が巷に飛び交う様になっている。

で、それは、決して悪い事ではない筈なのだが、知っている人は知っている筈なのだが、ネットには詐欺まがいの行為が氾濫している。

例えば、ネット上の掲示板だとかTwitterなんかには、その詐欺グループのメンバーが多くの別アカウントを使って書き込みを行う事で、その代表者を持ち上げたりしているので、高評価が多い様な書き込みを信用していると、その内、詐欺にあってしまう可能性もあるかもしれない。

と、いう事で、ネット上の書き込みには、信用できないモノも多く、例えば、これはダメだ、だとか、これは良い、みたいな評価は、その数の多さで判断すると危険かもしれない。

更に言えば、数年前までは、詐欺まがいの文言についても、「丸い卵も切りようで四角」みたいに、書かれている内容に嘘はないのだが勘違いを誘う様な文面になっているので問題あり、程度の話だったかもしれないのだが、最近では、全くの嘘を平気で書いたりする様になった訳だ。

なので、最早、ネットやTwitterの書き込みについては、少なくとも匿名での書き込みについては、根拠が示されていないと全く信用できない時代になっていたのだが、最近では、実名での著名人の投稿も、信用できなくなってきている。

何故なら、著名人でも、Twitterの書き込みなんかが炎上したら、何も無かったかの様に投稿を削除するし、反対意見を言ってくる様な人はブロックしてしまうので、その人のTwitterを見ていると、巷には、賛成意見しかない様に見えたりもするからだ。

もっとも、それでは、やはり、一般人の意見なんて信用できないから、「朝日新聞」なんかの記事を信用すべきなのか、というと、巷の意見を総合すると、どうも、そんな事もない様だ。

つまり、マスメディアの記事の方が、数が少ない分、総合的な判断が出来ないので、偏向された報道を鵜呑みにせざるを得ない可能性が高くなるので、より、危険、という訳だ。

それでは、今の時代、何を信用すれば良いのか、といえば、結局の所、「自分」という事になるかもしれない。

しかし、その為には、自分で判断できるだけの材料が必要になる訳だ。

つまり、「通常」の日本国民と言われれば、作者の様な理系の人間なら、大昔から、「通常」の定義を問うた訳なのだが、今時の人なら、文系の人でも、それを問わない事には、始まらないかもしれない。

にも関わらず、巷には、明確な根拠がない事を「真実」として語っている様な書き込みが多数見受けられるので、作者的にも、混乱しまくっている訳なのだが、これからは、そういった書き込みは、とりあえず、「詐欺」と鑑みておくと心の平安は保てるかもしれない。

つまり、「通常」の意味も判らないなんて貴方は馬鹿なのか?! みたいに言われても、今の時代、凹む必要はなくて、逆に、その言葉の意味を定義してみなさい、と、上から目線で要求しても良いかもしれない。

まあ、理系の世界では、こんな曖昧な表現は、100年前でも、通用しなかった筈なのだが・・・

« 例によって進捗は遅い | トップページ | 今の所、終わる気はしない »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

広告

プライバシーポリシー

  • 当サイトでは、第三者配信による広告(Google Adsense)サービスを利用しています。

    Google を含む第三者配信事業者は、Cookie を使用して、ユーザーのウェブサイトでの閲覧履歴に基づく広告を配信します。 Google 広告 Cookie を使用することにより、Google や Google のパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づく広告をユーザーに表示できます。

    収集された情報がGoogleによってどの様に使用されるか、収集される情報をユーザーが管理する方法については、以下のリンクを参照下さい。

    ポリシーと規約 - Google