スポンサーリンク

T.Ishii's Software Library

HTML5 レトロ風ゲーム館

無料ブログはココログ

« 貼り付け機能の改良とか | トップページ | 目玉機能の実装を開始 »

その他の実装を完了

今はAmuseGraphics Ver1.4.1の開発フェーズで、既に、付属ソフトのプレビュー版は公開済みなので、本体の改良に入っているのだが、今日の時点で、今回の目玉機能以外の実装は完了した。なので、後は、目玉機能の実装になるのだが。

AmuseGraphics Ver1.4.1での、目玉機能以外の改良としては、付属ソフトと同様のAGMエンコーダーの改良以外に、「テキスト貼り付け」機能に「縁取り」オプションを追加した、というモノと、「回転/反転」に「3D回転」機能を追加した、というモノがある。

また、目立たない改良になるのだが、クリップやテキストの貼り付け時に、張り付ける処理位置をその時点で見えている領域の左上に変更した、というモノと、ドラッグ中に自動スクロールが行われる様にした、というモノと、貼り付け中には右クリックで移動位置を数値指定可能なダイアログを表示可能にした、というモノもある。

更に、当然の事ながら、現行版では不具合修正版で修正してある様な微妙な不具合も、気が付いたモノから修正しているので、少なくとも、現行版の不具合修正版よりも、不具合は減っている筈だ。

と、いう事で、地味なバージョンアップなら、上記だけでも十分かなあ、というくらいの改良は既に行えているのだが、Ver1.4.1では、付属ソフトの改良内容の目玉は、それなりにユーザーの目を引くモノばかりの筈なので、本体についても、目玉機能は別に用意してある訳だ。

で、その内容としては、既に書いているのだが、まず、読み込んでいる静止画について、開始/終了時点の位置と拡大率と透明度を指定して、要求フレーム数で変化させ、その結果を一時ファイルかAGM-RGBAファイルとして出力する機能がある。

上記機能は「作成」メニューに、「静止画アニメーション」として追加しようと考えているのだが、上記の用途として想定しているのは、タイトルテキストが画面外から降りてきたリするアニメーションの作成用だ。

上記の様なアニメーションは、現行版でも、スライドショー機能を使えば作成可能ではあるのだが、スライドショー機能では、基本的に、使用する画像ファイルの大きさが自動調整されたりするので、作成する動画の解像度の一部の領域でアニメーションさせる小さい画像を扱おうとすると、逆に面倒になるので、今回、そういった用途での利用を想定して、よりダイレクトに移動位置なんかを指定可能なこの機能を追加する事にした訳だ。

なので、この機能の実装は、スライドショー機能の実装をベースに行える筈なので、大して苦労はしないと考えているのだが、もう一つの「作成」-「テキストアニメーション」機能については、少し実装が面倒になるかもしれないなあ、と、思ったりもしている。

ちなみに、最初のプレビュー版を公開した時に、AmuseGraphics本体が完成したら、プレビュー版ではなく、正式リリース版の作成に入る、と、書いていたのだが、今回、結構な機能追加を行ってきた事から、ドキュメントの拡充も大変になる感じなので、本体についても、完成したら、とりあえず、プレビュー版として公開しておく事にした。

つまり、次は、正式リリース版ではなく、Preview5を公開する事になるのだが、多分、それから1週間くらいで、正式リリース版の公開に必要になるドキュメントを作成しつつ使い込みを行い、見つけた不具合を修正した後、正式版リリース、という格好になる筈だ。

なので、今日の時点で、正式リリースは20日ごろになるかなあ、という感じなのだが、もし可能なら、もう少し早くしたい今日この頃だ。

« 貼り付け機能の改良とか | トップページ | 目玉機能の実装を開始 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

広告

プライバシーポリシー

  • 当サイトでは、第三者配信による広告(Google Adsense)サービスを利用しています。

    Google を含む第三者配信事業者は、Cookie を使用して、ユーザーのウェブサイトでの閲覧履歴に基づく広告を配信します。 Google 広告 Cookie を使用することにより、Google や Google のパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づく広告をユーザーに表示できます。

    収集された情報がGoogleによってどの様に使用されるか、収集される情報をユーザーが管理する方法については、以下のリンクを参照下さい。

    ポリシーと規約 - Google