スポンサーリンク

T.Ishii's Software Library

HTML5 レトロ風ゲーム館

無料ブログはココログ

« 何となく見えてきた | トップページ | フリー版とは明確な性能差 »

エンコーダーの変更は・・・

今はAmuseGraphics Ver1.4.1の開発フェーズで、既に、AGMPlayerとAG-ムービーカッターに引き続き、AG-デスクトップレコーダーの開発に移っていて、今回の目玉にするエンコード負荷の軽減処理についてテストしたりしている。

ここの所書いてきている様に、Mirror-DTCのECOモードというのは、画面全体での変化がない場合には全体的なキャプチャーレートを、一部の領域で画面変化が少ない場合には、その領域のみのキャプチャーレートを低くして、その分、エンコード負荷を減らす処理になる。

で、今回、AG-デスクトップレコーダーにも、似たような処理を追加して、画面変化があまりない場合のエンコード負荷を減らそうとしているのだが、試してみた所、上記の前半にあたる画面全体での変化が無い場合には、エンコード負荷は大幅に減らせそうな感触が得られた。

なので、次に、一部の領域で画面変化がない場合に、その領域のみエンコードをスキップする様な処理を追加して試してみたのだが、画質劣化を伴いない様にすると、エンコード負荷の軽減量よりも、チェック処理による負荷増加量の方が微妙に多くなる感じだった。

と、いう事なので、今日の時点では、エンコーダー自体の変更はどうしようかなあ、と、考えている。

何故なら、処理負荷が増えてしまうのは、チェック処理をフレーム毎に行う事で、Mirror-DTCのECOモードで発生する様な表示遅延が発生し無い様にした場合、なので、ECOモードの様に、チェック処理を数フレームに1回程度にすれば、エンコード負荷を減らす事も可能な筈だからだ。

しかし、現行版でもそれなりに軽いエンコード負荷を、フレーム画像を、ある意味、破壊してまで、軽減させたい人はいるのかなあ、と、鑑みると、そういう人はあまりいない様な気もする訳だ。

もっとも、既に、例として示した様に、YouTubeの動画を窓再生している様な状況を、領域指定せずに全画面録画しても、領域指定時と大差ないエンコード負荷になる、というのであれば、使いたい人もいるかもしれない。

と、いう事なので、とりあえず、今日の時点では、一部の領域で画面変化がない場合に、画質劣化なくエンコード負荷を減らす、というのは、画面変化のチェック処理用の負荷がエンコードの軽減負荷を上回る感じなので、出来ない感じだ、という感触のみ得られた。

後は、チェック処理の頻度を減らして、画質劣化は発生するものの、エンコード負荷はそれなりに軽減される、みたいな使い方を可能に出来るかどうかを試してみるつもりだ。

で、それが可能なら、そういう負荷低減処理も、オプションで適用可能にしようかと考えているのだが、労多くして益少なしみたいな感じなら、エンコーダー自体の変更はヤメにする事にする。

ちなみに、現行版のコードを色々と見ていると、Windows8.1以降のDesktop Duplication APIを使用した処理の場合、デュアルモニター環境での録画では、録画対象以外のモニター上での画面変化がフレームレートの低下を招く可能性がある事が判った。

なので、次バージョンでは、上記の問題の可能性を減らす処理を追加するので、デュアルモニター環境での録画は、より安心して行える様になるかもしれない。

かもしれない、というのは、モニターは違っても、どの道、同じPC上で動作しているソフトは同じCPU/メモリを使用するので、録画対象としていないモニター上で異なるソフトが動作していれば、そのソフトのCPU負荷やメモリアクセスによって録画処理に弊害は出るからだ。

つまり、現行版でも、上記を嫌って、デュアルモニター環境で録画をする場合に、録画対象ソフトを動作させているモニターとは別モニター側でソフトを真面目に動作させていない場合には、上記の対策は意味はない訳だ。

« 何となく見えてきた | トップページ | フリー版とは明確な性能差 »

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

広告

プライバシーポリシー

  • 当サイトでは、第三者配信による広告(Google Adsense)サービスを利用しています。

    Google を含む第三者配信事業者は、Cookie を使用して、ユーザーのウェブサイトでの閲覧履歴に基づく広告を配信します。 Google 広告 Cookie を使用することにより、Google や Google のパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づく広告をユーザーに表示できます。

    収集された情報がGoogleによってどの様に使用されるか、収集される情報をユーザーが管理する方法については、以下のリンクを参照下さい。

    ポリシーと規約 - Google