スポンサーリンク

T.Ishii's Software Library

HTML5 レトロ風ゲーム館

無料ブログはココログ

« 16インチMacBook Proは・・・ | トップページ | 一通りの実装を完了 »

更に、細かい改良を色々と

今はAmuseGraphics Ver1.4.1の開発フェーズで、既に、AGMPlayerとAG-ムービーカッターに引き続き、AG-デスクトップレコーダーの開発を行っていて、プレビュー版の公開も近いのだが、更に、細かい改良を色々と追加している。

AG-デスクトップレコーダー Ver1.4.1の目玉は、「実質FPSに最適化」オプションの追加、という事にするつもりだ。

何故なら、上記のオプションを使用すると、少なくとも、デスクトップ上での普通の操作状況を録画する場合には、フリー版だとか現行版と比べて、明らかに、録画負荷が減るので、有用なオプションだと感じるユーザーが多い筈だからだ。

もっとも、AG-デスクトップレコーダーには色々な用途があって、その中には、YouTubeなんかで期間限定で公開される公式サイトのプレミアム動画の録画、なんてのもある訳だ。

で、そういう録画の場合、普通は、実質FPSも30FPS程度になるので、その様な場合には、上記のオプションを指定しても、録画用に指定しているFPSが30だと、処理負荷は殆ど減らない事になる。

なので、もっぱら、そういう用途でAG-デスクトップレコーダーを使っている人にしてみれば、上記の改良は殆ど意味の無い改良、という事になってしまうので、Ver1.4.1では、そういうユーザーにも、意味のある改良を入れている。

具体的には、録画形式としてAGM形式を指定する場合には、「高並列エンコード」を行わせない事、更には、マルチスレッド処理の分割数を制限する事で、AGM形式エンコードの処理負荷を低減される事を可能にしている。

もっとも、後から録画データを編集しようとしない場合には、今時のPC環境では、AGM形式よりMP4形式の方がエンコード負荷が軽くなる場合が多いので、上記の様な動画映像のキャプチャー時には、録画形式にはMP4形式が選択される場合も多いかもしれない。

なので、今回は、MP4形式での録画用にもオプションを追加してあるのだが、このオプションを指定すると、現行版では過負荷でカクカクになってしまう様な録画設定時にも、出力ファイルのフレームレートを自動調整して過負荷を防止する分、より滑らかな録画データを出力可能になる。

もっとも、上記は過負荷状態でのみ有効なオプションなので、元々、そんな無茶な条件で録画したりはしない、という人が殆どである事を鑑みると、上記のオプションが有用だ! という人は、実際の所、少ないかもしれない。

このため、作者的には、その他のオプションも強化しているのだが、上記の様な、YouTubeなんかの動画をキャプチャーする場合、全画面録画では性能が足りないので、領域指定録画にする、というユーザーは多いかもしれない訳だ。

更には、よりラフにYouTubeなんかのライブ配信動画を録画しながら視聴したい場合には、ウインドウ録画が使用される場合も多い筈なので、今回は、領域指定/ウインドウ録画に対する機能追加を行ったりもしている。

具体的には、領域指定録画では、ウインドウを指定してその領域を録画対象にする機能を追加したし、ウインドウ録画にも、指定ウインドウのウインドウ領域/クライアント領域のみの録画を簡単に指定できる機能を追加しつつ領域指定についても、保存して、次回以降は、その設定を再利用可能にした。

で、上記は昨日までの話だったのだが、今日は、更に、ウインドウ録画時に、マウスカーソルを合成可能にした。

もっとも、現行版では、何故、ウインドウ録画時にマウスカーソルの合成を行っていないのか、というと、ウインドウ録画では、指定ウインドウの映像は録画対象になるのだが、その子ウインドウは対象にならないからだ。

例えば、メインメニュー付きのウインドウを録画対象にして録画を開始後、メインメニューをクリックしてメニューを表示しても、そのメニューは録画対象とはならない。

なので、そのメニューを操作するマウスカーソルのみ合成対象にするのは如何なものか、という事もあったので、現行版ではマウスカーソルの合成は行わない様になっているのだが、上記の様な動画録画時には、動画プレイヤーだとかWebブラウザなんかのメインメニューを使う事は稀なので、ウインドウ録画時にも、マウスカーソルを合成可能にしておいても良いんじゃないか? と、いう事で、今回は、合成用のオプションを追加した。

もっとも、前述の様に、ウインドウ録画時には、マウスカーソルを合成しても、変な感じになる場合があるので、このオプションについては、デフォルトではOffにしてある。

で、現行版では、プレビューウインドウにも、マウスカーソルは合成していないのだが、Ver1.4.1では、こちらについても合成する様にした。

まあ、そんな事してくれても、大して嬉しくもない、という人もいるかもしれないのだが、Ver1.4.1では、上記以外にも、録音音声の増幅率設定が可能になっているので、YouTubeなんかの動画では、音声が小さくなっているモノも多い事を鑑みれば、嬉しい人もいる筈だ。

また、音声については、±10秒以内のオフセット指定も可能にしてあるので、デバイスドライバに問題があって音ズレが発生する場合や、YouTubeなんかにアップされている動画に元々音ズレがある場合には、調整も可能になっている。

と、いう事で、Ver1.4.1では、AG-ムービーカッター Ver1.4.1と比べると、大規模な機能追加、みたいなモノは無いのだが、色々と細かい改良が入っているので、状況に応じて、より適切な設定を行って利用できる様になる筈だ。

ちなみに、上記以外の機能追加としては、基本設定ダイアログに、「デフォルト設定に戻す」ボタンを追加した、というモノがある。

何故、今更、そんなボタンを追加する事にしたのか、というと、チョクチョク書いている様に、作者の所には、「不具合報告メール」が、たまに来るのだが、それらの中には、以下の様な事例が何回もあったからだ。

「録画を開始するとAGアイコンが消えてしまったので、強制終了するしかなくなりました」

「録画を開始すると、出力ファイルに書き込めないため、処理を開始できません、という表示が出て録画ができません」

で、上の事例については、Windowsの設定を行っておかないと、Windowsの仕様で、AGアイコンがタスクバーには表示されなくなるので、それが原因かなあ、という事で、そういう設定をして下さい、みたいな返信をしている事が多いのだが、AG-デスクトップレコーダーの設定には、「録画中のアイコン消去」というモノもある訳だ。

なので、実は、上記の設定を行っているのに、それが何を意味するのか判らず、もしくは、作者が正解を回答するかどうかを楽しみにしつつ、上記の様なメールを送ってきている人もそれなりにはいたかもしれない訳だ。

で、下の事例についても、現行版だと、例えば、MP4形式での録画を指定していて、フレームレートを999FPSなんて非現実的な値にしていると、録画の開始に失敗して、上記の様なメッセージが表示される事を確認している訳だ。

つまり、設定に問題がある場合にも、出力ファイルに書き込めない場合がある。

と、いう事なので、設定の意味が判らない様な人が、設定を色々と弄ってしまって正常な動作を行わせる事が出来なくなった、といった場合に備えて、作者製ソフトでは、「デフォルト設定に戻す」ボタンを各種ダイアログに装備する様にしてきていたのだが、AG-デスクトップレコーダーの基本設定ダイアログというのは、10年くらい前に作成したモノだったので、まだ、そういう配慮を行っていなかった。

なので、今回、上記の様な不具合報告メールを何回も貰っている、という事もあったので、基本設定ダイアログにも、「デフォルト設定に戻す」ボタンを追加したのだが、ついでに、「バファリングエンコード」の設定ダイアログにも、ボタンを追加しておいた。

まあ、本当に設定を初期状態に戻したい場合には、ドキュメントフォルダーに作成されるAmuseGraphicsフォルダーの中にあるAGDRecフォルダーを削除してしまえば、次回起動時には、全設定がデフォルト設定になって立ち上がる。

このため、これまでも、良くわからない現象が発生している場合には、上記のフォルダーを削除する事をアドバイスし、その結果、問題は解決しました!、みたいな報告も貰っているので、現行版でも、そういう方法は使えるのだが、ある意味、その様な操作は邪道なので、Ver1.4.1では、「デフォルト設定に戻す」ボタンを追加した訳だ。

« 16インチMacBook Proは・・・ | トップページ | 一通りの実装を完了 »

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

広告

プライバシーポリシー

  • 当サイトでは、第三者配信による広告(Google Adsense)サービスを利用しています。

    Google を含む第三者配信事業者は、Cookie を使用して、ユーザーのウェブサイトでの閲覧履歴に基づく広告を配信します。 Google 広告 Cookie を使用することにより、Google や Google のパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づく広告をユーザーに表示できます。

    収集された情報がGoogleによってどの様に使用されるか、収集される情報をユーザーが管理する方法については、以下のリンクを参照下さい。

    ポリシーと規約 - Google