スポンサーリンク

T.Ishii's Software Library

HTML5 レトロ風ゲーム館

無料ブログはココログ

« デスクトップレコーダーをVer1.4.1に更新 | トップページ | Windows用AGMPlayerをVer1.4.1に更新 »

ムービーカッターをVer1.4.1に更新

Ver1.4.1では、「トランジションを追加」/「ズーム領域の管理」機能を追加しました。また、「合成映像の管理」/「音声ファイルの加工」/「音声ファイルのミキシング」等の従来機能についても改良を行っています。

Ver1.4.1では、「ファイル」メニューに「トランジションを追加」/「ズーム領域の管理」メニューが追加されており、従来版にあった「合成映像の追加」メニューは削除されています。

「トランジションを追加」機能を利用すると、読み込んでいる二つの動画間に、用意されている様々な効果の中から指定効果を適用しつつ、二つの動画の移行期間として、トランジション期間を設ける事ができます。

トランジション期間中には、前後の二つの動画の映像が指定された効果を伴って合成され、音声については、それぞれ、フェードアウト/フェードインされる形になります。このため、トランジションを設けると、二つの動画の切り替えを印象的な効果を伴った形で示せる様になりますが、その前の動画の終了時間はトランジション期間分前倒しされ、後ろの動画の開始時間はトランジション期間分、後ろ倒しされます。その結果として、全動画の時間はトランジション期間分短くなります。

「ズーム領域の管理」機能を利用すると、読み込んでいる動画の特定時間の特定領域を拡大して利用する事が出来る様になります。この機能を利用すると、ソフト操作の説明用動画を作成する様な場合に、とりあえず、全画面録画を行っておけば、本ソフトでの動画編集時に、本機能により、特定時間領域でのみ、注目する領域をズームインして見やすくし、その他の時間領域ではズームアウトさせて全体領域を見せる、といった編集も可能となります。

Ver1.4.1では、従来からあった、映像の合成機能についても改良しており、従来版にあった「合成映像の追加」メニューは削除し、「合成映像の管理」機能に、合成映像の追加機能も取り込みました。

また、「合成映像の管理」機能では、「移行期間」の設定も可能となり、この期間を設定すると、合成する映像をフェードイン/フェードアウトさせる事も可能となります。

上記以外の機能追加としては、「切り出し」-「動画 [エンコード]」/「音声トラック」/「映像トラック」に「速度変更」を行える機能を追加しています。この機能を利用すると、ソース動画/音声をスローモーション化したり、早送り状態にしてエンコード出力できます。

この時、音声については、「ピッチ補正」の有無を指定できますので、スローモーション/早送りの雰囲気を出したい場合にはピッチ補正は行わず、そういった状況でも、通常時に近い音声を出力したい場合には、ピッチ補正を行わせる、といった選択が可能です。

また、「切り出し」メニューには「動画 [逆再生]」も追加していますので、動画編集時に、動画の巻き戻し映像を作成したい場合には、このメニューが利用できます。

上記以外には、既存の「音声ファイルの加工」/「音声ファイルのミキシング」機能を改良しており、「音声ファイルの加工」では、速度変更で速度を落とした場合のピッチ補正の音質が改善されています。また、「音声ファイルのミキシング」機能では、設定の保存/読み込みを可能としましたので、複雑な音声ファイルを作成する場合等、作業時間がかかる場合にも、設定を保存し、後から設定を再度読み込んで作業を継続出来る様になりました。

更に、ファイルリストの保存/読み込み機能も改良し、従来の読み込んでいるファイルだけではなく、映像の合成状況やズーム状況等も同時に保存/読み込み可能としましたので、様々な演出を伴う動画の作成時等、編集に数日を要する様な場合にも、編集中動画に対する各種設定を一括保存させ、翌日、その設定を読み込む事で、簡単に、前日の作業を継続できる様になりました。

本質的な機能の改良としては、従来版では、AGM形式動画の再エンコード時に、若干の実質フレームレート低下が発生していましたが、Ver1.4.1では、この様なフレーム低下の発生を抑える様にしています。また、Ver1.4.1では、本体機能の追加により、AGM3-RGBA動画が利用されるケースが増えた事から、再生時にも、これらの透明度情報を利用し、背景色との合成表示/録画を可能としています。

また、Ver1.4.1では、他の付属ソフト/本体と同様に、AGMエンコーダーの改良が行われていますので、仮想記憶の容量が残り少ない場合にも、AGM形式でのエンコードが行いやすくなっています。各種処理のスレッド数制限も、「オプション」-「処理性能制限」-「スレッド制限」で行える様になっています。

なお、AG-ムービーカッターには、AmuseGraphics同梱版から一部の機能を制限したフリー版がありますが、フリー版はVer1.3.2が最後のバージョンとなっており、AmuseGraphics同梱版については、その後、Ver1.4.0がリリースされ、本バージョンは更にその次のバージョン、という事になります。

Ver1.4.0については「ムービーカッターをVer1.4.0に更新 」を参照して下さい。

AG-ムービーカッター Ver1.4.1はAmuseGraphics Ver1.4.1をインストールするとインストールされます。

AmuseGraphicsは以下のダウンロードページからダウンロードできます。

AmuseGraphics ダウンロードページ

http://t-ishii.la.coocan.jp/download/AmuseGraphics.html

« デスクトップレコーダーをVer1.4.1に更新 | トップページ | Windows用AGMPlayerをVer1.4.1に更新 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

広告

プライバシーポリシー

  • 当サイトでは、第三者配信による広告(Google Adsense)サービスを利用しています。

    Google を含む第三者配信事業者は、Cookie を使用して、ユーザーのウェブサイトでの閲覧履歴に基づく広告を配信します。 Google 広告 Cookie を使用することにより、Google や Google のパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づく広告をユーザーに表示できます。

    収集された情報がGoogleによってどの様に使用されるか、収集される情報をユーザーが管理する方法については、以下のリンクを参照下さい。

    ポリシーと規約 - Google