スポンサーリンク

T.Ishii's Software Library

HTML5 レトロ風ゲーム館

無料ブログはココログ

« ファイルセレクタ以外は動作 | トップページ | ファイルセレクタも実装 »

何とかなりそうな感触

今は、Ubuntu版AGMPlayer Ver1.4.1の開発フェーズで、とりあえず、「表示順の並べ替え」と「オーバーレイボタン」機能は動作する様になったので、「ファイルセレクタ」の実装に移っているのだが、何とかなりそうではある。

「ファイルセレクタ」機能はプレイビューでの動画/音声ファイル再生中に、ライブラリビュー相当の別ウインドウを開いて次に再生するファイルを選択可能にする機能、という事になる。

そのためには、アプリケーションのメインウインドウとは別に、同時動作可能なウインドウを開き、そこにライブラリビュー相当の描画を行って、ライブラリビュー相当の操作まで可能にする必要がある。

で、ライブラリビューの実装は、結構、大変で、例えば、階層構造のファイルシステムをWindowsで言えばエクスプローラ、macOSで言えばファインダー、Ubuntuで言えばノーチラスの様な形でGUI表示し、各フォルダー内を移動したり、それらのファイルのコピーや移動なんかも可能にする必要があるのだが、そういった機能とは別に、動画ファイルのサムネイル表示だとか再エンコードなんかも行える様にする必要がある。

と、言うことなので、ファイルセレクタ用にライブラリビュー相当の実装を再度行う、という事になると、作業量的にも大変なのだが、似たような処理ルーチンを2つ存在させる事になるので、将来的なコードのメインテナンスにも不都合になる。

なので、既に公開してあるmacOS/Windows版では、ファイルセレクタはライブラリビュー用のオブジェクトを使いまわす格好で実現したのだが、Ubuntu版についても、同様の手法で何とかなりそうな感触が得られた。

具体的には、今日の時点で、ファイルセレクタ用に新しいウインドウを作成し、そこに、ライブラリビュー用のオブジェクトを描画し、かつ、そのオブジェクトをファイルセレクタ用のウインドウに対するマウス操作なんかで操作可能に出来ている。

このため、後は仕上げだけ、という感じなのだが、ここの所、別件があり、中々、開発作業に時間がさけない状況が続いているので、Ubuntu版AGMPlayer Ver1.4.1のリリースは来週中、くらいになってしまうかもしれない。

ちなみに、作者的には、スマホとして、去年の12月27に機種変更したAQUOS sense3を使っているのだが、実際の所、使い方があまり判っていない。

例えば、マナーモードに設定するにはどうしたら良いんだ? なんて事も判らなかった訳なのだが、YouTubeで検索すると、使い方に関する動画がauからアップロードされたりしていた。

なので、それを見て、作者的にもマナーモードの切り替えは出来るようになったのだが、今現在、自宅にいる時には4G回線を使うと勿体無いので、「設定」-「ネットワークとインターネット」-「モバイルネットワーク」-「モバイルデータ」をOFFにする様にしている。

WiFiについては、簡単にOFFに出来るので、4G回線についても、何とかなるか、と、思ったり思わなかったりもしているのだが、PCやMac、更には、iPad AirやAndroidタブレットも、使ってきていた作者でさえ、使い方が良くわからない機器が普通に売られている、というのも変な感じだ。

まあ、今はインターネットで調べれば、殆どの事は判るので、ネットを使う人なら、さほど問題はないのかもしれないのだが、市役所からの情報なんかもWebサイトで提供される様になった昨今、ネットを使えない老人には、厳しい時代になっているんだなあ、と、思ったりしている今日この頃だ。

« ファイルセレクタ以外は動作 | トップページ | ファイルセレクタも実装 »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

広告

プライバシーポリシー

  • 当サイトでは、第三者配信による広告(Google Adsense)サービスを利用しています。

    Google を含む第三者配信事業者は、Cookie を使用して、ユーザーのウェブサイトでの閲覧履歴に基づく広告を配信します。 Google 広告 Cookie を使用することにより、Google や Google のパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づく広告をユーザーに表示できます。

    収集された情報がGoogleによってどの様に使用されるか、収集される情報をユーザーが管理する方法については、以下のリンクを参照下さい。

    ポリシーと規約 - Google