スポンサーリンク

T.Ishii's Software Library

HTML5 レトロ風ゲーム館

無料ブログはココログ

« 少しずつ実装中 | トップページ | 芋づる式に実装中 »

その他部分は大体実装

今は、Ubuntu版AG-ムービーカッター Ver1.4.1の開発フェーズで、今日の時点で、実装が面倒なトランジションの追加機能以外については、大体の実装を終わった。なので、明日からトランジションの追加機能の実装に移る。

トランジションの追加機能の実装が面倒な理由は、AG-ムービーカッターのメイン処理である所のファイルの読み込み機能から変更が必要になるからだ。

具体的には、トランジション機能というのは、前後のファイルの間に設ける特別な期間になっていて、従来版では存在しなかった仮想ファイルみたいなモノを、再生対象にする必要があるので面倒になる訳だ。

もっとも、ファイル間に仮想ファイルを入れるだけなら、まだ、そんなに大変でもないのだが、トランジションをAというファイルとBというファイルの間に入れる場合、Aの最後とBの最初の期間は、トランジション期間分、短くしなければならない。

なので、新しいトランジション期間以外にも、従来からある通常のファイル期間についても、変更が必要になるので、大掛かりになる分、実装が大変になるのだが、更に言えば、トランジション期間というのは、前後のファイルをスムーズに繋ぐ為に存在させる訳なので、通常ファイルとトランジション期間の区切り部分で明確な区切りが入ってしまってもマズイ訳だ。

このため、上記例では、A→トランジション期間、トランジション期間→Bの切り替えタイミングで不自然な区切りが発生し無い様な対策も行っているので、トランジション期間の実現というのは、大変になる訳だ。

と、いう事で、トランジションの実現は面倒なので、後回しにしてあったのだが、既に、macOS / Windows版での実装実績があるので、Ubuntu版については、それほど苦労しないかなあ、と、思ったりもしている。

ちなみに、昨日書いた武漢の封鎖については、以下の様に、更に、凄い事になっている様だ。

<新型肺炎>中国政府、武漢市民が陸路からも逃げられないように、武漢の一般道や高速道路を大量の土で封鎖w〜ネットの反応「武漢まるごと生き埋め?…」

にも関わらず、日本では、中国人観光客の来日を制限してはおらず、中国政府による海外旅行禁止措置を受けてのNHKの反応も以下の通りだ。

新型肺炎 中国から海外への団体旅行 27日から全面的に中止へ

つまり、「中国からは日本に多くの観光客が訪れているだけに今回の措置は、日本の観光業界にも大きな影響が出るものとみられます。」、という纏めにある様に、ウイルスの蔓延防止よりも、経済的な影響を懸念している訳だ。

と、いう事で、日本人というのは、高度経済成長期には、エコノミックアニマル、と、呼ばれていた訳なのだが、上記のNHKの報道を見ていると、今の日本というのも、また、そんな感じになってしまっているのかもしれない、と、思った今日この頃だ。

 

« 少しずつ実装中 | トップページ | 芋づる式に実装中 »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

広告

プライバシーポリシー

  • 当サイトでは、第三者配信による広告(Google Adsense)サービスを利用しています。

    Google を含む第三者配信事業者は、Cookie を使用して、ユーザーのウェブサイトでの閲覧履歴に基づく広告を配信します。 Google 広告 Cookie を使用することにより、Google や Google のパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づく広告をユーザーに表示できます。

    収集された情報がGoogleによってどの様に使用されるか、収集される情報をユーザーが管理する方法については、以下のリンクを参照下さい。

    ポリシーと規約 - Google