スポンサーリンク

T.Ishii's Software Library

HTML5 レトロ風ゲーム館

無料ブログはココログ

« メインは音ズレ補正機能? | トップページ | まだまだバグだらけ? »

プレビュー版の差し替えとか

今はAmuseGraphics Ver1.4.1の開発フェーズで、既に、AGMPlayerとAG-ムービーカッターについては、プレビュー版を公開したのだが、その開発を通してmacOS版のバグが見つかったので修正していたら今度はWindows版のバグも見つかって・・・

見つかったWindows版のバグというのは、単純に、トランジションを作成して、その領域を含めた領域を再生しようとすると、再生がフリーズする、というものだ。

で、上記の様な不具合はmacOS版には存在していないので、Windows版の作り込み不足か、というと、実際の所はその逆で、Windows版では、公開の直前に、macOS版からあった不具合を修正したのだが、その修正が仇となって、上記の様な不具合が発生する様になっていた訳だ。

つまり、Windows版でも、トランジション機能を実装し、その実装確認のためにテストしていた時には、上記の様な不具合は発生していなかったのだが、公開直前に、軽い気持ちで、macOS版からあった不具合を修正した結果、上記の様な不具合が発生する様になってしまっていた訳だ。

と、いう事で、今日は、10月30日にアップしたばかりのPreview2版の中のAG-ムービーカッター Ver1.4.1を更新してアップロードし直した。

具体的には、README.txtなんかに書いてある様に、AG-ムービーカッター Ver1.4.1のバージョン番号は変えず、Preview版の番号も2のまま、AGMCut.exeだけ変更された配布パッケージを、何事も無かったかのように、アップロードしておいた訳だ。

もっとも、変更があった旨は、同梱のREADME.txtにも書いてあるし、このブログのリリース記事にも追記してある上に、今日の記事でも書いている訳なので、別段、不祥事を隠ぺいする、みたいな気持ちはない。

それでは、何故、バージョンを上げていないのか、というと、Preview3、なんて事にすると、更に何かのモジュールが追加されたのか、と、思ってダウンロードする人も出てくるかもしれないからだ。

つまり、現在配布しているのはβ版ですらなく、プレビュー版扱いなので、ダウンロードする人的には、ある意味、どんなモノかなあ、というのが判れば良い、という事になるかもしれないので、不具合修正版までダウンロードさせられるのは迷惑、という事になるかもしれない訳だ。

と、いう事なので、あまり大げさな事にはせずに、Preview2については、バイナリを差し替えた格好にしたのだが、何度も書いてきている様に、AG-ムービーカッター Ver1.4.1は、結構、変更量が多いバージョンなので、正式リリースまでには、まだまだ、不具合修正が入る可能性は無い事も無いかもしれない。

そして、上記の様な理由から、バイナリを差し替えても、Preview版の番号なんかは変更しないので、Preview版を使ってみてバグを発見した人は、とりあえず、ホームページなんかを確認し、より新しい配布パッケージがあったら、それと差し替えて再確認してみて欲しい。

ちなみに、macOS版の修正もほぼ終わったので、多分、日曜には、不具合修正版として公開する事になる筈なのだが、こちらについては、バージョン番号をVer1.4.1.1に上げている。

これは、修正した不具合の数が、結構、多い、という事もあるのだが、正式リリースから日数が経っているから、という事もある。

修正した不具合の内容については、数が多いので、リリース記事なんかでは、「詳細不具合を多数修正」、みたいな感じにする筈なのだが、代表的なモノをいくつか挙げておくと、以下の様になる。

・「切り出し」-「動画[逆再生]」でステレオ音声の片方のチャンネルだけがステレオ化されて出力される

・トランジション効果の一つである「下へワイプ」でトランジション期間中のワイプ比率が正しくない

・AGM動画形式の音声を8bitとしてエンコードすると出力データの音声トラックが正しく出力されない

・トリミング指定時にトランジション領域に手動で移動させようとするとクラッシュする

・前後にトランジションがある領域を削除すると片方のトランジションしか同時には削除されない

・音声トラックの別指定がある状況でAGM形式動画のトランジション領域を再生すると領域後はAGM形式動画の音声に変わる

・「音声ファイルの加工」で、音声の速度を数倍にまで上げると、「再生」では音声が再生されなくなる

上記を見せられても、何のことだか判らない、という人が殆どの筈なのだが、今日行ったPreview2の差し替えは、上記の最後の不具合を修正するために行った修正が原因になっている。

と、いう事で、一見、単純そうに見えるAG-ムービーカッターも、実は、結構、複雑なソフトだったりする訳だ。

« メインは音ズレ補正機能? | トップページ | まだまだバグだらけ? »

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

広告

プライバシーポリシー

  • 当サイトでは、第三者配信による広告(Google Adsense)サービスを利用しています。

    Google を含む第三者配信事業者は、Cookie を使用して、ユーザーのウェブサイトでの閲覧履歴に基づく広告を配信します。 Google 広告 Cookie を使用することにより、Google や Google のパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づく広告をユーザーに表示できます。

    収集された情報がGoogleによってどの様に使用されるか、収集される情報をユーザーが管理する方法については、以下のリンクを参照下さい。

    ポリシーと規約 - Google