スポンサーリンク

T.Ishii's Software Library

HTML5 レトロ風ゲーム館

無料ブログはココログ

« 移行は進まない? | トップページ | リリース準備も完了 »

プログラムの変更は完了

今は、Ubuntu版AGMPlayer Ver1.4.1の開発フェーズで、今日の時点でプログラムの変更は完了した。なので、リリース準備を始めるのだが、AGMPlayerにはオンラインヘルプがあるので、まずはその変更作業が必要だ。

AGMPlayerにはWindows / macOS / Ubuntu / Android版があって、Android版はタッチデバイス向けなので少し特殊なのだが、Windows / macOS / Ubuntu版については、ほぼ同様の機能と操作性を持たせている。

ただし、Windows版については、AG-デスクトップレコーダー / AG-Webカメラレコーダーのモニター出力を利用する機能、つまり、ストリーム機能を持たせているのに対して、macOS / Ubuntu版には、そういう機能はない。

また、変換機能についても、AGM形式への変換は自前ルーチンを使っているので、各OSで共通に行えるのだが、それ以外の形式、例えば、mp4 / wmv / webmなんかへの変換は、各OSに内蔵されているエンコーダーを利用しているので、OS毎に変換可能な形式は異なる。

具体的には、Windows版では、AGM形式以外にWMVとMP4への変換に対応し、macOS版では、AGM形式以外にはMP4に対応しているのだが、Ubuntu版については、AGM形式以外に対応している形式はWebMのみになる。

と、いう事なので、元々、Windows / macOS / Ubuntu版AGMPlayerは、機能的に微妙に異なるのだが、Ver1.4.1については、macOS版を最初に開発したのだが、この時点では、AGM形式エンコーダーの改良を行う予定はなかった。

なので、Ver1.4.1のmacOS版は、既にリリース済みなのだが、現行のバイナリでは、AGMエンコーダーの改良は行われていない。

これに対して、Ubuntu版は、AGMエンコーダーの改良を行ったWindows版の後に開発しているので、AGMエンコーダーの改良も行っている。

具体的には、現行版では、高圧縮/高並列エンコード共に、行う格好にしてあったのだが、Ver1.4.1ではオプション扱いにし、エンコード負荷を抑えたい様な場合には、これらのモードを使用しない事も出来る様にしている。

また、Windows版で行った様に、マルチスレッド処理時に分割する最大スレッド数の制限も可能にしてあるので、コア数が多いPCでは、制限する事で、AGMエンコード時にファンがフル回転する様な高負荷にしない様にする事も可能になる筈だ。

上記以外には、積極的に調べてみないと判らない筈なのだが、AGMエンコーダーが確保するメモリ量を大幅に減らしているので、仮想記憶の容量が少ない様な場合にも、メモリ不足になる可能性は減っている筈だ。

と、いう事で、Ubuntu版 Ver1.4.1は、Windows / macOS版とは、微妙に、機能が異なるのだが、Ver1.4.1で追加した「オーバーレイボタン」/「ファイルセレクタ」/「表示順の並べ替え」機能については、Windows / macOS版と同様に使える様になっている。

つまり、それらの機能の使い方については、オンラインヘルプに追加しなければならないのだが、基本的には、macOS / Windows版のヘルプテキストからコピーして持って来れる筈なので、少なくとも、記述内容について悩む必要はない筈だ。

ちなみに、作者的には、10年くらい前から、2年に1度はPC/Macを買い足していたのだが、その年に該当していた去年は新しいPC/Mac共に購入しなかった。

その理由は、今現在のメイン環境はフルHD液晶を接続し、BootCampでWindows8.1も使える、Mac mini Late2014なのだが、それ以外に、BootCampでWindows10も使えるMacBook Pro 15インチ 2016モデル、更には、ストレージをSSDに換装したWindows10のX202E、Windows7とUbuntu18.04LTSのデュアルブートにしている2011年製のデスクトップPCがあって、特に不満はない状況だからだ。

しかし、Windows7のサポートも終了したので、2011年製のデスクトップPCを何時までも使い続ける必要はなくなりつつあるし、Ubuntuについても、今年はUbuntu 20.04 LTSが出る筈なので、今年は、Windows10 / Ubuntu20.04LTS用に、何か新しいPCが欲しいかなあ、と、思ったりもしている。

もっとも、前述の様に、Macを購入しておけば、macOSに加えて、Windowsも使えるので、開発者的には、Windows PCを購入するよりは、Macを購入した方がお得、みたいな所もあるのだが、Macだと、普通にUbuntuをインストールする事が出来ない訳だ。

なので、今年は、純粋なWindowsPCを購入しようか、と、思ったりもしているのだが、あまり外出しない作者的には、マイクロソフト純正のSurfaceは割高な感じしかしないので、他メーカーの普通のPCにしたい所なのだが、実際の所、大昔の様に、これが欲しい! みたいに、触手が動くPCはない訳だ。

具体的には、作者的には、大昔には巷で主流だったNECのPC-6001/PC-9801、CPM/80が使えたカシオのFP-1100、パーソナルワークステーションがキャッチコピーだったシャープのX68000、あの富士通のFM-Towns、のユーザーだったりもしたのだが、それらのPCを購入する時には、結構、ワクワクもした訳だ。

これに対して、今時のPCを購入しても、別段、ワクワクはしない訳なのだが、これは、新しいPCを購入しても、現在とやれる事はあまり変わらない筈だからだ。

なので、今年は、いっその事、ゲームミングPCでも購入して、PCゲームでもやってみようか、と、思ったりもしている今日この頃だ。

« 移行は進まない? | トップページ | リリース準備も完了 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

広告

プライバシーポリシー

  • 当サイトでは、第三者配信による広告(Google Adsense)サービスを利用しています。

    Google を含む第三者配信事業者は、Cookie を使用して、ユーザーのウェブサイトでの閲覧履歴に基づく広告を配信します。 Google 広告 Cookie を使用することにより、Google や Google のパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づく広告をユーザーに表示できます。

    収集された情報がGoogleによってどの様に使用されるか、収集される情報をユーザーが管理する方法については、以下のリンクを参照下さい。

    ポリシーと規約 - Google