スポンサーリンク

T.Ishii's Software Library

HTML5 レトロ風ゲーム館

無料ブログはココログ

« ここまでは良い感じ | トップページ | 縁取り文字の追加とか »

本体の改良ネタを出してみた

今はAmuseGraphics Ver1.4.1の開発フェーズで、既に、付属ソフトのプレビュー版は出そろったので、本体の改良に入ろうとしているのだが、今日の所は、ネタを出してみた。開発期間的に、全てを実装できるかどうかは判らないのだが。

AmuseGraphics本体の改良ネタとしては、既に付属ソフトで行ってきたAGMエンコーダーの改良だとか、最高スレッド数の制限だとか、Webカメラの同期クロックレス化だとかについては、やはり、行わざるを得ない。

もっとも、AmuseGraphics本体では、その使われ方から鑑みて、上記の様な改良ネタは、大して有用でもないかもしれない。

なので、本体には本体用のチャンとした改良ネタを考えているのだが、まず、AmuseGraphics本体の役割としては、至極普通に、ホームページやブログなんか用の静止画を加工する、というモノがある。

具体的には、本体を使えば、静止画のトリミングだとか、色調整だとか、テキスト挿入なんかの、至極普通の静止画加工用の処理が行えるのだが、そういった静止画加工ツールとしての役割とは別に、AmuseGraphics的には、本体には、動画製作時の素材作成、という役割も分担させている訳だ。

つまり、動画製作時には、説明テキストなんかを合成したくなる場合も多い筈なのだが、このテキストは画像ファイルにしないと合成できないので、動画に合成するためのテキストを画像ファイルにする様な処理についても、本体が受け持つし、動画に半透明のロゴを入れたい、みたいな場合にも、その半透明のロゴ画像は本体で作成する事を想定している訳だ。

上記の様に、本体には、そういった役割があるので、一般の静止画加工ツールには存在する筈がない「音声合成ファイルの作成」機能なんてモノまで実装されているのだが、Ver1.4.1では、もっとストレートに動画製作用の素材を作成する機能を追加しようかと考えている。

具体的には、「作成」メニューに、「静止画アニメーション」だとか「テキストアニメーション」の様な項目を追加しようと考えている。

上記はどういったモノなのか、というと、「静止画アニメーション」というのは、指定画像を開始座標と終了座標を指定して、その間を指定フレームで移動させる様なアニメーションになる。

その出力は、AGM-RGBA形式か一時ファイルに出力する格好にするので、AGM-RGBA形式で出力すれば、AG-ムービーカッターで動画ファイルに合成できるし、一時ファイルに出力すれば、本体で、サムネイル表示画面のメニューを使って、別の静止画ファイル群に合成する事が出来る。

上記の様なアニメーションは、例えば、タイトルロゴなんかが画面外から中央まで移動してきて、また、消える、みたいな効果を作りたい場合に使える筈なのだが、作者的に、より欲しい機能は、上記の「テキストアニメーション」機能になる。

これは、今年の二月にMac版Mirror-DTCの宣伝動画を作った時に、数多くのテキストを静止画として出力し、それをAG-ムービーカッターで合成する格好にしたのだが、その作業が、かなり、面倒だった、という所から来ている。

つまり、説明動画では、20ページ分くらいのテキストを合成したのだが、そういったテキストは、一括して本体で入力して、合成用のAGM-RGBA動画として出力できれば、作業的には、全然、楽になる筈な訳だ。

で、こういった作業は、作者に限らず、何等かの説明動画を作る様な人なら、必ず行う作業になる訳なので、実装しておくと、利用者はそれなりにいる事が想定される訳だ。

で、「アニメーション」という言葉を入れているのは、YouTubeの動画なんかを見ていると、テキストを画面の下の2,3行に入れているモノが多いのだが、それらの中には、1ページ分のテキストを一度に表示するのではなく、少しずつ表示していく様なモノも、珍しくはない訳だ。

なので、そういったアニメーションも可能にしようと考えているのだが、YouTubeでは収益化対象外になった様なのだが、作者的には、テキストが上にどんどんスクロールしていく様な動画も、作成可能にしておきたいし、新幹線なんかの電光掲示板の様に、テキストが横スクロールしていく様な動画も、作成可能にしておきたいと思っている。

と、いう事で、Ver1.4.1では、目玉としては、上記の様な機能を追加したいと考えているのだが、地味な改良としては、縁取りテキストを利用可能にしたいと考えているし、クリップボードやテキストの貼り付け時に、マウスで移動しなくても、座標指定で貼り付け位置を指定できる様にもしたいと考えている。

後は、「ツール」-「回転」に、AG-ムービーカッターのトランジション効果用に開発した3D回転処理を追加しようかとも考えているのだが、とりあえず、最初にやろうと考えているのは、縁取りテキストを出力する処理ルーチンの作成だ。

ちなみに、今日はAmuseGraphics Ver1.4.1 Preview4を新しいバイナリに差し替えた。

その理由は、AG-ムービーカッターとAGMPlayerのMP4エンコーダーについては改良していたので、Preview4で同時更新する、と、このブログに書いていたにも関わらず、Preview4に更新版を入れるのを忘れていたからだ。

と、いう事なので、AG-デスクトップレコーダーの「実質FPSに最適化」と「MP4形式の設定」にある「フレームレート維持用の追加フレーム書き込みを禁止」を同時指定して作成されたフレームレートが低下したMP4ファイルを、正規のフレームレートのMP4ファイルに再エンコードしたい場合には、今日、差し替えたAG-ムービーカッター/AGMPlayerを使う様にしてもらいたい。

もっとも、プレビュー版にそこまでは期待していないという人は、変わったのは、上記の様な特殊ケースの挙動だけなので、再度ダウンロードする必要はないかもしれない。

« ここまでは良い感じ | トップページ | 縁取り文字の追加とか »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

広告

プライバシーポリシー

  • 当サイトでは、第三者配信による広告(Google Adsense)サービスを利用しています。

    Google を含む第三者配信事業者は、Cookie を使用して、ユーザーのウェブサイトでの閲覧履歴に基づく広告を配信します。 Google 広告 Cookie を使用することにより、Google や Google のパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づく広告をユーザーに表示できます。

    収集された情報がGoogleによってどの様に使用されるか、収集される情報をユーザーが管理する方法については、以下のリンクを参照下さい。

    ポリシーと規約 - Google